静かすぎる職場を辞めたい!静かな職場が緊張して苦手な人の特徴や凄く静かなオフィス・職場で働くのが辛いときの対処法をご紹介します。




静かなオフィス、と聞くと「仕事に集中できそう」というイメージがありますよね。

確かに余計な音や声はありませんが

静けさを維持しなくていけないプレッシャーがかかります。

わずかな音も響くように感じ、気を遣うことが増えます。

オフィス内で必要な会話をすることもできません。

そのため「窮屈で仕事がしにくい」「不自由だ」と感じます。

静かさも度を超えるとストレスの原因になり得るのです。

今回は「静かすぎる職場が苦手な人の特徴と

すごく静かなオフィスで働くのが辛いときの対処法」についてご紹介しますね。



職場が凄く静かで緊張してしまう


特に「転職して急に環境が静かになった」という人はかなり緊張すると思います。

たとえば以下のような環境の変化があった場合です。

・販売をやっていたが一般事務になった

・BGMやラジオが入っていた職場から転職した

最初はあまりにも静かすぎる環境に戸惑うでしょう。

雑談なんてできそうもなく必要な確認をするのにも

気を遣うなんて初めての経験です。

もちろんちょっとした休憩も取りにくいです。

職場にはずっと仕事をしていないと許されない空気が漂い

お互いの言動を監視しているように感じられます。

そのため緊張を緩めるタイミングが難しいのです。

仕事を終えて家に帰ると、緊張で背中や腰がパンパンになっています。

多くの人はいずれ静かな職場に慣れますが

中にはどうしても無理な人もいるかもしれません。



静かな職場が苦手な人の特徴


静かな職場が苦手な人には以下の特徴があります。

・コミュニケーション重視の人

コミュニケーションを重視している人は、静かな職場が苦手です。

話ができないと相手の人柄がわかりにくいので、仕事がやりづらいと感じてしまいます。

雑談は無駄ではなく、職場の大事な潤滑油なのです。

・音を立てることにばかりに気を取られる

静かな職場で、ある程度音が響いてしまうのは仕方ありません。

そんなとき「音を立ててごめんなさい」と考えてしまう人は、静かな職場が苦手です。

職場にいるだけで気疲れすることになるからです。

・メンタルが弱い

ミスをして上司に怒られたとします。

静かなので、怒られた内容はフロア全員に聞かれます。

「自分のミスが知られて恥ずかしい…」「笑われているかも」

と気にしてしまう人は、静かな職場を苦手だと感じます。


静かな職場で生き抜くには、それなりのメンタルの強さが必要なのです。



嫌われているから?職場で自分がいると静かになる理由


嫌われているわけではありません。

原因はコミュニケーション不足だと考えられます。

・会話に参加しない

静かな職場であっても上司がいないときは、

同僚がおしゃべりを始めることもあると思います。

そのとき会話に参加しないと「話しにくい」と周りに思われ、

あなたがいると静かになるのです。

あなたはいつも通りに仕事をしているだけで悪くありません。

しかし適当に周りに合わせないと静けさを招きます。

・休憩時間はスマホか読書

昼休みなどの休憩時間に多少の会話はあるはずです。

そのときでもずっととスマホをいじったり、読書をしたりしていないでしょうか。

周りはあなたの邪魔になるから、と考えて話すのを控えるようになります。

そのためあなたが離席するとみんな遠慮なく話し、

戻ってくると静かになるという現象が起こります。



凄く静かな職場での電話対応が苦手な時の対処法


静かな職場での電話対応ってイヤですよね。

「周りが自分の電話対応に耳を傾けているのではないか」と勘ぐってしまいます。

そんなときは落ち着くために以下の対処法を試してみてはいかがでしょうか。

・マニュアルを作る

電話対応のマニュアルを作ってみるのはどうでしょうか。

フローチャート式にすると、いろいろなケースに対応できて安心できます。

・聞ける人を作る

自分ひとりでちゃんと対応しないといけない、と思うと苦手意識が増します。

事前にベテランの方に「わからないことがあったら聞いてもいいか」

「困ったら電話を代わってもらいたい」とお願いしておきます。

・同じような人と仲良くする

たぶんあなたと同じように、静かな職場での電話対応が苦手な人がひとりくらいいるはずです。

その人と仲良くすることで「自分だけじゃない」と思えて苦手意識が和らぎます。

心当たりのある同僚が近くにいませんか?



凄く静かなオフィス、職場で働くのがどうしてもつらいなら転職をしよう!


静かなオフィスで働ける人とそうでない人がいます。

つまり向き不向きがあるのです。

半年くらい働いても慣れないようなら、静かな職場はあなたに合っていないと考えられます。

つらいのでしたら迷わず転職をしましょう。

我慢し続けると、ストレスで体調を崩してしまいます。

すでに吐き気や慢性的な肩こりに悩まされていませんか?

あなたにとって居心地のいい場所はきっとあります。

では転職先が静かすぎるかどうか見極めるにはどうしたらいいでしょうか。

面接や社内を案内されたときがチャンスです。

そのときに社員が普通に会話を交わしているようでしたら大丈夫です。

もし「異常に静か過ぎる」と感じたら、思い切って

「いつもこんなに静かなのですか?」と尋ねてみてもいいかもしれません。



まとめ


「静かな職場は仕事をしやすい」とは言い切れません。

ちょっとした物音も響くので、余計な気を遣ってストレスを感じます。

また静かな職場での電話対応が苦手な人も多いでしょう。

静かすぎると話の内容が筒抜けになり対応が悪ければ上司に注意されることもあります。

そんなときはマニュアルを作ったり

同じように静かな職場が苦手な同僚と話したりすると苦手意識を和らげることができます。

半年ほど勤めて、どうしても静かな職場が合わないと思うのでしたら転職しましょう。

面接のときに会社の雰囲気を判断して、リラックスして働ける職場を見つけてくださいね。