職場でいじめられるタイプの特徴まとめ!職場で職場のいじめのターゲットにされたときの対処法、職場のいじめに打ち勝つ方法をご紹介します!




職場でのいじめに悩んでいませんか??

大人になっても人間の集団になるとどうしても差別やいじめが起きてしまうものです。

そして非常に残念な事に「いじめられるタイプ」の人はどの職場でも

不思議な事にいじめの対象になってしまいます。

職場のいじめに合う人のタイプや特徴ってあるのでしょうか?

そこで今回は職場でいじめられる人の特徴や

イジメのターゲットにされたときの対処法、イジメに打ち勝つ方法をご紹介しますね。





職場でいじめられるタイプの人の特徴


残念なことに大人の世界にもいじめというものは存在していて

それはなくなることはないと思います。

とくに現代社会は仕事のストレスも蓄積されやすいため

職場でのターゲットにされてしまうと在職中は

ずっと耐え難いストレスに晒されることになってしまいます。

職場でいじめにあわないために職場でいじめられやすい人の特徴を

頭に入れておくことで回避できる確率は上がるのではないでしょうか?

職場でいじめられやすい人の特徴として以下の13個が挙げられます。

・素直でない

・言うことを聞かずに勝手な行動をとる

・態度が反抗的

・ミスが多い、目立つ

・反省しない

・すぐに人や環境のせいにして言い訳する

・自分の考えや意見を言わない

・何を考えているのかわからないほど発言がコロコロ変わる

・ノリが悪い

・可愛げがない

・生意気

・優秀であってもどこか人を見下している

・協調性がない





職場でのいじめは放置されやすい


職場でのいじめは学生のころとは違い放置されやすいです。

なぜそのような状況がおきてしまうのでしょうか?

職場でのいじめが放置されやすい理由として以下の原因が挙げられます。


・尻拭いを受け入れる人のせいでいじめの存在が隠されてしまう


社会人として仕事をしていく以上は

上司や同僚の理不尽はあって当然であり、

それに耐えることもまた仕事のうちだと考え働いていると、

自分がいじめの被害者になっているという自覚がないまま

いじめの存在を許容してしまうことになります。

理不尽を受け入れなければ、自分の立場や収入が危ぶまれるので

いじめに気付いていても気づかないふりをしているのかもしれません。


・暴言や横柄な態度と比較して気づきにくい


いじめの中にも「見下す」「馬鹿にする」「笑いものにする」

などのものもありますが「無視」「放置」という

何もしないといういじめも存在します。

この「無視」や「放置」は被害者も周囲の人も

なかなか気づきにくいという特徴があります。

「これから無視します」と言って無視が始まるということは考えにくいのですし

なんらかの言い訳や理由をつけるために、

ごく日常のありふれた光景にすぎないと受け取られてしまうのです。


・指摘されても「言いがかりだ」と被害者ぶれる


「無視」や「放置」のいじめを自覚できたとしても、

そのことを指摘しよう物なら「言いがかりなのでは?」

「あなたの思い過ごしではないの?」「神経質すぎない?」

と被害者ぶって反論されやすい特徴があります。

「暴言や」「横柄」ならいじめの加害者を追求しやすい特徴がありますが…

「無視」や「放置」は「何もしない」という性質のため、

指摘をしてもそれが個人的な思い込みとして片づけられやすく、

いじめの加害者にとっては被害者を攻撃しやすいと同時に

被害者からの反撃を防ぎやすい陰湿な嫌がらせと言えます。





職場でいじめる女性、いじられる女性の特徴


まずは職場でいじめる女性(加害者)の特徴から上げていきます。

職場でいじめを繰り返す人は大半が同一人物です。

彼女たちはなぜいじめを繰り返すのでしょうか?

人をいじめるということは、不安や不満を抱えている証拠です。

現状に満足し幸福に満ち溢れている人は

ほかの人を傷つけようという心理は働きません。

いじめをする人の深層心理には計り知れない寂しさがあるのかもしれません。

いじめをする人の特徴としてとにかくよくしゃべることが挙げられます。

仕事中でもあっちへ行ってはベチャクチャこっちに行っては

ベチャクチャ相手の仕事を止めさせておしゃべりします。

それだけ話が好きということは寂しさの裏返しなのです。

その寂しさをいじめで解消しているのです。

次にいじめられやすい人(被害者)の特徴を挙げていきます。

いじめられやすい人にも様々な特徴がありますが

その中でも空気が読めなかったりその会社だけの決まりごとに従えなかったり、

孤独を厭わない人物は会社でもいじめのターゲットになりやすいです。

人間とは集団で固まって生きていたいものなのです。

そした集団から除外されることをいつも恐れています。

だから人でいても平気な人物に対しては

「自立している」という良い評価は与えず、

自分たちとは違う異質な存在と感じるのです。

そのため自分たちと少しでも違う考えをする人を

いじめのターゲットにするのです。





職場のいじめに打ち勝つ方法


もし、職場でいじめにあったら…いじめ相手にやり返すべきなのか?

いじめに勝つ方法はないのか悩んでしまいますよね。

「なんとかして相手を撃退したい」と

仕返しを考えてしまうのは無理もないです。

ただ、怒りのままにやり返すことは、

一時的にスカッとするかもしれませんが、

その後のあなたの状況がより一層悪くなってしまいます。

仕返しの方法を間違えるとあなたの居場所を失うことになります。

ではどうしたらいじめに打ち勝つことができるのでしょうか?

職場のいじめを撃退するおすすめの方法は「逃げるが勝ちです」


大人になってまでいじめをする知人達と向き合うだけ時間の無駄ですし

「我慢する」「やり返す」「対策を練る」など、

いじめ相手のためにも時間を使ってやるほうが馬鹿げています。

そんなことに時間を使うくらいなら

転職をしてもっと頭のいい人たちがいる会社に入ることをおすすめします。





どうしても職場のいじめが無くならないなら転職をした方が良い!


職場でのいじめが続くことによって、

精神的に負担が溜まってしまって体を壊してしまうことになります。

体を壊してしまうと

・うつ病

・食欲不振

・不眠症

・自律神経失調症

・朝に起きられなくなる

・集中力の低下

など、自分の体にいろいろな不調が出てきてしまいます。

仮に仕事を辞めたとしても、精神的な傷はなかなか癒えません。

肉体的な不調はすぐに治ることが多いですが、

心に負った傷は治るには相当な時間がかかってしまうでしょう。

このような状態になってしまうまであなたは仕事をしたいですか?

何もしないでこの会社から去るのは嫌だという方は

様々な方法をためしていじめがなくなるようならそれでよしとできますが、

会社と戦う気力もない人は…先にも述べていますがいじめなどする

知能の低い人たちがいる会社なんてとっとと辞めて転職活動に勤しむべきです。



まとめ


大人になってまでいじめをする人がいるのがこの社会です。

それも経済は回り私たちは組織の中で

なんとか生き延びようと必死にあらがっているのですが

時として私たちはそのあらがいから抜け出すことが必要な時があるのです。

自分の心が壊れてしまうくらいなら逃げてもいいんですよ!

むしろ、逃げなければダメな時があるということを覚えておくべきなのです。

人生は長いようで短いのですから、自分が最後の時を迎えるときに

後悔しいないように自分を大切に生きていきたいですね。