働きたくないけどお金は欲しい・・働きたくない人の理由やおすすめの副業、「働きたくない」と思っている人に向いている仕事をご紹介します。




何が何でも正社員!という時代は終わっています。

在宅ワークも増えているのでどこかの会社に勤めなくても生きていけます。

「あんまり働きたくないなぁ」と思っているなら、

まず副業から始めるのがおすすめです。

やりたくない仕事、面倒な人間関係に悩まされる会社に

振り回されるなんて、人生もったいないじゃないですか。

会社に依存せず、自分で稼ぐことができると精神的に安定します。

今回は「働きたくないけどお金が欲しい人に向いている仕事」に

ついてご紹介しますね。





働きたくないけどお金は欲しい‥


働きたくないけどお金がほしい・・

と思うのはおかしいことではありませんし、むしろ正直でいいと思います。

本当は多くの人がそう思っていますが、そんなことを言うと

周囲から反発されるから労働を神聖化しているだけです。

「働かざるもの食うべからず」と言っているサラリーマンが

宝くじ売り場に並んでいるのがその証拠です。

ただまったく努力や先行投資もせずに稼ぐことは難しいのが現実です。

株式投資を例にとって考えてみましょう。

働かずに利ザヤだけで稼ぐことができるのであなたの希望にピッタリです。

しかし投資する元手が必要ですし、利益を出すためには勉強も必要です。

さらに損をしてしまう可能性も高いですよね。

働かずにお金を手に入れることはできますけど

リスクや会社員以上の努力が必要となります。





働きたくない人の理由とは?


働きたくない理由は以下の3つが大きな要素ではないでしょうか。

・コミュニケーションが苦手

多くの人とコミュニケーションを取らないほうが、生きていくにはラクです。

関わる人が多いほど、面倒が増えてストレスも増えるからです。

人間関係を築くことを考えるだけで「働きたくない」と思うのは仕方ないことです。

・やりたい仕事がない

田舎にありがちな事情です。

たとえばIT系の仕事がしたいと思っても近くになかったり

競争倍率が高かったりして就けないことがあります。

結局は妥協して、興味のない仕事をしなければならないので働く意欲はなくなります。

・拘束時間が長い

働きたくない人にとって会社での拘束時間が長いことは苦痛でしかありません。

特に正社員だと当然のように残業やミーティングなどで会社に拘束されます。

さらに「働きたくない気持ち」が強まります。





働きたくないけどお金が必要な時におすすめの在宅ワーク・副業


もう少しお金がほしいけれど残業はしたくない

バイトするのもちょっと…というあなたにおすすめの在宅ワークです。

・フリマサイトで不用品を売る

「こんなものが売れるの?」という世界がフリマサイトです。

ただ適切な価格の設定、落札者への連絡や梱包などの手間はかかるので

それらをきちんとしないと信用がなくなります。

・データ入力、文字起こし

面倒なことは考えたくない人向けです。

根気が必要で時間もかかりますがひとりで

モクモクと作業できるので余計なストレスはありません。

・個人投資

不労収入を増やしたい人は投資も視野に入れましょう。

まずは元本割れの少ない投資信託などから始めて

自分に合った投資を心がけることをおすすめします。

ただし勉強や情報収集は必要です。





働きたくないと思っている人に向いている仕事


会社勤めをしながら、いずれは独立も狙える仕事を集めてみました。

・プログラマー

未経験でもプログラマーを採用している会社はあります。

そういったところで経験とお金を積み、独立することが可能です。

・Webライター

文章を書くことが苦ではない人は、Webライターがおすすめです。

稼ぐためには行動力と営業力も必要なので

人見知りをしないタイプには向いています。

早い人では半年以内で20万円以上稼ぐ人もいます。

・カウンセラー

人の役に立っている実感がほしいという方に向いています。

カウンセラーと名乗るのに資格はいりませんが

資格があったほうが信頼されます。

ブログやサイトなどで自分のスキルを販売するのが一般的です。

・派遣社員、パート

決められた時間内での労働しかしたくない人におすすめです。

時間が確保できるので好きなことで稼げる方法がないか

探してみてはいかがでしょうか。





「働きたくない、助けて・・」と思っているならうつ病かもしれない


「助けて…」と思っているのでしたら、うつ病かもしれません。

うつ病は症状が進むと「死んでしまえば働かなくていい」

と考えてしまう、大変怖い病気です。

しかしこれはあなたの本心ではなく、病気であることを忘れないでください。

こんなときに必要なのが「休養」です。

1日だけではなく、少し長く仕事や会社から離れることが重要です。

そのうえで心療内科や精神科で診断してもらうことが望ましいです。

ただ働きたくない気持ちが強すぎて、動けなくなっている人もいるでしょう。

そんなときは動けるようになるまで待ってから

受診するほうが、ストレスは少なくなります。

「つらくて働きたくない」というのは甘えではありません。

むしろ今まで誰よりも頑張ったり耐えたりしていたからそうなってしまったのです。

休養と治療の甲斐あって回復したときは今までの働き方を見直してみましょう。





まとめ


どこかの会社に勤めてお給料をもらって…という生き方は確かに安定します。

でもそんな生き方に疑問を感じて、イヤだなと思っている人は多いでしょう。

そんな人は副業から始めてみて

フリーランスなどの生き方を目指してみるがおすすめです。

もちろん会社員でいるより努力や勉強は必要になります。

しかし自分がやりたいことや向いていることを仕事にすると

働くことに大きな苦痛は感じなくなります。

「働きたくない」と切実に感じている今が、人生を変えるチャンスです。

無理をして働いても続かないので、あなたに合った働き方を見つけてくださいね。