会社を今すぐ辞めたい!ストレスで即日退職したい。入ったばかりの会社を辞める方法や急に仕事を辞める方法をご紹介します。




仕事や人間関係が辛くて、すぐにでも退職したいという方や

入社したばかりだけれど退職したいという方もいると思います。

しかし、即日退職することや入社して

すぐ退職することは気まずくなりそうだし、難しそうですよね。

そもそも即日退職はできるのか

わからないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、即日又は急に退職する方法や

入社したばかりの会社をすぐに退職する方法について紹介しています。

今の職場でこれ以上働くことが難しくて

困っているという方は是非参考にしてくださいね。





入ったばかりの会社をやめたい・・


採用が決まり、新しい会社に入社したものの

仕事内容が思っていたものと違っていたり

自分には合わない職場だったことがわかったりして

すぐに辞めたくなることは珍しい事ではありません。

入社したばかりだとまだ仕事もよくわかっていないし

人間関係もこれから構築されるのだから

我慢して働いてみた方がいいという考え方もあります。

しかしストレスが多すぎて耐えられない場合に無理をして働き続けると、

うつ病などの精神疾患にかかったり、体調を崩したりする恐れがあります。

また働き続けることが難しい場合に我慢して働いても

そのうち退職してしまうのであれば無駄な努力となってしまう可能性もあります。

今の仕事に心身が耐えられないときや

我慢して働き続けても改善が難しそうなときは

見切りをつけて退職してしまう方がよいでしょう。





退職が認められるケースは?


基本的に退職は2週間前までに申し出る必要がありますが

即日退職が認められるケースもあります。

就業規則や労働基準法などで退職を申し出る期間が決められていても

会社が同意すれば即日退職も可能です。

即日退職や急な退職が認められやすいケースとして

体調不良や家族の看病等で出社することが困難になった場合があります。

仕事がどうしてもできない場合は、会社も即日退職を認めざるを得ないからです。

入社したばかりの時も特に引継ぎも必要ないことが多く

これ以上業務を教えることもムダになるので

即日退職が認められやすいといえます。

また、厳密には即日退職とは言えないかもしれませんが、

退職届を会社に提出しそれ以降は有給休暇又は欠勤にすれば、

これ以上会社に行かなくても退職することは可能です。





即日退職って違法なの?


期間を決めずに雇用契約を結んでいる一般的な正社員の場合は、

法律により、退職の申し出をした日から

2週間経過すれば退職することができるとなっています。

逆に言えば、退職の申し出をしたその日に退職する

「即日退職」は法律で認められておらず、違法といえます。

会社が即日退職に同意すれば問題ありませんが

会社が認めない場合は即日退職を主張できません。

しかし退職の申し出をした日から仕事に行かずに退職することは可能です。

退職の申し出をした日以降は、

有給休暇を取得したり欠勤にしたりすればよいのです。

但し、欠勤にする場合もきちんと会社に欠勤すると伝えましょう。

無断欠勤してしまうと懲戒処分の対象になる恐れがありますし

会社にも迷惑が掛かります。

退職手続きがスムーズに進みにくくなる可能性もあります。

きちんと欠勤すると伝えた証拠が残るように

メールや書面で伝えることをお勧めします。





会社員が入ったばかりの会社を今すぐ辞める方法


会社員が入ったばかりの会社をすぐに辞める方法として、

まず、上司に退職したいと相談することをお勧めします。

先程も述べた通り退職の意思表示をしてから2週間経たなければ

退職できないことになっていますが

会社が即日退職に同意すれば問題ありません。

入社したばかりだと引継ぎすることも少なく

会社も即日退職を認めてくれる可能性が高いです。

会社が即日退職を認めないときは、

退職届を提出し退職日まで欠勤する方法もあります。

この時注意することは「退職願」ではなく「退職届」を提出することです。

「退職願」は会社に退職に同意するよう依頼するものなので

会社の同意がなければ退職できません。

「退職届」は退職の届け出なので会社の同意は不要です。

また、無断欠勤にならないよう欠勤することをはっきり伝えることも大切です。





ストレスで即日退職をしたいときは退職代行サービスを利用しよう


ストレスで仕事を続けることに耐えられず

即日退職したいときは退職代行サービスを利用することも手です。

ストレスで精神的に辛いときは会社に退職の相談をすることも難しいかもしれません。

また、即日退職したくても手続きがよくわからない時や

会社が退職届を受け取らない時も自分で即日退職をすることは困難です。

しかし、退職代行サービスを利用すれば

あなたの代わりに会社と退職の手続きや交渉を行ってくれます。

退職に関して知識と経験が豊富なので

退職手続きもスムーズに進むことが期待できます。

社員からの退職届を拒否する会社も第三者からの連絡には対応せざるを得ないでしょう。

即日退職したいけれど自分一人で手続きすることが難しい方には

退職代行サービスをお勧めします。

但し弁護士資格のない人が退職代行サービスをすると、

一部の業務については弁護士法違反とされる可能性もあるので

安心できる業者かしっかり確認してから相談しましょう。





まとめ

 

法律によれば基本的に即日退職は認められませんが

会社が同意すれば即日退職は可能です。

特に入社したばかりの場合は引継ぎもなく、

会社も即日退職を認める可能性が高いので、

まずは上司に相談することをお勧めします。

会社が即日退職を認めなくても退職日まで欠勤したり、

退職代行サービスを利用したりすればこれ以上出勤しなくても済みます。

ストレスや仕事の辛さなどですぐにでも退職したい場合も

いろいろな手段がありますので、

バックレたりせずきちんと手続きして、気持ちよく退職しましょうね。