工場勤務は底辺な仕事?工場勤務が周りに見下される原因や工場勤務が恥ずかしいと思った時の対策を詳しく解説します!




工場勤務と聞いて何を連想しますか?

「低学歴の人が多そう」「他の仕事に就けなかった人が最後にやる仕事」

といった悪いイメージが先行する人もいるでしょう。

そのため工場勤務を恥ずかしいと感じている人も一定数います。

これは他の仕事にはない珍しい感覚ですよね。

ちゃんと仕事として成り立っているのに、

なぜ工場勤務は見下されたり恥ずかしいと思われたりするのでしょうか。

今回は「工場勤務が底辺だと見下される原因と

恥ずかしいと思ったときに取るべき対策」についてご紹介しますね。



高卒の工場勤務が底辺で見下される理由


高卒の工場勤務が底辺だと見下される理由はズバリ

「勉強が嫌いで安直に工場勤務を選んだ」と思われているからです。

以下の3つに「見下される理由」があります。

・言われた通りにやるだけ

工場勤務は任されたひとつの作業をずっとこなし続けることが多いです。

入社時のスキルも資格も不要で、その後も特に勉強が必要ではありません。

そのため「誰にでもできる底辺の仕事」とみなされるのです。

・創造性が不要

モクモクと手を動かすだけなので、何かを生み出したり考えたりすることが不要です。

世の中は「創造的な仕事にこそ価値がある」と考えています。

その逆である工場勤務は「魅力のない仕事」だと思われるのです。

・向上心も不要

目標がなくノルマがあるだけの仕事は底辺だと思われやすいです。

向上心を持ってもどうしようもありません。

ひたすらミスなく作業を終わらせることがすべてなので

「底辺がやるつまらない仕事」だと言われるのです。



工場勤務は頭がおかしい人が多いといわれる理由


工場勤務は、他の仕事に比べて外の世界との関わりが極端に少ないのが特徴です。

その閉鎖的な環境のため「頭のおかしい人」の含有量が高いのです。

・ボスがいる

工場勤務なので「仕事がデキる」というわけではありません。

ただ辞めずに長く勤めただけなのです。

そんな人が「ボス感」を出して威張り散らすことがあります。

逆らうと面倒なので、他の人はそれに付き合うしかありません。

・話さない人がいる

仕事を覚えてしまえば、作業中に会話することはありません。

つまりコミュニケーション能力に問題がある人でも、工場勤務はできてしまいます。

人を攻撃してくるよりマシですが、休憩中も話さないとなると不気味ですね。

・一般常識がない

社会常識を知らなくても作業さえやってもらえれば会社はそれでOKなのです。

社会人としてのマナーや一般常識がなくても勤まるので、

頭がおかしい人が多いと言われるのです。



大卒の工場勤務ってはずかしい?


工場勤務=低学歴というイメージがいまだに根強いのが現状です。

特に親御さんは「せっかく大学を出たのだから

スーツを着て働くような職に就いてほしい」と願っています。

きちんと生活していけるだけのお給料や待遇があるなら本来恥じる必要はありません。

働いている自分がどう思っているかが重要なのです。

たとえば新卒で営業職として入社したけれど、仕事が合わなくて辞めた人がいるとします。

そんな人は工場勤務で意外に居心地よく働いている、ということもあるでしょう。

また就活がうまくいかずに、大卒でもやむを得ず工場勤務をしている人もいます。

そういった人は、やはり工場勤務を恥ずかしいと感じるかもしれません。

将来的に別の仕事をしたいのなら、勉強したり資格を取得したりは今からでもできます。

自分の希望に向かって歩き出しましょう。



工場勤務が楽すぎだと思う人の理由


たまに頭がおかしい人も見受けられますが、多くの人は淡々と働いている印象です。

以下の条件に当てはまるなら「工場勤務が楽すぎ」だと思う人もいます。

・おかしい人が近くにいない

自分が担当する場所やその近くに頭のおかしい人がいない場合は楽だと感じます。

さらに不明な点を聞けるような人が近くにいると「工場勤務いいかも」と思えるでしょう。

・自分の作業だけ集中すればいい

もともと他人に興味関心の薄い人は、工場勤務を楽だと思うかもしれません。

自分の作業に没頭すればいいのです。

いじめのターゲットにされない限りはマイペースで働くことができます。

・何も考えたくない

考えるとか周囲に気を遣うとかが苦手な人も工場勤務に向いています。

ただひたすらに働き、作業が終われば会議や報告書の作成もなく帰れるのです。

仕事そのもの以外が面倒な人にとって工場勤務というのは楽な仕事になります。



工場勤務が恥ずかしいと思うなら早いうちに転職をすることをおすすめします。


どうしても工場勤めに恥ずかしさを拭えないのなら転職一択です。

なぜなら仕事というのは「誇り」がないと精神的につらくなるからです。

「恥ずかしい」と思いながら稼いだお金を、人は大切に使うことができません。

では工場勤務から抜け出すにはどうしたらいいでしょうか。

まずは自分の適性を知ることです。

職種や社風についていけるか、適性を知って見極めることが大事なのです。

一流と言われる企業に就職できても

自分に合っていなければまた工場勤務に逆戻りしてしまいます。

キャリアコンサルティングを受けるなどして、自分の適性や強みを知っておきましょう。

あとはいい会社に出会うことですが「なんとなく良さそう」

というイメージで応募したら失敗する可能性が高いです。

転職エージェントを利用して効率よく探すことをオススメします。



まとめ


工場勤務が「底辺の仕事」という風潮はまだまだ強いです。

確かに慣れてしまえば誰でもできてしまうことから「底辺」だと思われるのでしょう。

自分が納得して働いているなら気にしなくてもいいかもしれません。

しかし一番の問題は人間関係です。

頭のおかしい人がいて、本来なら楽な工場勤務がつらく感じることもあります。

もし工場勤務自体を恥ずかしいと思い、

また頭のおかしい人と働くのが嫌だと思うなら転職をオススメします。

勉強やスキルを身に付けることは、工場勤務をしていても可能です。

自分の仕事を誇れるような職業に就いて、新しい人生を歩んでくださいね。