職場のめんどくさいおばさんの対処法まとめ!職場の40代、50代のおばさんがめんどくさい理由、職場のおばさんがめんどくさい時の対処法をご紹介します。




必ずどの職場にもひとりは生息している

「めんどくさいおばさん」の扱いって難しいです。

口うるさく注意してきたりやたら監視をしてきたりと

こちらが落ち着いて仕事ができません、

しかし40代50代のおばさんだって

若い頃から今の生態だったわけではないはずです。

年齢を重ねることによって「めんどくさい生物」へと変化していったのでしょう。

めんどくさい原因がわかれば対処ができます。

今回は「職場にいるおばさんがめんどくさい理由と

その対処法や撃退法」についてご紹介しますね。



職場のめんどくさいおばさんがストレス・・


めんどくさいおばさんは大きく分けると3タイプ存在します。

複合しているケースもあります。

・おしゃべり大好きタイプ

30分間黙って仕事をしたことがないおばさんです。

仕事に飽きてすぐにおしゃべりを始めるのが特徴です。

自分が集中して仕事をしたいときに限って話しかけてきますし

無視しても構わずしゃべり続けるのでめんどくさいです。

・女として自信ありすぎタイプ

昔はモテたのかもしれません。

しかし40代50代になっても、短いスカートで太ももを強調したり

妙な視線を男性に送ったりしても「イタイ」だけです。

女の主張が激しいオバサンは取り扱いが難しいです。

・プライドだけ高いタイプ

勤続年数が長いと偉いと思っているオバサンはめんどくさいです。

ことあるごとに見下してくるので、職場ひとりいるだけで大変疲れます。



職場の40代、50代のおばさんはなぜめんどくさい?


2つの相反する気持ちが40代50代のおばさんにあります。

・女としてチヤホヤされたいし若い子とはしゃいだりしたい

・ベテランとして尊敬されたい

ちょっと気さくに話していたら機嫌が悪くなり

そうかと言ってかしこまって話したら妙にフレンドリーに話してくる

おばさんを見たことがあると思います。

つまり言動に一貫性がありません。

これが「めんどくさい」と言われる最大の原因です。

さらに40代50代になると「素直さ」が失われます。

たとえばおばさんが初歩的なミスをしたとしましょう。

どんなにベテランになってもうっかりミスはするものですから

「ごめんなさい」と言えば済む話です。

それを人のせいにしたり、子供のように機嫌が悪くなったりするので始末に負えません。

40代50代で精神的に大人になっていないおばさんは本当にめんどくさいものです。



職場の監視してくるおばさんは無視、気にしないのが一番?


監視おばさんの視線や発言を

「気にしたくないけどどうしても気になる」という

気持ちはとてもよくわかります。

イライラして仕事にも影響が出ている人もいるでしょう。

それでもあえて言います。

気にしないよう、努力を続けてください。

以下の方法で監視おばさんを遠ざけてみてはいかがでしょうか。

・なるべく視界に入れないようにする

・何か言われても「はい」とだけ返す

・おばさんのいないときを見計らって休憩や話をする

監視おばさんに付け入るスキを与えないことが重要です。

あからさまに無視するとさすがに面倒なことになるので

受け答えだけはしておいたほうがいいでしょう。

監視おばさんは「誰かのミスを見つけてドヤる」のが

自分の価値を高めると勘違いしている生き物です。

こんな低レベルの人間を気にしている時間がもったいないので、仕事に集中しましょう。



職場の口うるさいおばさんの撃退方法


職場で口うるさいおばさんは「暇人」と断定してもいいでしょう。

暇だから他人にあれこれ口出ししてしまうのです。

そしてなぜ暇なのかというと「仕事ができないから」です。

でも勤続年数だけは長いので「私はなんでも知っているのよ」

みたいに話すことが多く、大変めんどくさいです。

こういう口うるさいおばさんを撃退できるオススメの方法があります。

・絶対に答えられないような難しい質問をする

ちょっと意地悪しすぎでしょうか。

しかし黙らせるには効果的な方法です。

もうひとつオススメな方法があります。

・仕事の手伝いをお願いしてみる

「もしお手すきでしたら手伝っていただけないでしょうか」

と口うるさいおばさんに言ってみてください。

急に自分の仕事を始めるはずです。

おばさんに「話しかけたらめんどくさい相手」だと

思わせることができたら、今後非常に楽になります。

口うるさく言われる確率がグッと下がりますよ。



職場のおばさんがめんどくさい時の対処法


めんどくさいおばさんへの対処法としては

「無視はしないけれど相手にもしない」のが基本です。

詳しく説明します。

・無視しない

無視してしまうとおばさんに「いじめ」だと騒がれるおそれがあります。

そうなると立場が逆転して、こちらが悪者扱いされます。

一番避けるべき事態です。

最低限の業務連絡や返事だけは社会人のマナーだと割り切ってやっておきましょう。

・相手にしない

相手にしないと余計にめんどくさくなるので

仕方なく相手をしているという人も多いでしょう。

しかしこれではおばさんは図に乗るだけです。

何か話しかけられても「そうなんですね」というような

肯定とも否定とも言えない曖昧な返事をするだけにしておいてください。

反応が薄いとおばさんはつまらないので、いずれあなたに絡んでこなくなります。



まとめ


40代50代のめんどくさいおばさんへの対処で大事なのは「継続」です。

若い頃と違って、何か主張しないと認めてもらえないと

信じているおばさんはしつこく絡んできます。

私たちも根気よくおばさんを敵に回さないよう

でも相手にしないよう対処していきましょう。

なぜなら対処や撃退をしないとあなたの仕事に差し支えるからです。

これでは何のために会社に来ているかわかりません。

めんどくさいおばさんを上手にいなして

集中して仕事に取り組める環境を自分で築いていってくださいね。