職場でミスを騒ぐ人の特徴!人のミスを言いふらす人の特徴、人のミスに厳しい人の心理と人のミスばかり指摘する人の対処法をご紹介します。




他人のミスを見つけては大騒ぎする人や周りに言いふらす人はいますよね。

もちろんミスはよくありませんが、問題ない程度のミスでもいちいち指摘されたり

関係のない人にまでミスを知られたりするのは嫌な気持ちになるものです。

それだけなく、ちょっとしたミスが大事のようになって、対応に時間を取られることもあります。

この記事では、職場で人のミスを騒ぐ人の特徴や心理、対処法などについて紹介しています。

他人のミスに厳しい人や他人のミスを言いふらす人に悩まされている方は、是非参考にしてくださいね。



職場で人のミスにいちいち騒ぐ奴がうざい・・


職場で他人のミスを見つけると鬼の首を取ったように騒ぐ人がいて

うざく感じるという人もいると思います。

人のミスを見つけても、その人だけにこっそり教えておけばいいのに

周りに聞こえるように大きな声で指摘し、必要以上に恥をかかせたりします。

またちょっとしたことでも上司に言いつけ

まるで大きな問題であるかのようにふるまいます。

ミスをした本人は、指摘されただけでも恥ずかしい思いをするのに、

周りに知られたり、上司に言いつけられたりすると

さらに恥ずかしく情けない思いをしなくてはならなくなります。

人のミスをいちいち騒ぐ人がいることによって

ミスをした人や周りの人は騒ぎに巻き込まれ

時間や労力を無駄にすることもあります。

ただ周りに嫌な思いをさせるだけでなく

職場に悪影響を当たる恐れがあるという点でも

他人のミスを騒ぐ人には問題があるといえます。

職場で人のミスを言いふらしたり大げさに言う人の特徴


職場で人のミスを言いふらしたり大げさに言ったりする人の特徴として

一つ目に目立ちたがり屋であることを挙げることができます。

騒ぐことで他人の注目を浴びることできるので他人のミスも大げさに騒ぎます。

二つ目の特徴は、承認欲求が強いことです。

周りに自分のことを認めてもらいたいと思っているけれど

自分の仕事の成果などでは難しい人によく見られます。

他人のミスを指摘しこき下ろすことで

自分の価値を相対的に上げ周りからの評価を上げようとしています。

三つ目の特徴は、暇なことです。

自分の仕事が忙しい人は、他人の細かなミスに気が付いたり

言いふらしたりする時間がありません。

暇だからこそ、他人のミスが目につき、大げさにしたくなったりするのです。



職場で人のミスに厳しい、ミスを指摘ばかりする人の心理


職場で人のミスに厳しい人やミスを指摘ばかりする人の心理として

一つ目に、優位な立場に立ちたいと思っていることを挙げることができます。

ミスをした人に比べ、指摘する人は優位な立場になります。

ミスを指摘すれば優位な立場に簡単になることができるので

他人のミスを探してしまいます。

二つ目は、他人の不幸に喜びを感じることです。

「他人の不幸は蜜の味」というように、他人の不幸を見ることに

快感を感じる人は少なくありません。

他人のミスを指摘してばかりいる人は

その快感のとりこになっている可能性があります。

三つ目は他人のミスを指摘することで

ストレスを発散したいと思っていることです。

他人のミスを指摘し叱ったりすることで自分の不満やイライラを発散させています。

理由なく他人を叱ることは難しいので、叱る材料になりやすいミスは見逃しません。



職場で人のミスに厳しい人ほど自分のミスには甘い?


職場で他人のミスに厳しい人ほど自分のミスには

甘いということはすべての人に当てはまるわけではありませんが

そのような傾向にあるのは事実です。

他人のミスには厳しくなってしまう理由として

他人のミスの原因は本人にあると思ってしまうことが

多いことを挙げることができます。

それに対して自分のミスは「急いでいた」「見にくい資料のせい」

など外的な要因を探して、言い訳をしてしまうため甘くなりやすいです。

他人のミスに厳しい人は、他人のミスを指摘することで

自分を有利にしたいと思う人が多いのでさらに自分には甘くなってしまいます。

そのため、自分のミスを棚に上げて他人のミスを指摘したり

騒ぎ立ててしまうということが起こります。



人のミスばかり指摘する人の対処法


人のミスばかり指摘する人への対処法として

一つ目に、気にせず受け流すことを挙げることができます。

他人のミスを指摘する人は目立つことや

他人の不幸を見ることなどを目的にしているため

平然と受け流すと目的が達成されません。

他人のミスを指摘しても意味がないと思い指摘しなくなることが期待できます。

二つ目の対処法は、上司や会社に相談することです。

ミスを指摘する際に暴言を吐いたり

必要性がないのに周りにミスを言いふらしたりすることは

ハラスメントに該当する恐れがあります。

そこまでひどくなくても上司から注意してもらえ改善される可能性があります。

三つ目の対処法は、人のミスばかり指摘する人と離れることです。

離れることでミスを見つけられにくくなり指摘されることも減らすことできます。

ただ離れることが難しくこれ以上耐えることが難しい場合は、

異動を願い出たり、転職したりすることも手です。



まとめ

 

職場で他人のミスを騒いだり指摘ばかりする人は、

他人のミスで快感を得たり欲求を満たしたりしようとしていることが多いです。

ミスをした本人の成長や仕事の成果が主な目的にはなっておらず

周りを嫌な気持ちにさせる点などで迷惑な存在といえます。

ミスを指摘されても必要以上に気にしないことや上司などに

相談することが対処法として挙げることができますが

その人と離れることが確実で素早い解決方法です。

ミスを指摘され続けるとストレスも溜まりますので

ただ我慢するのではなく解決に向けて行動することをお勧めします。