仕事についていけない50代の理由と対策まとめ!仕事で能力不足、自信を失ってしまい辞めたいと思う50代の理由と対策を解説します!

ミズキ
50代の方で仕事についていけずに会社、仕事を辞めようかな・・

と考えている人は今の時代多いと思います。


実際に現在働いている50代の方の約半数の50%が

「転職について考えている」と回答しているんですね。


でもその一方で「今の仕事についてけないからやめたい」

「仕事に疲れた・・」そう思いながらも

転職活動を起こす行動に移せない方もすごく多いのも事実。


また50代で仕事をやめよう、転職をしようと思ったときに

きっと多くの人が「自分のこれからの活動について相談できる相手が欲しい」と思うでしょう。


ですが実際に「転職活動をするときに相談できる相手」をみつけて

新しい職場に転職できた人も実は今増えているんです!


ケイタ
それは転職エージェントを利用して転職活動を行ったからなんですね。


「でも、転職サイトって若い人向けなんじゃないの?」


と思われている方もたくさんいるかもしれませんね。


全然そんなことはなく長い期間、その職種に働いてきた方の知識や経験を

生かすことができるのが転職エージェントです。



今まで培ってきた知識、経験を高く評価してくれる会社を探してくれます。

自分で探してどんな会社かな?社風はどうだろう?と心配するのではなく、

エージェントの方が「こんな会社でこのような方にお勧めできます」

と自分が理想とする会社を探してもらえます。


雇用主側も、どのような人材が必要かをエージェント側に伝えた形での案内になるので

その人に会った会社を提案してもらえますし

40代50代の方なら今までの経験を必要としてくれる会社が本当にたくさんありますので、

自分を高く評価してくれて、かつ働きやすい職場を提案してもらえます。


ケイタ
今回の記事では実際に転職エージェントを利用して転職に成功した50代の方に
感想を聞きましたのでご紹介しますね^^

転職に成功した50代男性の体験談
‐転職サイトは多数あるが若い人向けじゃないの?

と思っている方は是非一度利用してほしい!-



長い期間その職種に働いてきた方の知識や経験を生かすことができるのが転職エージェントです。
今まで培ってきた知識、経験を高く評価してくれる会社を探してくれます。

自分で探してどんな会社かな?社風はどうだろう?と心配するのではなく、


エージェントの方が「こんな会社です。このような方にお勧めできます」

と、自分が理想とする会社を探してもらえます。



雇用主側も、どのような人材が必要かをエージェント側に
伝えた形での案内になるので、その人に会った会社を提案してもらえます。

40代50代の方(私も50代で今の会社に転職しました)
には培ってきた知識や経験を必要としてくれる会社が多数あるので、

自分を高く評価してくれて、かつ働きやすい職場を提案してもらえます。
ネットや転職は若い方の為というのは間違った日本の風習です。


私自身は長年勤めている業界の専門エージェントで年収アップと
働きやすさアップの良い環境を50代になってから手に入れました。

始めは若い人が多いのかな?転職して大丈夫かな?という思いがありましたが、
勇気をもってお願いしたことで余裕を持った生活が出来るようになりました。

休みが増えたこと、年収が増えたことなど
今の職場で満足していない方にはおすすめ出来ると思います。

今の職場で満足していない方には転職エージェントを利用して

転職するのをお勧めします!


転職に成功した50代女性の体験談

‐50代でも十分に転職は可能なんだと実感しました。‐

私は以前仕事を代えた時、転職エージェントを利用したのですがまず必ず担当者がつきます。
私は始めは担当者は一人だったのですが、

そのうち一人また一人といい案件を持ってきてくれる方が出てきて
仕事が決まるまでに最終的に担当者は6人になっていました。

私が経歴を提出して希望の年収を言うと管理職の求人をいくつも持ってきてくれました。
私の経歴を非常に高く買っていただけたと思っています。

担当者は毎日無数の求人を持ってきてくれたので夫と一緒に必死でいい案件を探しました。
そしてついに見つけた管理職スタートの求人に応募したのですが、

担当者が面接までついてきてくれ本当にあっさり
「来月から来て」と言われその企業に内定してしまいました。


担当者は本当に親身にいろんな企業を探してくれましたのでさっそくお礼の電話をかけました。
「決まりました。何十社も探していただき本当にありがとうございました。」と言いました。

担当者も本当に喜んでくれ「来月から頑張ってくださいね」と励まされました。

私の経歴でこんな年収無理だろうと諦めかけていたのですが
ところがどっこい探せば出るわ出るわといった感じでしたので

本当に転職エージェントに頼んで良かったと思っています。


転職エージェントに登録することで

転職のプロであるアドバイザーがマンツーマンで

あなたの転職を徹底サポートしてくれますし

企業の紹介、履歴書、職務経歴書の添削などもやってくれます。


様々な理由で転職エージェントに登録することを躊躇っている方もいると思いますが


結論を言えばどんどん活用してサービスを受けたほうが良いです!


