営業を辞めてよかった!営業職を辞める人が多い理由や営業を辞めてよかったと思える人の共通点、営業職を辞めるためにするべき事をご紹介します。




営業の仕事を辞めたいという人や

過去に営業をしていたけれど嫌で辞めたという人は多いですよね。

なぜ営業職は辞める人が多いのでしょうか。

また、実際に営業を辞めてよかったと思えるのか

後悔してしまうことが多いのか気になりますよね。

この記事では、営業を辞めたい人が多い理由や営業を辞めた方がいい人の特徴

転職活動のおすすめの方法について紹介しています。

営業の仕事を辞めたいと悩んでいる人は是非参考にしてくださいね。





営業職を辞めたいと思うのは逃げでも甘えでもない


希望して営業職に就いたか否かに関わらず

営業の仕事を辞めたいという人は少なくありません。

希望とは全く違う形で営業職に就いたのならまだしも

希望して営業職になったのに辞めたいと思うことは

甘えなのかもと思う人もいるかもしれませんが、それは違います。

営業職といっても、会社によって仕事内容は異なりますし

実際にやってみなければ営業の仕事が自分に合っているかわかりません。

その会社での営業の仕事が合わなくて辞めたいと思うのであれば

人生は一度きりですので、辞めて自分に合った仕事に就く方がよいでしょう。

合わない営業の仕事を我慢して続けても

いつか我慢できなくなったり

いつまでも仕事が出来るようにならなくて

首になったりしては元も子もありません。

今後のことを考えて、営業の仕事を辞めた方がいいと思うのであれば

決断することをお勧めします。





営業職を辞める人が多い理由


営業職を辞める人が多い理由として、

一つ目に売上で成果や努力を判断されてしまうことを挙げることができます。

営業の売上は、営業の能力や努力だけでなく

商品や市場の状況などに大きく左右されます。

それにも関わらず、売上が上がらないときに

営業の能力や努力不足が原因とされると辞めたくなるのも当然です。

二つ目は、プライベートとの両立が難しくなりやすいことです。

営業は顧客に合わせなければならないため残業や休日出勤が多くなりがちです。

そのため、家族との時間が十分とれなかったり

プライベートの友人と遊ぶことが難しくなったりするため辞めたくなってしまいます。

三つ目は、営業は断られることが多くそれによってストレスが溜まることです。

断られるなど否定的な言葉を聞くとどうしてもストレスを感じてしまうものです。

営業は仕事の性質上、断られることがあるので

それが重なると強いストレスとなります。





営業を辞めてよかったと思える人の共通点


営業を辞めてよかったと思うことができる人の共通点は

営業を辞めたい原因となっていたもののない仕事に転職していることです。

ノルマが嫌なのであれば、ノルマのない仕事に転職したり

家庭との両立が難しいことが原因であれば残業や休日出勤の少ない仕事を選んでいたりしています。

営業職が嫌になる原因と同じ特徴を持った仕事は他にもあります。

もし、営業を辞めても、嫌になった原因のある仕事に転職してしまえば

営業を辞めても問題が解決されず、辞めてよかったとは思えないでしょう。

営業を辞めてよかったと思えるようにするには辞めたい原因をはっきりさせることが大切です。

漠然と「営業が嫌だから」と転職してしまうのではなく

嫌な理由を自分の中で分析しはっきりさせることが転職を成功させる近道です。





営業を辞めたい・辞めた方がいい人の特徴


営業を辞めたい人や辞めた方がいい人の特徴として

一つ目に、他人とコミュニケーションを取ることが苦手なことを挙げることができます。

営業は顧客と会話する中で、顧客の要望を聞き取り、提案することが仕事です。

他の職種と比べて高いコミュニケーション能力が要求される仕事なので

苦手な人は特に向いていないといえます。

二つ目の特徴は、悲観的な思考をしがちなことです。

どんな営業でも顧客から断られることはあります。

ショックを受けて落ち込む人や自分のせいだと

悲観的に考えてしまう人は精神的に追い詰められてしまいます。

三つ目の特徴は、他人に合わせることが苦手なことです。

営業は人を相手にしているので、スケジュールや説明の仕方

会話など様々なことを相手に合わせる必要があります。

スケジュールをこまめに調整することや相手の対応で

とっさに計画していたことを変えることが苦にならない人でなければ難しいでしょう。





営業職を辞めるために転職エージェントを利用して転職しよう!


営業職を辞めて転職を成功させるためには

転職エージェントを利用することをお勧めします。

転職エージェントは、転職希望者本人の希望に合った求人を探したり

本人の代わりに応募先企業と連絡をしてくれたりするサービスです。

営業職で忙しいとなかなか転職活動をすることは難しいですが

転職エージェントにサポートしてもらうことで労力や時間などを節約することができます。

さらに、転職エージェントは、求人情報には載っていないような

会社の情報や会社の雰囲気を知っていることもあるので

転職前により多くの情報を入手できることもメリットです。

営業を辞めたくなった原因がない又は少ない会社を探すためには

その会社についてより多くの情報を入手する必要があります。

転職エージェントを利用することで、効率的に、

そして転職してよかったと思うことができる転職をすることが可能です。




リクルートエージェントに実際に登録、利用してわかった特徴や評判や口コミや転職がうまくいく上手な使い方を徹底解説します!

2021年12月20日

まとめ

 

営業を辞めたくなる原因は、ノルマに追われることによる

プレッシャーやプライベートとの両立が難しいことなど様々です。

また、営業の仕事にも性格により向き不向きがあるので

向いていないのであれば辞めて新しい仕事に就く方がよいでしょう。

その際、営業の仕事を辞めたい原因をはっきりさせて

その原因のない仕事に転職することが転職を成功されるためには大切です。

転職エージェントなどを利用しながら自分の希望に合った仕事を探し

営業職からの転職を成功させましょうね!