偏頭痛で仕事を辞めたい!偏頭痛で仕事が出来ない時の対処法や偏頭痛に向いている仕事などをご紹介します。




偏頭痛は、頭がズキズキ痛んだり、吐き気が出たりするなど辛い症状を引き起こします。

仕事中に症状が起こると仕事が手につかなくなるという人も多いでしょう。

偏頭痛は繰り返し起こるため、たびたび偏頭痛で仕事が思うようにできなくなると

仕事を辞めたいと思う人も出てきます。

この記事では、偏頭痛で仕事が出来ない時の対処法や偏頭痛が原因での退職方法

偏頭痛のある人に向いている仕事などについて紹介しています。

偏頭痛で仕事が難しくなって悩んでいる方は是非参考にしてくださいね。



偏頭痛が辛くて仕事を休みたい・・


偏頭痛はただ頭痛がするだけと軽く見られがちですが

人によっては起きているのも辛く仕事どころではなくなってしまうほどの痛みが出ます。

偏頭痛で仕事を休みたいと思う人が出るのも当然です。

そもそも偏頭痛とは、頭の血管が拡張することにより頭痛や吐き気などが起こる病気です。

頭痛はズキズキと脈打つような感じで、数日続くこともあります。

症状が起こる頻度としては、1ヶ月に2、3回が多く

そのたびに仕事を休むことは難しいため、無理をして働く人や

症状が辛すぎて頻繁に休んでしまい周りに気まずい思いをずる人もいます。

このように、偏頭痛は仕事を続ける上で大きな問題となります。

偏頭痛があっても仕事が出来るよう工夫したり

向いている仕事を探したりすることが大切です。



偏頭痛の辛さが周りにわかってもらえない理由


偏頭痛の辛さが周りにわかってもらえない理由として

一つ目に、見た目にわかりにくい症状ばかりであることを挙げることができます。

発熱などのように数値化されるわけではなく基本的には本人の訴えでしかわかりません。

症状を説明しても、深刻さが周りの人に伝わらず大げさだと思われてしまうこともあります。

二つ目の理由は、頭痛は仮病に使われやすいことです。

昔から頭痛を仮病に使う人が多いため

偏頭痛だといっても仮病ではないかと疑われてしまうことが多いです。

三つ目の理由は、偏頭痛について詳しく知らない人が多いことです。

同じ「頭痛」でも何となく頭が痛い程度の人もいます。

そのような人が、他の人から「頭が痛くて仕事を休みたい」と言われた場合

少し頭が痛いくらいで休むのは甘えだと思ってしまいます。



偏頭痛で仕事が出来ない時の対処法


偏頭痛で仕事が出来ない時の対処法として


一つ目に休むことを挙げることができます。


起きていることが辛いほど偏頭痛が酷い時に出勤しても

仕事を進めることは難しいですし、思わぬミスを犯してしまう可能性も高いです。

体調が悪い時は思い切って休み、体調を回復させた方が効率的に仕事を行うことができます。


二つ目の対処法は上司に相談し偏頭痛が起こったら休憩させてもらうようにすることです。


三つ目に紹介する対処法は、病院に行き、治療を受けることです。

自己流の対処法や市販の薬だけで対処するよりも

医師の診察の下、処方薬を服用した方が偏頭痛も改善されやすいです。

さらに、診断書を発行してもらうことができる点でも受診をお勧めします。

自分で症状を伝えるだけでは上司や周りの人に伝わりにくいものです。

受診し医師の診断書をもらい会社に提出することで

症状の深刻さを理解してもらいやすくなります。



どうしても仕事が続けられない。偏頭痛で仕事を辞めるのは退職理由になる?


偏頭痛は仕事を辞める退職理由になります。

そもそも、基本的には理由を問わず退職できます。

正社員などの無期雇用であれば、2週間前までに退職の意思を伝えることで退職できますし

有期雇用であってもやむを得ない理由があれば期間内でも退職することが可能です。

偏頭痛が酷くて仕事が出来ない状態であれば、退職もやむを得ないと判断される可能性が高いです。

もし、自分の説明だけでは上司に理解してもらえなくても

勤務が難しいと書かれた医師の診断書があれば会社も退職を認めざるを得ないでしょう。

また、現実に偏頭痛で休みがちなど仕事に支障をきたしている場合は

あっさりと認めてくれることが多いです。

偏頭痛で仕事を辞めることは甘えなのではないかと思う人もいるかもしれませんが、健康が第一です。

まずは上司に偏頭痛が原因で仕事を辞めたいと相談してみることをお勧めします。



偏頭痛に向いている仕事はどんな仕事?


偏頭痛持ちの人に向いている仕事として、

一つ目に、自分のペースで動きやすい仕事を挙げることができます。

偏頭痛が出たら休んだり、休憩を取ったりし

症状のないときは仕事に打ち込むことができれば、偏頭痛があっても仕事で活躍できます。

具体的には、プログラマーやデザイナーなどのクリエイティブ職

自分で外回りの予定などを立てやすい営業職などがおすすめです。

二つ目のおすすめの仕事は光やにおいなど偏頭痛を引き起こしやすいものが少ない仕事です。

人によりますが、強い光や特定の臭いで偏頭痛が起きることはよく知られています。

自分にも当てはまるものがあれば、その影響を受けにくい仕事を選びましょう。

三つ目は、勤務時間が長すぎない仕事です。

ストレスや過労は偏頭痛を悪化させる要因とされています。

残業が多い仕事など勤務時間が長すぎる仕事は

ストレスや疲労がたまりやすいため、避けることをお勧めします。



まとめ

 

偏頭痛は拍動性の頭痛や吐き気などの症状が出て仕事に支障をきたすこともある病気です。

偏頭痛で辛い時は仕事を休むことや休憩を取ることをお勧めしますが

会社の理解を得ることができない場合は医師の診断書を提出することも手です。

どうしても仕事を続けることが難しい時は健康のためにも退職することを検討しましょう。

偏頭痛持ちの人は、自分のペースで休んだりしやすい仕事や

偏頭痛を引き起こす刺激の少ない仕事などを選ぶことをお勧めします。

偏頭痛はすぐに改善されるわけではないので仕事をしながらうまく付き合っていくことが大切です。