転職エージェントの担当アドバイザーは

あなたにとって思いもよらない求人の紹介や

キャリアプランを提示してくれることも少なくないですし

転職しようかどうかの判断、今転職するべきかどうか?

そういう相談ももちろん可能です。


50代からの転職活動は「失敗したくない」という気持ちが強いはずですので

ぜひ、転職エージェントに登録して相談、利用してみてくださいね!



【最大手】リクルートエージェント

リクルートグループだから業界トップの求人案件数の転職エージェント。

全国に拠点もあり土日平日夜も面談対応。


40代・50代の転職成功事例もとても多く求人も増えています。


公開求人だけでも20万件以上あり、

リクルートエージェントのみが取り扱っている非公開の求人もあります。

退職率が4%は、キャリア・アドバイザーが希望の転職を

親身になってサポートしているからこそなんですね。

なので是非登録してメインで活用したいおすすめの転職エージェントです!



今回の記事では50代の仕事についていけない、辞めたいと思う理由や

それらの対策と50代の転職活動で成功させる方法をご紹介します。



今の職場で悩んでいて転職を検討している50代の方は

きっと役立てられる情報ですのでぜひご覧になってくださいね^^

仕事で能力不足・ついていけないから辞めたいと思うのは退職理由になる?



ミズキ
結論から言ってしまうと、

能力不足・ついていけないという理由で退職はもちろんできます。


職場や職種を変えることであなたの活躍の可能性が広がるのなら

退職をして次の仕事に早めに乗り換えるべきです。

会社で能力不足を感じた時に「それでも、やらなければいけない!!」と

前向きに捉える方が良いとされていますが

そんなに簡単に気持ちは切り替えれるなら苦労はしませんよね^^;
 
「自分は半人前なんだからまだまだ頑張らないと」と謙虚に捉え

まだやる気があるうちはいいのですが

その状況が改善の兆しを見せないと自信をどんどん失ってしまい

「自己否定」を繰り返すようになり

最悪、鬱や、体調不良など心身に支障をきたしてしまうことになるでしょう。
 
そのような状態になってからでは治すのにも時間がかかり

仕事どころではなくなってしまうので

能力不足を感じていて改善する余地がないのなら

退職をして次の仕事を見つけたほうが絶対にいいと思います!


