女性の多い職場で気をつけることまとめ!女性が多い職場の特徴、うまくやるために気を付けることや女性が多い職場で疲れてしまった時の対処法をご紹介します




女性が多い職場って色々大変そうですよね。

確かに女性が多い職場では、特に気をつけないといけないことがあります。

しかし例えばもしも男性ならうまくやればちょっとしたモテ気分も味わえます。

女性が多い職場であなたが居心地良く過ごすためには

女性の心理を知って対応することが必要です。

今回は女性が多い職場で気をつけることや

女性が多い職場で疲れてしまった時の対処法についてご紹介しますね。



女性が多い職場で疲れる・・


女性が多い職場で疲れてしまう原因は3つあります。

・疎外感がある

なぜか女性は仲のいい者同士でグループを作ることが多いです。

そして女性グループは男性がひとり入ると和が乱れると考えています。

そのため男性はグループに属することができず、孤独感や疎外感を味わいます。

・妙にかまわれる

妙にかまってくる女性が何人かいます。

特別な感情を抱いていなくても、女性は男性に注目してほしいと考えているからです。

いろんな女性の顔を立てようと愛想よく振舞っていると、それだけで疲れが溜まります。

・気を遣い過ぎる

少しきつく言うと「男は怖い」と言われ、優しく話すと「気持ち悪い」と言われたりします。

どんな態度で接するのが正解かわかりません。

常に「最適な言動」を考えなければならないので、気を遣って疲れることになります。



女性が多い職場の特徴


女性が多い職場には次のような特徴が見られます。

・おしゃべりが多い

一度おしゃべりの火がつくと、なかなか終わらないのが特徴です。

さらに女性特有の話題や旦那さんの愚痴も、聞きたくないけれど耳に入ります。

うるさすぎて仕事に集中できません。

・裏で足の引っ張り合い

表面上は仲良くしているように見えても

裏に回ると悪口を言っているシーンに遭遇することがあります。

裏表の激しさにビックリするかもしれません。

あなたが女性不信にならないか心配です。

・ミスをしても強く注意しない

女性は女性のミスを庇う傾向があります。

ミスを強く注意して自分が悪者になりたくないですし

自分もミスをするかもしれないので他人にも甘いのです。

結果なあなあで仕事をしてしまうことになり仕事に対しての厳しさがなくなります。



女性が多い職場で働いている男性はモテる?


厳密に言えばモテているわけではないことのほうが多いです。

その理由を解説します。

・特別扱いされたい

男性に注目されている自分、という立場がほしいだけの女性は多いです。

数少ない男性と仲がいいというのは、女性同士の中でちょっとした自慢になります。

・便利

ビジネスシーンでは、女性だと取引先の男性に舐められることがまだまだあります。

そんなとき、男性がひとりでもいると代わりに対応してもらえるので非常に助かるのです。

また力仕事を頼めるなど何かと使えるシーンがあるので

女性が愛想よく接してくれている可能性があります。

・モテるが注意が必要

女性が多いと確かにモテて、彼女ができる確率はグーンと上がります。

もし実際に誰かと付き合うことになった場合は、バレないよう細心の注意が必要です。

あなたは「みんなの○○さん」なので

誰かがあなたを独り占めすることは他の女性としては許せないのです。



女性が多い職場でうまくやるために気を付けること


以下の2点については厳守でお願いします。

・ビジネスライクに徹する

男なのでカワイイ人や美人に対して、つい愛想よく接してしまいがちです。

女性はそんな男性の態度をしっかり見ています。

「やっぱり顔で差別するんだ」と思われたら、女性はあなたを無視し始めます。

誰に対しても適度な距離感で、ビジネスライクな態度と表情を心がけるようオススメします。

・外見に関する発言しないこと

たとえばA子さんに「髪を切ったね。似合っている」とあなたが発言したとしましょう。

実はその数日前にB子さんも髪を切っていたのに、あなたは気がつきませんでした。

これをやってしまうと、A子さん以外の女性を敵に回します。

さらにA子さんの立場も悪くなります。

一番の自衛策は、女性の変化に気づいても自分からは何も言わないようにすることです。

女性が言ってきたら「気がつきませんでした」と答えておくのが無難です。



女性が多い職場で疲れてしまったら転職も視野に入れよう


女性ばかりの環境で息が詰まる、やりにくくて仕方ないと思うのでしたら

転職も視野に入れてもいいかもしれません。

パワハラやモラハラなどの強烈な状態ではありませんが

ストレスが溜まっているのは間違いないのです。

女性が多数を占める職場の大変さは、当事者にしかわかりません。

周囲が「そんなことくらいで辞めるの?」と言っても無視して大丈夫です。

他人の言うことを聞いていたら、自分が潰れます。

女性が多い職場で働くのが向いていない、と感じるのでしたら転職はやむを得ません。

仕事以外の要素で疲れると、働いていても楽しくないからです。

転職の際に気をつけることは「業種」です。

一般的に女性が多いとされる業種を避ければ

「女性が多くてつらい」という悩みからは解放されます。

転職エージェントを利用すると、正確な情報が手に入りやすいのでオススメです。



まとめ


女性が多い職場は、対応次第で天国にも地獄にも変わります。

多少のおしゃべりの多さや力仕事を任されることについては目をつぶっておきます。

女性の多い職場で気をつけるポイントは「常に見られている意識を持つこと」です。

特定の人と親密に話すことは避けたほうがいいでしょう。

努力したけど、どうしても女性が多い職場が疲れてしんどいなら転職も視野に入れてください。

合わない環境に居続けても、しんどい状態は積み重なっていきます。

今度は女性が多すぎない職場を選んで、働きやすい環境を手に入れてくださいね。