腰痛で仕事を辞める時の対処法まとめ!腰痛で仕事を辞めるときの伝え方の注意点・腰痛でも安心して次の仕事を見つける方法をご紹介します。




ミズキ

腰痛で今の仕事を辞めたいけど次の仕事見つかるかな・・?

もし見つかったとしてもまた腰痛に悩まされたり

働けなかったらどうしよう・・


ケイタ
大丈夫です!腰痛が原因で勤めていた職場を辞めるために

転職活動をして、その結果転職に成功した人はたくさんいますよ!


ただ、転職をするって注意点がいくつかあり

特に大事なのが職種選びや仕事内容


ここの部分はしっかりと押さえておかないと

転職をしても、今の職場と同じようにまた腰痛に悩まされてしまうでしょう。


とは言っても、事前にまだ働いていない次の会社の事を

詳しく調べたりするって難しいですよね。


では、どうしたら良い転職先に出会えることができるのでしょうか?


転職をするのに一番おすすめなのが「転職エージェント」を利用することです!


転職エージェントは担当の転職アドバイザーがいて

自分の腰痛のことを相談できますし、親身になって相談にのってくれます

そしてそういう状態でも働ける非公開の求人をたくさん紹介してくれるんですよ。


腰痛がひどくなって働けなくなる前に一日でも早く

転職エージェントを利用して転職をして

今よりずっと良い求人に出会う事が出来ていますので

是非登録をして相談してみてくださいね!


ミズキ

転職支援サービスはリクルートエージェントがお勧めです!



【最大手】リクルートエージェント

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1。

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので

転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも

あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つることができます!




そもそも腰痛が理由で仕事を辞めていいの?



ミズキ

腰痛が理由で仕事を辞めるつもりだけど

腰痛で仕事をやめるのってそもそも大丈夫なのかな・・

腰痛、ぎっくり腰、ヘルニアってなかなか他人に伝わりずらい退職理由ですよね。

例えば上司に腰痛で仕事を辞めると伝えても

少し腰が痛くなる程度の腰痛だったら誰しもが経験ある事なので


「その程度で退職なんて甘えだろ!」


人によってはそう思われてしまうかもしれないんですよね。

特に立ち仕事とか腰を酷使する仕事


介護福祉や工場での作業、保育士や介護士やエステなどのサービス業・・

このような職種は皆腰を痛めがちなので

腰痛で退職をしたいと伝えても「みんな我慢しているんだよ」と

会社に言いくるめられるかもしれません。


ですが、いうまでもなく腰が痛い状態で今の仕事を続けても

絶対に良くならないので腰が痛くて会社を辞めたいと思ったのなら

それは立派な退職理由になります。

ケイタ
腰痛で仕事を辞めて転職をする人はたくさんいます。

甘えではなく立派な退職理由になりますので

安心して転職エージェントに登録して転職活動をしましょう!



ヘルニアやぎっくり腰、正社員が腰痛で退職するときの伝え方の注意点




ケイタ
腰痛で仕事を実際に辞めている人はたくさんいますので

大丈夫だとお伝えしましたが、退職する際に伝え方を間違えると

トラブルになってしまうので注意が必要です。


もし腰痛で仕事を辞めるときは

まず上司に退職の意思を伝えましょう。


円満に退職したいのであればいきなり会社に

退職届や退職願を提出することは避けた方が賢明です。


上司に相談もせずに退職願等を出すと上司もいい気がしませんよね。


円満退職には上司の理解と協力が必要ですので

できるだけ退職に納得してもらえるよう気を遣うことをお勧めします。


もし腰痛のひどさが伝わらないときは

診断書を用意してもらうと理解してもらいやすくなります。



なので上司に腰痛が原因で退職したいと伝え

上司が納得してから退職願を提出することが理想です。

ただ、上司が退職に納得せず引き留めることもあります。

その時は会社に退職届を提出しましょう^^

退職理由は一身上の都合とすればよく

腰痛が原因など詳細な原因を書く必要はありません。


腰痛で退職することはおかしくない、

ちゃんとした退職理由になりますので

安心して転職エージェントに登録してくださいね!



腰痛で仕事を辞めるときは診断書は必要?



ケイタ
腰痛で仕事を辞めるときに診断書は必要ありません。

診断書がなくても労働者が退職したい場合は

退職日の2週間前に申し出ることにより基本的には退職できますし

会社から診断書を求められた場合、拒否して退職することも可能です。

ただ、診断書を会社に提出することで

腰痛のひどさを会社にも理解してもらいやすくなり

退職手続きがスムーズに進むこともあります。


会社側や上司も診断書を出されては

腰痛で仕事を辞めるのは甘えだと言いにくくなり

退職を認める可能性が高くなります。

ただ、診断書をもらうためには2000円以上の料金がかかりますので


まずは診断書なしで腰痛が原因で退職したいと

上司に相談してみることをお勧めします。



ミズキ

それでも納得してもらえそうにない時や

診断書を求められたときには

診断書を用意しても十分間に合いますよ^^



腰痛でパートを辞めたいと悩んでいる方も次の仕事は見つけられます!



正社員のみならずパートで働いている方も

腰痛で苦しんでいる人はたくさんいると思います。


毎日が地獄のような日々、夜ぐっすりと眠れなくて

朝がくれば家事をしてパートに行かなければいけない‥

パート先では腰を駆使するばかり・・


「もうこんなパートの仕事辞めてしまいたい!」


そんな腰痛で苦しんでいたけど

正社員の仕事を見つけて以前の職場よりも

ずっと働きやすい職場環境を手に入れた人はたくさんいます。

それは皆転職エージェントに登録して

求人を紹介してもらったからなんですね。


なのでもし腰痛でパートを辞めることを考えているのなら

転職エージェントに登録して求人を紹介してもらったり

探してみるのが良いですよ!



私が実際に登録、利用したおすすめの転職エージェント




腰痛で今の仕事を辞めて転職、働きやすい職場環境を

手に入れるためには転職エージェントの利用は必要不可欠です。


とはいっても数あるサービスの中で

どの「転職エージェント」を利用すればよいのか?

迷うかもしれませんよね。


私が実際に転職登録・利用してみた中で最もおすすめなのが

「リクルートエージェント」です。



転職エージェントに登録すると担当の転職アドバイザーがついてくれて

アドバイザーに自分の腰痛のことを相談できます。

その上で腰痛を持っていても働ける沢山の求人を紹介してくれるんですね。

また他には紹介されていない、非公開の求人などもご紹介してくれますので


転職エージェントに登録するなら「リクルートエージェント」がお勧めです!


完全無料ですので、まずは登録して相談してみてくださいね^^




【最大手】リクルートエージェント

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1。

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので

転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも

あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つることができます!




まとめ



腰痛で仕事を辞めて次の職場が見つかり働けるのか?


そう悩んでいるのはあなた一人ではありませんし

同じように悩んでいたけど転職エージェントを利用して

ずっと働きやすい環境を手に入れることができた人が沢山いますので

あなたも転職エージェントを利用すれば

必ず今より良い職場環境を手に入れることができますよ。


「リクルートエージェント」にまずは登録して相談しましょう!

あなたが良い職場に出会えるように応援しています^^