40代は仕事を覚えられない!仕事が怖い、失敗ばかりでついていけない40代の原因と仕事が出来るようになる方法をご紹介します。




40代で転職した場合、自分の想像より

仕事が出来なくてショックを受けることがあります。

前に勤めていた会社のキャリアなんて新しい会社では通用しません。

またずっと勤めている人でも

いきなり仕事の進め方やシステムが変わることがあります。

今までと何もかも違うので

「覚えられない」「失敗ばかりで周囲の視線が冷たい」

と感じてしまい、仕事が怖くなります。

では40代で仕事ができない原因は何なのでしょうか。

「自分は仕事についていけない」

とあきらめる前に、実はできることがあります。

今回の記事は仕事についていけない40代の原因と

仕事が出来るようになる方法をご紹介しますね。





40代で中途採用の人は使えない?


若い人よりは確かに使えないです。

では具体的に「使えないケース」を見てみましょう。

1. 未経験から採用されたケース

業界、職種どちらかが未経験で採用された40代は使えないことが多いです。

なぜならなかなか仕事を覚えられないからです。

しかしやる気だけはあったりするので、教える側は大変です。

2. ブランクがあるケース

「昔この仕事をやっていました!」という人が実は一番やっかいです。

数年離れていただけで法律やシステムが

変わっていることも珍しくありません。

それなのに昔のことばかりに固執して「使えない」となるのです。

3. 前職が同じ職種だったケース

知識があるので楽な一面もありますが

その会社固有のやり方やルールになじめないことがあります。

さらには「自分のやり方のほうがいいのに…」

とブツブツ言いながら仕事をするので、周りから煙たがられます。





40代で仕事が怖くて覚えられないのは病気?


心の病気である可能性があります。

あまりにも仕事が怖いと思うのでしたら

カウンセリングを受けることをおすすめします。

一般的に40代は

・精神的に安定している

・トラブルにも動じない

・自分をコントロールするのが上手

そんな落ち着いたイメージで見られますが、決してそうではありません。

むしろ年を取れば取るほど

・失敗が怖い

・役に立たないと思われたらつらい

・恥ずかしくてわからないことを聞けない

など、仕事に対して怖さを感じています。

多くの40代はそんな気持ちの揺れを見せずに

なんとか仕事を覚えていきますが怖さが先立って覚えられない人もいます。

ただどのような事情を抱えていても

仕事が覚えられないのでは本人も周りも大変です。

仕事に支障をきたすようでしたら上司に相談して対策を考えましょう。





40代で仕事が出来ない女性、おばさんの特徴


仕事が出来ない40代女性には以下の特徴が見られます。

・プライドが高い

「勤続年数が長い=無条件に偉い」と勘違いしている

おばさんがあなたの職場にもいませんか?

口先ばかりで行動が伴っていないのが特徴です。

「自分は偉いのよ」という意識でいると

仕事に対して工夫しようとか学ぼうとかいう

気持ちが生まれないので、仕事が出来ないのです。

・年下だとわかった途端にため口

年下であっても、先に入社していたらそれは「先輩」です。

後から入社して先輩が年下だとわかった途端に

ため口をきくような人に、仕事の出来る人はいません。

仕事を教えてもらっている人に敬意を払わない人は成長しないのです。

・年齢を言い訳にする

何かというと「自分は若くないから」「もうおばさんだから」と

自分を卑下する人は、仕事ができません。

新しいことを拒否する傾向が高いので

どうしても仕事についていけなくなります。

せめて努力くらいはしてほしいものです。





仕事についていけない40代の原因


なぜ仕事についていけない40代が存在するのでしょうか。

原因は以下の3つです。

・年齢による衰え

40歳を超えてから急に記憶力が衰えます。

「新しいことを覚えるのに時間がかかる」

「今までしなかったケアレスミスが増える」

など40歳を超えると別世界です。

しかし焦らず落ち着いて取り組むことで

「ついていけない」ということはなくなります。

・覚悟の足りなさ

40代になると「今までもなんとかなってきたから大丈夫だろう」

という妙な楽観論を持っている人がいます。

「今までとこれからは違うのだから、しっかりやっていこう」

という覚悟がないと、仕事についていけなくなります。

・頑張りたくない

頑張っても評価されるわけでもなくすでに

仕事そのものが面倒くさいと感じている40代は少なくありません。

「現状維持で給料をもらえるなら今のままでいい」

という40代はこれから会社のお荷物として生きていくのです。





40代が仕事が出来るようになる方法


40代であっても仕事ができるようになるには

具体的にどうすればいいのでしょうか。

・素直さを持つ

40代は「昔はああだった」とか「システムが面倒」

など、とにかく余計なことを言いたがります。

自分は黙って素直に人の話を聞くようにするだけで

かなり仕事は出来るようになります。

・勉強する

残業はイヤ、時間外で仕事に関わることをするなんてまっぴらだ

そう思ってやっていけるほど40代は甘くありません。

毎日でなくてもいいので新しいことやわからないことを

学ぶようにすると仕事が出来ずに恥をかくこともないでしょう。

・周囲とコミュニケーションをとる

40代になると若い人から「話しかけにくい」と思われ

細かい情報が入ってこないことがあります。

そうなると仕事に支障をきたします。

自分から積極的にコミュニケーションをとるようにすると

仕事がスムーズに進みますし、成果も上がります。





まとめ


40代で仕事が覚えられないと

周りにも迷惑がかかりますし本人もつらいです。

特に中途採用の場合は、新しいことを覚えるのに

時間がかかってしまい「仕事が怖い」ということにもなりかねません。

しかし素直な気持ちで仕事に取り組むことで

「使えない」「仕事ができない」と言われることはなくなります。

またコミュニケーションをとることを意識すると

周りからやる気や情報をもらえるのでおすすめです。

40代で年齢を言い訳にするのは少し早いです。

チャレンジしていくことで

新しい能力や可能性に気づくこともあります。

意識を少し変えるだけで「出来る40代」に

なれることを覚えておいてくださいね。