工場勤務をしている人は頭がおかしい?工場勤務は性格悪いといわれる理由や工場勤務のあるある、工場勤務で働く末路をご紹介します。




工場勤務というと、「底辺」「悲惨」など

ネガティブなイメージで語られることが多いですよね。

しかし、その反面、気が楽という意見もあります。

工場勤務には他の職種とは異なる特徴があり

それがこれらのイメージに結びついていることも事実です。

この記事では、工場勤務が底辺だと言われる理由や意外と楽だといわれる理由

工場勤務が嫌な場合の対処法などについて紹介しています。

工場で働いていることに不安を感じていたり

工場勤務が嫌だと思っていたりする方は是非参考にしてくださいね。



工場勤務をしている人は頭がおかしい?


工場勤務をしている人は頭がおかしいと言われることがあります。

当然ですが工場勤務の人すべてがおかしいわけではなく

性格もよく、能力も高い人もいます。

しかし、工場勤務の人は頭がおかしいなど

否定的な表現をされるのには理由があります。

理由の一つ目は、コミュニケーション能力が低い人が多いことです。

工場勤務だと他人と話さなくても仕事ができることも多いため、

コミュニケーションが苦手な人が集まる傾向にあります。

コミュニケーション能力が低いとうまく意思疎通ができず

何を考えているのかわからないおかしな人だと思われることが多いです。

二つ目の理由は、採用基準が緩いことです。

工場勤務だと特に学歴や資格などが必要ないことも多く

他の職場では採用されにくい人も採用されたりします。

他の職場では通用しない人やうまくやっていけない人など

「変わった人」が多くなるため、頭がおかしい人が多いと感じやすくなります。



工場勤務は地獄!工場勤務は底辺、かわいそうといわれる理由


工場勤務について「地獄」「底辺」「かわいそう」などと言われる理由として

一つ目に給料が大幅に上がることが期待できないことを挙げることができます。

工場勤務も普通の仕事も初任給にはあまり差がないことが多いですが

工場勤務だと昇進が期待できないため、給料が上がりにくいです。

二つ目の理由は、「きつい」「汚い」「危険」の三拍子がそろった

「3K」の仕事だというイメージが強い事です。

工場勤務だと体力を使うため身体的にきついですし

汚れやすく、機械などでけがをする危険があることが多いです。

「3K」の仕事は人気がなく、嫌な仕事としてマイナスイメージを持たれてしまいます。

三つ目の理由は、単純作業で発展性がなく、

他では通用しなさそうなイメージがあることです。

単純作業をただこなすだけで成長できないため

その工場を辞めると使い物にならなくなるという悲惨なイメージを抱かれがちです。



工場勤務は意外と楽?工場勤務が精神的に楽だといわれている理由


工場勤務は意外と精神的に楽だと言われることも多いです。

その理由として一つ目に、他人と話をする必要が少ないことを挙げることができます。

工場勤務だと、作業中は上司や同僚と会話をする必要がないことが多いため

他人とコミュニケーションを取ることが苦手な人は気楽に仕事ができます。

二つ目は決められた作業をすれば、よく自分で考える必要がないことが多いことです。

自分で考えて仕事をすると、頭と気を使うので疲れます。

しかしただ決められたことをやればいい場合は、

気を使ったり、考えたりする必要がないので精神的に楽だといえます。

三つ目は勤務時間が決まっているため

定時で帰ることができることが多いことです。

残業のある工場もありますが交代制の工場などは、

時間が来れば作業を終了し帰宅できることが多いです。

終わりの見えない長時間労働になることが少ないので精神的に楽だといえます。



工場勤務の「あるある」とは?


工場勤務にありがちなことである「あるある」として、

一つ目に作業開始前に朝礼をすることを挙げることができます。

なかなか社員同士でコミュニケーションを取る機会がないため、

意識的に情報共有に機会を設ける目的や危険な作業もあるため

安全上の注意を行う目的で行われていることが多いです。

二つ目は、休憩時間がきちんとあることです。

オフィスワークなどでは休憩時間の前後に仕事が入ったり、

休憩中に話しかけられたりしてきっちり休憩を取ることが難しいことも多いです。

しかし工場勤務だと休憩時間は

持ち場を離れることになるためきちんと休むことができます。

三つ目は、作業中に時間が長く感じることです。

特に単純作業だと飽きが生じてしまいます。

時計を見てもなかなか時間が進まないということが起こりがちです。



工場勤務の末路は悲惨?もし工場勤務が嫌なら転職を視野に入れよう


工場勤務の末路は必ずしも悲惨というわけではありませんが

性格的に合わない場合や労働環境に不満がある場合は

我慢して働き続けることはお勧めしません。

我慢はいつまでも続けることができるわけではなく、

いつか仕事に行きたくなくなったりストレスで心身が不調になり

働くことができなくなったりする可能性があるからです。

工場勤務だと単純な作業や独自の作業を行うことが多く、

他の職場で通用するスキルや能力を得ることができないので

転職が難しくなる恐れがあります。

年齢が上になればなるほど、転職は難しくなるものです。

工場勤務が嫌だと思ったら、早めに見切りをつけ転職する方がよいでしょう。

最近はハローワークなどの公的機関以外にも

転職エージェントなど、民間の転職支援サービスがあります。

転職したいけれど不安だという方は

このような転職支援サービスに相談してみることをお勧めします。



まとめ

 

工場勤務は、コミュニケーションが苦手な人が集まりやすいことや

大幅な給料アップを期待しにくい事などから悪いイメージを持たれがちです。

しかし他人と接する機会が少ないことや

決められた作業をすればいいことなど、楽でよい点もあります。

ただ、実際に工場勤務をしてみて、不満があったり、嫌だと思ったりする場合は

今の工場や工場勤務自体が合っていない可能性があります。

自分に合った仕事に就いて楽しくやる気をもって

働くことができるようになるために転職を検討することをお勧めします。