仕事についていけない、自信喪失・・50代で「会社を辞めたい」と思う理由と対策



ケイタ
50代で仕事を辞めたい・・

そう思う4つの理由と対策をご紹介しますね。


1・職場についていけない、パフォーマンスが発揮できず、もっと自分に合った働き方をしたい


「職場で仕事のについていけない、自分のパフォーマンスを発揮できない」

「会社、上司から全然評価されずやりがいを感じない」

「自分にはもっと自分に合う働き方があるんじゃないか?」


このように悩んでいる50代の方はすごく多いんですね。

仕事の情熱や、やる気はあるけど

そこから行動は続かない、頑張っても空回りしてしまう・・

そうなってしまうとモチベージョンは下がってしまいますよね。


そう思うのは「自分自身に変化が求められている時」です。


ただ、思うような成果を出せずに仕事を辞めたいと思っていても

ただ待っているだけでは状況は変わりません。

「50代になって、環境を変えることは厳しいのではないか?」

と考えてなかなか行動に移せないかもしれませんが

その変化が大変かどうか?それはだれにもわかりませんし

どのように変化するかはあなた自身が決められるはずです。


なので環境を変えるために転職をすることは立派な選択肢だといえるでしょう。

転職を成功させるためには


・自身の現在の市場価値を確認する

・自分の今までのキャリアを整理して、自分の適性や強みを再確認する

・転職のプロであるアドバイザーにパートナーになってもらい一緒に転職活動を行う



この3つがとても大事です。だからこそ転職エージェントに登録をして

転職のプロにサポートしてもらい、転職を成功させましょう。


2・職場の人間関係で悩んでストレスを感じていたり自信を失ったりしている


50代に限らず、職場の人間関係で不満を感じて

ストレスを感じて転職を検討する人はすごく多いです。

例えば古い体制に固執する昔気質の上層部、そして新しい価値観や働き方を主張する

若い世代の板挟みでストレスを感じながら働いている50代の方も少なくないでしょう。

ですが「今の年齢では簡単には転職ができない」と考えてしまい

具体的に問題を解決する行動が移せずに

ただ毎日を我慢している50代の方もたくさんいるかもしれません。

職場の人間関係のストレスを強く感じて自信を無くしてしまったり

心身ともに不調を感じているならならすぐに行動をしたほうが良いです。

ストレスがひどくなりうつ病などになってしまったら

後になって働くことが困難になりかねません。

すぐに転職ができないなら、身近に信頼できる人に相談をしたり

または心療内科などに通うのも一つの手段です。

なによりも「ストレスをこれ以上溜めない」ことを優先にして行動に移してください。


3・会社の業績が悪くて、将来に不安を感じている


会社の業績が悪く「このままではまずい」という不安を感じているけど

具体的な行動に移せないでいる50代の方はとても多いでしょう。


一般的に一つの企業に長く勤めていると昇給もして50代の所得は多くなりますが

その一方で50代になって


「年収が急に下がった」「会社の業績悪化でリストラにあった。」


という方も少なくありません。

そんな会社の業績の影響で30代、40代のころに掲げていたライフプランを

大きく変更せざるを得なくなった。という方も多いかもしれませんね。

もしも会社の業績不振、将来の不安で「会社を辞めたい」と思った時の対策は

まずその自分が掲げている不安を軽減させることが大事です。

今ある「給料が減ってしまう」「ボーナスが大幅にカットする」

または「リストラされる」「会社が倒産するかもしれない」

このような部分で危機を感じていると思います。


それらの不安をなくすために

「いつか自分は転職をするかもしれない」から「いつでも転職できる」

という風にしておけばよいのです。

50代の世代で転職を成功させている人が増えていますが

その中で「転職の時期を決めていないけど、常に転職をできる状態にしている」

という人もたくさんいるんですね。


現在の職場で働きつつも転職市場や求人情報を

チェックしつつ自分自身の職務経歴も見直しておく。

「良い求人があったらすぐに動けるようにしよう」という

転職スタイルをとっている人は転職に成功しやすいんですね。


逆に転職に失敗してしまう人に多く見られる傾向が

「必要に迫られて転職をする」というパターン。



例えば会社の急な倒産やリストラなどですぐに転職をしなくてはならない状況では

焦りや妥協が起きやすくて望まない転職をしてしまうからです。

会社の業績悪化やリストラなどいつ何が起きるかわかりません。

その時になって行動を超すよりも


「大変なことになってしまったけど、すぐに状況に対応できる」

とポジティブな気持ちで切り替えられるように早めに転職の準備をしておきましょう。


4・家庭の事情や健康問題・生活の変化など


自分自身の健康問題や家族の介護や転勤など様々な生活の問題で

転職を検討する50代の方も少なくありません。


仕事はその人の人生を豊かにするうえでの大切な手段ですが

自分自身の生活が一番大事ですからね。

特に50代という年齢になりより今後の人生や働き方を見直して

新たな可能性が見えてきた50代の方もたくさんいるでしょう。

もしも生活の問題、家庭の事情で「仕事を辞めたい」と思ったときは

