40代で仕事に限界を感じたら辞めてもいい?40代で仕事に飽きたり、40代の女性で仕事ができない原因仕事に限界を感じた時の対処法まとめ




仕事に限界を感じて、40代に入ってから

「仕事を辞めたい」と一度は思ったことがあるはずです。

しかし実際に辞めるとなると勇気がいります。

40代は今まで積み上げたキャリアを誇りに思っている一方で

「頑張っても先が見えている」「なんだかしんどくなってきた」

と、感じることも多くなっています。

また40代になると仕事そのものだけでなく

人間関係や体調面でも限界だと思うことが増えてくるのです。

今回はそんな「仕事に限界を感じているあなたが辞めたいと思う理由とその対処法」

に、ついてご紹介しますね。





40代だけど仕事に飽きて限界、もう辞めたい・・


仕事がイヤになったわけではないけれど

毎日同じことの繰り返しで飽きてしまっていないでしょうか。

または慣れすぎて単調になり「この仕事はもういいかな…」

と、感じて転職を考える人もいます。

同じような毎日はラクである反面

自分の仕事に重要性を感じられなくなります。

「定年までこの仕事を続けていくのか?」

「辞めるにしても、すぐに次の仕事が見つかるわけではない」

いろいろと考えてしまいますよね。

「40代がまだそんな青臭いことを考えているの?」

と、思う人もいるかもしれませんが、悩みに年齢は関係ありません。

辞めたいと思いながら、定年まで今の仕事をすることを想像してみてください。

けっこううんざりします。

実際に辞めるかどうかはひとまず置いておいて

一度求人情報を見てみてはいかがでしょうか。

新しい発見があるかもしれませんし今の会社の良さがわかるかもしれません。





働くのが怖い、仕事から逃げたい40代の理由


働くのが怖くなり、仕事から逃げたいと考えてしまう例を挙げてみます。

・ミスできない

大きなミスはもちろん、小さなミスも恥ずかしいと感じてしまうのが40代です。

さらに上司や取引先に叱責されてしまうと若い人以上に

「働くのが怖い」と感じてしまいます。

・上と下にはさまれる

40代だと部下の指導も業務に入ってきます。

また上司から責任の重い仕事を任されたり

仕事を増やされたりすることも多いでしょう。

「しんどくて逃げたい」と思うのは無理ありません。

・仕事についていけない

もともと向いていなかった仕事であっても若いうちはなんとかやってきました。

しかし40代になると気力が減退して「仕事から逃げたい」と思うようになります。

・体もついていかない

40代になると明らかに疲れの残り方が違ってきます。

仕事のパフォーマンスにも影響するので「うまく仕事ができないのではないか」と怖くなります。





40代で仕事が出来ない女性の特徴


40代で仕事ができない女性は、以下の3つのタイプがいます。

・給料だけほしい

何もせず、ただ就業時間その場にいれば

給料がもらえると勘違いしている女性がいます。

仕事ができないことに対して罪悪感や負い目を持っていないのが特徴です。

たぶん20代からずっとそのように生きてきたので

40代で改善されることはありません。

・言い訳が多い

「私、知りません」「そんなことまで自分の仕事だと思いませんでした」

と、いった言い訳をする40代は、責任感がないので仕事ができません。

仕事ができないにも関わらずプライドだけ高いのが特徴です。

・パワハラする

自分の派閥や味方を作って誰かを攻撃しようとする人は仕事ができません。

仕事に集中していれば、パワハラする暇はないはずです。

たとえ能力が高くても職場の雰囲気を悪くするので

ただ仕事ができない人よりやっかいです。





40代で仕事に限界を感じたときの対処法。


40代で仕事に限界を感じたときは、以下の対処法を試してみてください。

・睡眠時間を多くする

仕事が限界だと感じる原因は、年齢や仕事内容だけでなく

実は睡眠不足からきていることがあります。

30分でもいいので早く寝ることを心がけてみましょう。

体調が整って限界を感じにくくなります。

・仕事を減らす

仕事量や残業時間で限界を感じているなら

減らす方向で上司や周囲と相談することをおすすめします。

少しでもいいので誰かに任せることで、精神的な負担がグンと減ります。

頼んでみると、案外快く引き受けてくれるものですよ。

・仕事以外に目を向ける

仕事に限界を感じるなら、それ以外に目を向けてみましょう。

・趣味に生きる

・気になっていた副業を在宅でやってみる

・資格の勉強をする

限界を感じているということは「楽しくない状態」なのです。

なんでもいいのでワクワクすることをやってみましょう。





40代で仕事に限界を感じて転職をするのはみじめじゃない!


このまま今の仕事を続けたとしても「本当はもっと違うことがしたかった」

と、後悔することだってあります。

どうしても限界なので辞めたのなら

みじめに思うことはまったくありません。

あなたとその仕事とのご縁はそこまでだったのです。

「ずっと長く同じ会社に勤めていて素晴らしいですね」

という評価が、あなたの心を満たすでしょうか。

仕事に限界を感じているのに我慢して働いて

もし病気になってしまったら働くこと自体ができなくなります。

病気になっても世間は責任を取ってくれません。

家族や大切な人と相談して決めたことならば、それでいいのです。

だ40代の転職は困難も多いので、よほどの事情がない限りは

次を決めてから辞めることをおすすめします。

じっくり探せば、あなたに合う仕事はきっと見つかります。





まとめ


仕事に限界を感じるまで頑張ってきたあなたはきっと真面目な人なのでしょう。

誰かに任せることができる仕事なら、周囲と相談して

仕事を減らすことで限界を超えることがなくなります。

また仕事のできない女性に振り回されて大変なのかもしれません。

人間関係の限界でしたら、転職も視野に入れておいたほうがよさそうです。

40代での転職は決してみじめではありませんが、大変なのも事実です。

今の仕事を続けることに越したことはありません。

辞めるのはいつでもできます。

退職する前にぜひご紹介した対処法を試してみてくださいね。