工場のライン作業は地獄?ライン作業は頭がおかしくなるといわれる理由やライン作業に向いている人の特徴・ライン作業に慣れる方法をご紹介します。




職業には様々なものがあります。

人にはそれぞれ適正というものがあり

自分の適性を理解したうえで様々な職業の中から仕事を選ぶのです。

その職業の中でも工場ラインが適正だと思い工場に就職する人もいますよね?

工場のラインに入れば特に頭を使うこともなく

同じ作業をしていればいいと思い

工場のラインを職業として選ぶ人も多いのではないでしょうか?

しかし、実際はどうでしょうか?

工場のラインはそこまで簡単なものなのでしょうか?

今回はライン作業に向いている人の特徴や

ライン作業に慣れる方法を調べてみたのでご紹介します。





工場のライン作業は地獄?頭がおかしくなるといわれる理由


主にライン作業が地獄と言われる理由は7つあります。

①単純作業しかできない

ライン作業はひたすら同じことを繰り返すので

短期間ならいいのですが長期間になるとメンタルが崩壊します。

しかも単純作業ばかりしていても自分のスキルにはなりません。

転職を考えることができなくなります。

②作業中に眠たくなってしまう

作業中に眠気が遅くなってくるとまさに地獄です。

頭を使う作業ではないので

いかに睡魔と戦うかが肝になります。

時間を忘れるくらいの作業なら問題ないのですが…

ライン作業をしている限り睡魔との戦いは避けられないでしょう。

③作業中にトイレに行きにくい

ライン作業は常に流れてくる品を処理するのが

仕事になるので仕事の区切りをつけいくいです。

トイレに行くのにライン全体の動きを止めなければならないので

他の従業員の迷惑にもなってしまいます。

④ミスをすると大事になってしまう

単純作業がゆえに集中力がなくなり

ミスをしてしまうとまさに地獄と言えるでしょう。

多大な損害と迷惑をかけることになってしまい

とても一人の力で賠償できる金額ではないので

工場に居ずらくなることは確定です。

⑤1日がとても長く感じる

単純作業も1日ぶっ続けでやっていると

時間がたつのがとても長く感じることでしょう。

1日が長く感じるということは日々楽しくないということになるので

工場勤務がつまらない証拠です。

⑥口調がない工場は悲惨

空調がないライン作業は本当に悲惨です。

空調がない工場はたくさんあります。

夏は暑く冬は寒い、とても過酷な環境で働くことになります。

空調がない工場で働いていると

体調不良の原因にもなってしまい

長く続けることができなくなってしまいます。

⑦周りの人のスピードについていかないといけない

ライン作業はスピードが命といっても過言ではないのです。

スピードを出さないとラインがストップしてしまい

後工程の人に作業が回らなくなり迷惑をかけてしまいます。

このような環境で日々働いていると

頭がおかしくなると言われてしまうのですね





ライン作業に向いている人と向いてない人の特徴


どの職業にも言えることなのですが人には向き不向きがあります。

ライン作業に向いている人とはどんな人なのでしょうか?

・淡々と仕事が出来る人

・他人と会話するのが苦手な人

・仕事がキツくても我慢できる人

以上の3つがそろっている人は

ライン作業をしていても苦にはならないでしょう。

特に工場は機会と向き合うことが多いので

コツコツできない人はライン作業を続けることは出来ないでしょう。

逆にライン作業に向いていな人とは?どんな人なのでしょうか?