速やかに行動を起こしたほうが良いと思います。

50代の「仕事辞めたい」を解決するためにするべきこと



50代の「仕事を辞めたい」を解決するためにするべきことをご紹介しますね。

これらを取り組むことで「転職をする、転職をしない」に関わらずに

あなた自身の今後のより良い人生を描き行動を起こすために役立つと思います^^


1・社内外で人脈、繋がりを充実させるようにする


40代や50代になるにつれて人間関係、交友関係は狭くなりがちです。

同じ職場の部署内など普段付き合う人が決まっていると視野も狭まってしまいます。

そういう部分から「仕事を辞めたいけど決断できず行動に移せない」

と思ってしまっているのかもしれません。


なので50代の方が「会社を辞めるべきか?」そう悩んでいる時こそ

社内外の人脈を充実させることがおすすめです。

そういう新しい人脈・繋がりができれば

新しい情報や考えに触れることができて視野が広がる

自分の今の環境や状況が客観的に分析できて、転職の判断もしやすくなる


これらのメリットがあります。

すぐにできることとしてFacebookやTwitterなどのSNSで気になるコミュニティに参加する

オフラインの集まりに参加してみるなど方法があります。

実際に転職を決める人の中では「知人の紹介」などで転職を成功させる人も一定数いるんですね。

なので50代の転職ではそういうチャンスも視野に入れておくとよいでしょう。


また人脈を充実させるというのは新しい出会いだけではなく

いままで人たちとの関係も再構築させることも含まれるんですね。

「人脈を充実」というと新しい出会いをイメージしがちですが

「これまで出会ってきた人たちとの関係の再構築」も含まれます。

以前お世話になった上司や先輩、同僚

しばらく会っていなかったプレイべーとの友人などに連絡を取ってみることから

初めて見るのもよいと思いますよ^^


2・転職エージェントに登録してプロのサポートを受ける


50代に限らずに今の仕事を辞めようと考えた時に

多くの人は「これから転職について相談できる人が欲しい」と考えるはずです。


そんなときに一番おすすめなのが転職エージェントに登録して

プロのアドバイザーのサポートを受けることです。

これまでの転職支援の経験と実績を持つアドバイザーがマンツーマンで

徹底的にサポートしてくれますので

あなたにとって思いもよらないキャリアプランを提示してくれたり

転職エージェントでしか取り扱ってない非公開の求人もたくさん紹介してくれます。

そして状況によっては「今はまだ転職せずにとどまったほうが良い」

というアドバイスを受けるかもしれません。

つまり「転職するべきか?しないべきか?」についても相談できます。

50代の転職は誰もが「失敗したくない」という想いが強くあります。

だからこそ転職エージェントに登録して

プロのアドバイザーにサポートを受けることをお勧めします。


50代で転職を成功させるためのポイント!



ケイタ
50代の方が転職を成功するためのには自分の市場価値を確認することが大事です。

50代で転職活動活動を始める前に今自分がすべきことは

自分の市場価値を確認することです。

市場市場をまず確認することで今自分がすべきこと

課題が明確になり対策も取りやすくなります。

人材の市場価値は「この人はこれだけの活躍をしてくれるだろう」

という客観的な評価で出されるもので

市場価値は転職エージェントなどの求人情報をみて

求められるスキル、今までの職務経験、年齢や年収の待遇で確認しましょう。


あなたが今持っているスキルや経験が、他社でどれくらいの待遇条件で

求められるかわかればそれが「あなたの市場価値」となります。

市場価値を把握するという課題が明確になれば対策も取りやすくなります。

「希望する年収を取り下げてみる」

「自分をより高い市場価値で評価してくれる業界を探す」

という行動もとりやすくなります。

自分一人で転職活動をすると「自分の市場価値」を客観的に分析するのは難しいと思います。

だからこそ転職エージェントのアドバイザーに相談しながら転職活動を行いましょう!

50代の転職活動でおすすめの転職転職エージェント



50代での転職は若い人に比べてたしかに簡単なものではないかもしれません。

若い世代と比べると職種の幅が確かに狭くなっているかもしれませんが

50代でも応募できる正社員の求人はたくさんありますよ!


それに現在は新型コロナの影響もあり非正規雇用が減少し逆に正規雇用が増加しています。

それはコロナ渦で現在の働き方を見直して転職を考えて行動した50代の方も多い事だと思います。

しかし一人で仕事を探すとなると求人を探し、書類選考や面接など

突破するのは難しいかもしれません。


ここまで何度もご紹介しましたが転職を成功するには

転職エージェントを利用することをお勧めします!


転職エージェントは沢山の求職者のサポートを

転職のプロのアドバイザーがサポートしてくれますし

転職エージェントでしか扱っていない

非公開求人もすごくたくさんあり、紹介してくれます。

そして企業との条件交渉(給与面や待遇など)も行ってくれますし

履歴書、職務経歴書の添削、面接の練習や選考対策も行ってくれますので

絶対に登録した方が良いです!


50代で転職活動を成功させたいなら是非転職エージェントに登録しましょう!

