中間管理職が辞めていく会社の特徴!管理職になりたくない40代の特徴や理由や管理職に向いてないから辞めたい時の対処法をご紹介します。




昇進して中間管理職になってしばらくすると

退職してしまう人が多いという会社もあると思います。

昇進するということはいい事のはずですが

辞めたくなる人が出たり管理職になりたくない人がいるのは疑問ですよね。

この記事では管理職になりたくない人の理由や特徴

管理職になってしまい辞めたいときの対処法について紹介しています。

中間管理職になったけど仕事が嫌で退職を考えている方や

自分の会社の管理職が辞めてくことに悩んでいる方は是非参考にしてくださいね。





中間管理職の退職が多い会社はやばい会社?


中間管理職になると退職が多くなる会社は社内の体制や

給与制度などに問題のある「やばい会社」である可能性があります。

中間管理職は経営陣からの指示や目標を達成するため

部下に仕事を行わせ管理する役割を担います。

中間管理職が辞めたくなる原因として

経営陣が無理な目標を達成するよう指示してくることや

部下への指導で精神的に疲労すること残業代が出なくなり

手取りが減ることなどがあります。

経営陣が現状にそぐわない目標を立ててしまう会社は

経営が計画的に出来ていない可能性がありますし

管理が大変な部下が多い会社は良い人材が不足している可能性が高いです。

また残業代がなくなり手取りが減るような会社は

人事制度や給与体系に問題があります。

このように中間管理職の退職が多い原因は会社側の問題にあることも多いといえます。





管理職になりたくない女性や40代男性社員の特徴


管理職になりたくない女性や40代男性社員の特徴として

一つ目に家庭やプライベートを大切にしていることを挙げることができます。

管理職になると責任が重くなるため仕事に費やす時間や

気力、体力が一般社員よりも多く求められます。

家庭やプライベートと両立が難しくなるので管理職になることを嫌がります。

二つ目は、人と関わるよりもコツコツ自分の作業を進めることが好きなことです。

管理職になると経営陣との会議や打ち合わせ

部下への指示や指導など他人と関わる場面が増えてきます。

人と関わることが苦手な人には負担が大きくなってしまいます。

三つ目の特徴は、現在の仕事についての専門性を高めたいと思っていることです。

特に専門的な知識や経験が必要な職業に就いている人に当てはまりやすい特徴です。

管理職になると現在の仕事とは別の業務もしなければならないため

専門性が下がることを恐れ、管理職は避けたいと思ってしまいます。





管理職になりたくないから退職するのはあり?


管理職に昇進することなったけれど嫌だから

退職するということは否定されるものではありません。

管理職になることで、自分の人生や生活に不利益になるのであれば

その不利益を被ることに甘んじる必要はないからです。

無理に管理職になって、家庭やプライベートで大きな問題が生じたり

ストレスが溜まって病気になったりしても

会社が最後まで責任を取ってくれるわけではありません。

もちろん管理職になることにもメリットはたくさんあります。

平社員ではできない経験を積むことができますし

ビジネススキルを磨くこともできます。

さらに昇進していけば経営陣側になることも夢ではありません。

これらのメリットと管理職になるデメリットを比較して

それでも管理職になりたくないのであれば退職することもやむを得ないでしょう。





管理職に向いてないから辞めたい時の対処法


管理職になったけれど、向いていないから辞めたいと思った時の対処法として

一つ目に、上司や先輩の管理職に相談してみることを挙げることができます。

特に管理職になったばかりだと初めてのことも多く

なかなかうまくいかないことも少なくありません。

自分では管理職に向いていないと感じても

第三者から見るとただ経験が不足しているだけであったりします。

上司や先輩から経験に基づくアドバイスをもらうことで改善できる可能性があります。

二つ目の対処法は、管理職のための本を読んだり

セミナーに参加したりして勉強することです。

管理職は一般社員の時と必要な知識や技術が異なるため

新たな知識を身に着けることが必要です。

勉強することで管理職としてのスキルも上がり

仕事をこなせるようになることが期待できます。





管理職になりたくないなら転職も視野に入れよう


管理職になりたくないのに管理職にされそうなときや

管理職に向いていなくて辞めたいときは転職を検討することをお勧めします。

もちろん管理職になることを断ることや降格を願い出て

管理職から平社員に戻ることもできます。

しかし、昇進を断ると上司もいい気にはならないですし

一度管理職になってしまうと平社員に戻っても浮いてしまう可能性が高いです。

職場で居場所がなくなり辛い思いをする恐れがあります。

やる気がないと思われ今までのように仕事が与えられなくなる可能性もあります。

今の職場に居続けるよりも転職して、

新しい職場でゼロからスタートした方が働きやすくなりやすいといえます。

そして転職の際は管理職にならず、自分のしたい仕事を

長く続けることができそうな会社を選ぶようにしましょう。





まとめ


中間管理職の退職が多い会社には人材面や経営面での

問題があることが多く会社側の問題であることも多いです。

しかしその一方、管理職になる人の希望や素質の問題であることもあります。

上司に相談したり、管理職としてのスキルアップ

を図ったりするなど対処法はありますが、

どうしても向いていないと思うときや辞めたいときは転職することも手です。

我慢して管理職の仕事を続けることや降格までして

会社に居続けることを選択するよりも

新しい職場で心機一転頑張る方が余計なストレスもなく仕事を頑張ることができるものです。