会社勤めが無理だと感じるのは無能じゃない!会社勤めに向いていない人の特徴と会社員に向いていない時はどうすればよいかご紹介します。




皆さんの周りには、会社勤めの方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?

現代社会では、2/3が会社勤めで働いているというデータがあります。

過半数以上の人口が会社員として日々働いているんですね。

会社に勤めていると、周囲の人間はもちろんほとんどが会社員でしょう。

彼らが平然と仕事をこなす中で

自分だけが会社員に向いていないのではないかと不安になるかもしれません。

同じ状況の人間が多いためか、会社に勤めるというのは割と平均的な行為で

毎日平然とこなせて当たり前といった風潮を感じます。

会社員生活に限界を感じているのなら、その風潮は大変な負担になりますよね。

今回は、会社勤めに向いていないこともあれば

それはおかしいことでもないというお話をしていきます。





会社員が無理だと感じるのは無能じゃない!


今この記事を読んでいる方は

きっと会社勤めの方が多いことと思います。

それに加えて、現状に違和感を覚えていたり

「自分には会社勤めに向いていないのかも・・・」

と悩まれているかもしれませんね。

会社勤めを難なくこなす人たちを見ていると

会社員として働くことに限界を感じ始めている自分に

「もしかして自分はどうしようもない無能なんじゃ・・・」と感じませんか?

それは絶対に違います!

人は、あらゆる分野で適性の有無という壁に直面します。

そこで忘れないでいてほしいのが

全てを完璧にこなせる人がそういないのと同様に

何もできない人もほとんど存在しないということです。

上手くいかないことや、適性がないことに

直面してしまったのはたまたま運が悪かったからに過ぎません。

自身に適性があることをゆっくり探していきましょう。





会社勤めだけの選択肢は今時時代遅れ?


会社勤めを選んだ皆さんの中には会社に勤めて働くのが

安定していて一番だという考え方がどこかにあったと思います。

「向いていないかも・・・」と毎日の勤務に疑問を感じながらも、

思い切った方向転換をせず働き続けているということは

悩みながらもきっとこの道が最善に違いないと感じているからでしょう。

しかし、現代は様々な働き方で溢れています。

選択肢が限られていた一昔前の社会では

一度手にした職を離れるというのはとても危険な行為でした。

けれども現代は違います。

条件も待遇も多種多様な働き方の中から選ぶ自由と余裕があります。

もちろん向き不向きはありますが

わざわざ自分の可能性を潰してまで選択肢を狭める必要はありません。





会社員に向いていない人の特徴


では、会社員に向いていないというのはどんな人を指すのでしょうか?

会社員というのは朝起きて準備をし通勤時間を経て出勤、

会社の人間と関わりながら仕事をこなすというサイクルを日々続けていきます。

決まったタイムスケジュール通りに動くことがストレスに感じる人は、

かっちりとした枠の中で動く必要のある会社員は向いていないかもしれません。

また、人間には生まれつき「昼型」「夜型」など

数種類の体質があると言われており、

早寝早起きが苦手な夜型の体質を持つ人は

会社員の生活リズムには合わないことがあります。

当たり前のように言われていることが多いですが

これらをいとも簡単にこなせている人はもっと誇るべきでしょう。

実はそれだけ難しいことなんです。





会社員に向いていない時、もう無理だと思ったら辞めても大丈夫!


あなたは今、「自分にこの働き方はあっていないんじゃないか」

という疑念をどのくらい抱いてしまっていますか?

またお仕事をしている最中

どのくらい「やっぱり向いていないのかも」と思ってしまいますか?

お仕事で失敗した直後や、プライベートで問題が起こっているときは

お仕事中とはいえどうしても思考が

マイナスに傾きがちになりますしそれは仕方のないことです。

しかし、そんなことは一切ないにも関わらず

頭からマイナス思考が離れないときは

思い切って辞めることも検討してみましょう。

向いていないと感じる仕事を続けても

ストレスが溜まるばかりですしストレスを抱えながら

仕事を続けたところでベストなパフォーマンスは発揮できません。





会社員に向いていないならフリーランスという生き方もある


自分は会社員に向いていない、

だから環境を変えたいと方向転換に乗り出そうとしている

あなたにはフリーランスという働き方を提案します。

皆さん「フリーランス」という単語を

一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

それもそのはず、フリーランス人口は

2020年から2021年にかけて大幅に増加しているんです。

さらに、実は会社員は逆に減少傾向にあります。

これは、安定の代名詞であった雇われ会社員からほかの道に進むことのできる

社会の選択肢が増えたしるしであると考えられます。

人生のパートナーである仕事の路線変更を

昔より気軽に決断できる社会になってきたと言えるでしょう。

より良いパートナーを見つけるには座り込んでいてはいけません。

立ち上がり、周囲を見渡す必要があります。

それがしやすい時代になってきたんですね。





まとめ


いかがでしたでしょうか?

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い

生活様式などを含め世の中はここ数年で様変わりしましたね。

変わっていくのは人も同じです。心も身体も日々変化していきます。

数年前までは当たり前のようにこなしていた仕事を

今苦しく感じていても、なにもおかしいことはありません。

変化が激しい昨今の現代社会においてその変化を受け入れ

適応し自分の身を置く環境を都度合わせていけるというのは

大切な武器になります。

新しいことに挑戦していくというのはもちろんリスクも伴います。

しかし踏み出す勇気のある人間にしか見ることのできない景色があります。

あなたが心晴れやかに過ごせる毎日を願っていますよ。