ミズキ
実際に転職エージェントを利用して転職に成功した50代の方が

今とても増えています!ぜひ登録して利用してみてくださいね。

転職エージェントを利用して転職を成功させた
50代男性の体験談2

50代でも十分に転職は可能なんだと実感しました。

52歳男性です、私は2021年6月中旬頃に転職する為にリクルートエージェントを利用しました、

転職理由は新型コロナウイルスの影響で長年勤めていた会社(製造業)が経営難に陥り

ボーナスは廃止され給与も減給となり仕事量も著しく減り将来性無いと判断したからでした、

リクルートエージェントを利用した時の年齢は51歳でしたが正直年齢的にスムーズに転職する事は難しいと予想していましたが

実際に利用して転職活動を行ってみると予想以上にスムーズに転職活動が行えました、

私が希望していた職種は前職と同様の製造業で管理職の業種でしたが

担当になったキャリアアドバイザーは希望条件にマッチした求人を多数紹介してくれて

面接希望した会社には面接の日程調整や必要になる各書類の作成等を全て手伝ってサポートしてくれました、

面接希望した求人先に事前に私のこれまでのスキル等をアピールしてくれて

模擬面接まで実施してくれた事もあり最終的に希望した面接先の一件から

採用を頂き無事に転職する事が出来ました、

リクルートエージェントを利用して転職活動を行ってみて率直に感じた事は

たとえ50代でもある程度スキルやキャリアがありサポートしてもらいながら

転職活動すれば転職先は案外簡単に見つかり転職出来るものなんだなと思いました、

以上になりますが現在はコロナ禍ですが比較的安定した会社で働けているので

素直にリクルートエージェントを利用して本当に良かったと思っています

転職に成功した50代女性の体験談2
– 次のステップアップを真剣に考える―

私の場合、会社の働き方の問題から体調不良にもつながったため退職を決断しました。
と言っても、コロナの影響下で、収入ダウンの穴埋めで預金を崩していた為、

退職後には直ぐに勤務しなければ生活に影響する為
時間をかけて企業の選択をする時間はありませんでした。

今回、50代の転職で、身体への負担の有無も意識して出来る仕事を探し、
複数の転職エージェントと関わる機会がありました。

私の場合は、経験した仕事以外の職種から再就職を考えていたので、
次の仕事を探している時から転職エージェントを活用した方がプラスになると感じました。

自分自身の考え方やどんな仕事が相応しいかを
第三者からの助言があれば整理しやすくなると思いますし

その上で求人媒体で希望する会社へ応募することで再就職しやすくなると思いました。

そういう理由で転職エージェントを利用して本当によかったと思います!



ケイタ
多くの転職希望者が登録して転職を成功させている転職エージェント

実際に私も利用したことがありお勧めできる転職エージェントは「リクルートエージェント」です。



【最大手】リクルートエージェント

リクルートグループだから業界トップの求人案件数の転職エージェント。

全国に拠点もあり土日平日夜も面談対応。


40代・50代の転職成功事例もとても多く求人も増えています。

公開求人だけでも20万件以上あり、

リクルートエージェントのみが取り扱っている非公開の求人もあります。

退職率が4%は、キャリア・アドバイザーが希望の転職を

親身になってサポートしているからこそなんですね。

なので是非登録してメインで活用したいおすすめの転職エージェントです!


まとめ



仕事についていけない、辞めたいと思う50代の理由や対策をご紹介しました。

「会社を辞めたい。このままではいけない」と思っているだけでは状況は変わることはありません。

転職する・市内の判断は別としても

まずは「今よりも良い状況に向けて一歩踏み出していくこと」を意識しましょう。

その一歩として転職エージェントに登録して求人を探してみる、

アドバイザーに相談してみるだけでも気持ちが楽になると思いますので

是非転職エージェントに登録してみてくださいね^^



【最大手】リクルートエージェント

リクルートグループだから業界トップの求人案件数の転職エージェント。

全国に拠点もあり土日平日夜も面談対応。


40代・50代の転職成功事例もとても多く求人も増えています。

公開求人だけでも20万件以上あり、

リクルートエージェントのみが取り扱っている非公開の求人もあります。

退職率が4%は、キャリア・アドバイザーが希望の転職を

親身になってサポートしているからこそなんですね。

なので是非登録してメインで活用したいおすすめの転職エージェントです!