・異性と働きたい

・単純作業が嫌い

・人と話すことが好き

・不規則な生活ができない

・体育会系のノリが苦手

・仕事を評価されたい人

以上の項目に当てはまる人は

ライン作業には向いていないので工場勤務は難しいでしょう。





ライン作業はいじめがある?ライン作業の『あるある』

 
工場内の勤務は人間関係が良いイメージがあります。

実際、他の職業と比べると人間関係はそこまで複雑ではないのかもしれません。

しかしどこの工場でも少なからず「いじめ」はあるものです。

工場勤務でいじめの標的になる人物は主に

仕事が出来ない・口出しが多い・雰囲気が暗い

この3つのどれかの要因があるといじめに発展してしまうかもしれません。

「工場勤務は人と関わる仕事じゃないから自分の性格にあっている」

と思って入ってくる人がいますが

このような考えを持った人ほど「変な人」として

扱われいじめの対象者となってしまいます。

一度いじめの対象者になってしまうと

特定の人じゃなくて全社員から問題のある人として

扱われ勤務しにくくなってしまうでしょう。

工場勤務をする人は人間関係が少ないというイメージが強いので

コミュニケーションが苦手な人が工場に集まります。

コミュニケーションが苦手な者同士が集まると

報・連・相ができずにミスが増え人間関係の悪化になり

「いじめ」という事案が発生するのでしょうね。





ライン作業が間に合わない!ついていけない原因


ライン作業が間に合わない原因は以下の6つです。

順を追って説明していきましょう。

①作業に慣れない

どんな仕事でもそうですが、作業に慣れないうちは

どんな仕事をしたとしても人より遅くなるものです。

作業を始めてから2~3カ月くらいなら

誰にでもあることなので気にしなくて大丈夫です。

②無駄な作業が多い

自分では気づいていないかもしれませんが

無駄な作業をしていることに気付かないでいると

他の人よりどうしても遅れ出てしまいます。

作業のロスに気付けるとスピードアップできるでしょう。

③準備不足

他の人と比べても作業のスピードは変わらないのに

作業の終了が遅くなっている人は準備不足が原因になっていることもあります。

ライン作業直後に遅れが出ている場合は準備不足を疑ってみましょう。

④体力が続かない

体力が持たない人は終了時間が近づくにつれて

作業が追い付かなくなる傾向にあります。

日ごろ不規則な生活をしている人は

このような状況になりやすいので気を付けましょう。

⑤慌てる

緊張からか慌ててしまう人がいます。

人は誰でも初めてやることは緊張するし慌てるものです。

自分で遅れを取り返そうとして、余計遅れがでてしまうので

不具合が出る前に応援を呼び手伝ってもらいましょう。

⑥元から間に合わない工程

どれだけ頑張って作業しても間に合わないなら

元から作業時間がオーバーしているのではないでしょうか?

このような問題に直面した場合は

上司に問題点を報告して改善してもらうほかないです。

ライン作業が間に合わない原因は様々です。

自分の改善で治るなら努力してみましょう。





ライン作業に慣れてミスをなくす方法


ライン作業に慣れてミスをなくす方法として

精神的に余裕をもつことをおすすめします。

基本的にライン作業の多くはとても単純なもので、

多くの方がこなすことができるようになってくるので

慌てることなく精神的に余裕を持って作業できるように心掛けていきましょう。

そしてライン作業に慣れるまでは

やはり反復練習を行うようにしてください。

どんなこともそうなのですが練習なしに上達することはありません。

ライン作業だって同じです。慣れるまでは反復練習あるのみです。

他にも作業に慣れる方法はたくさんあるのですが

一番重要だと思うのは仕事を楽しむことです。

ライン作業だから楽しめないという人もいるでしょうが

ちょっとしたことでいいのです。

昨日より1分早く作業ができたとか

あの人より作業を早く終わらせることができたとか何でもいいのです。

ゲームだと思って作業をしていると

いつの間にか時間が過ぎライン作業も慣れてくるでしょう。





まとめ


ライン作業は単純で簡単なものが多いです。

時代を問わず多くの工場で需要があるので

バイトでも正社員でもライン作業をしたことが

ある人はかなりいるのではないでしょう?

短期間なら頑張ることができるけど

長期間になると苦痛になってくることもまた事実です。

そんな時、今回の記事で調べたことが役に立つのではないでしょうか?

大事なポイントを覚えておくことで

単純でつまらないライン作業を乗り越えることができると思います。