仕事が出来ない人の共通点!仕事が出来ない人の性格、話し方や仕事が出来ない人の指導や改善方法などをご紹介します。




「あの人は仕事が出来ない」よく会社で噂になりますよね。

もしかしたら自分も仕事が出来ないと

社内の人に思われているのではと心配になっている人もいるでしょう。

またはあなたが仕事が出来ない人のフォローを頼まれ

苦労している場合もあるかもしれませんね。

ではどうしたら仕事が出来ない状態から

改善させることができるのでしょうか?

この記事では仕事のできない人の共通点や指導方法を中心にお伝えしていきます。





仕事が出来ない人に共通する特徴 


仕事をするのは一人だけではできません。

仕事ができない人は一言でいうと自分だけで

仕事をしていると思い込んでいる人です。

周囲の人を大切に考えていないのです。

協調性がなくコミュニケーションが不足。


例えば報連相をしない、締め切りを破る、など周囲の人が困ることをします。


自分は仕事ができると思い込んでいると

人の意見を聞かないので指摘されても修正が難しいです。

ミスが多い、何度言われても同じ間違いをする人が仕事ができないと思いがちです。

しかし、周囲と協力しあえる環境であるならばミスの確認をしてもらえたり、

ミスを早めにカバーしてもらえて問題にならないことがありますよね。

ただし自分だけフォローしてもらっているもかかわらず

自分は協力しない人は協力してもらえなくなります。

逆に仕事ができる人は、アンテナを張り、周囲に気を使える人です。





仕事が出来ない人の性格や話し方でわかる?

 

周囲にはバレます。なぜならば周囲の気分を

損なうことに気が付けない人が仕事が出来ない人だからです。

また仕事が出来ない人はネガティブで人のせいにする傾向があります。

周囲の人が不快になることを気づかず何気なく言ってしまう言葉があるのです。


仕事ができない人の口癖ランキングによると、上位にあげられるのは


・ネガティブな発言(でも、めんどくさい、忙しい、疲れた) 

・周囲をを不快にする舌打ち、ため息

・自分が間違っても正当化する、人のせい(教えてもらっていない)


ご覧の通り何気なく言ってしまいそうになる発言です。





仕事が出来ない、覚えられないのはもしかしてうつ病などの病気?


今まで出来ていた仕事ができない状況であるのならば注意が必要です。

ケアレスミスの連発や全く物事が頭に入らない状況であるのならばうつ病の可能性はあります。

しかし、仕事が 出来ない原因はうつ病だけではありません。

例えば発達障害、適応障害など他の精神疾患、

脳梗塞の発症など身体的な問題の可能性もあります。

こういった疾患は、本人よりも周囲の人のほうが気が付きやすいです。

例えば同僚が仕事をきちんとやろうとしているものの、

何度も同じところを見返しているだけでまるで進んでいないなどです。

気になる方は専門機関の受診をおすすめします。

もちろん仕事ができない理由はこういった疾患以外にも原因があります。

大事なことは、どういうミスがどんな原因で起きているのかを分析することです。





仕事が出来ない人のせいで疲れる、仕事が出来ない人の接し方

 

同僚や後輩が仕事ができないとあなたがフォローすることになり大変疲れますよね。

何度注意しても、指導しても変わらないのですから、あなたの努力が報われません。

失敗が直らないからといって強く指導すれば、相手からの反発を招きます。

仕事が出来ない人が自分を変える努力をしないとあなたがいくら努力しても状況は変わりません。

指導方法、やり方を工夫することはいいことですが、自分だけで抱え込まないでください。

負担になっているのであれば、上司や先輩と相談するなど周囲の人も巻き込みましょう。

自分の指示や指導が悪いのかと、自分を責めすぎないでください。

他人が変わらないことに対して諦めも必要になってきます。





仕事が出来ない人の改善、指導方法


まず一番重要なのは仕事ができない原因が何なのかを分析をすることです。

思い込みが激しいせいなのか?仕事の手順がおかしいせいなのか?

人により原因は違います。その上で指導しますが

あなたがどんなに指導しても変わらない可能性はあります。

基本的にコミュニケーション能力が低い傾向にある人なので

周りの環境に溶け込むことができれば、改善することもあるでしょう。

仕事ができない部下が悪いからという立場で指導すればうまくいきません。

部下のプライドを傷つけたり、やる気をそいでしまうからです。

一番やってはいけないのはパワハラです。

人格を傷つけたり人前で激しく叱責することをやってしまうと

たとえどんなに部下が悪くても、状況が悪化します。

また修正してほしいポイントを伝えたつもりでも

全く部下に伝わっていない可能性はあります。

部下に理解度を確認しつつ、指導を行う必要があります。





まとめ


仕事をするうえで仕事が出来るか出来ないかはとても関心のある事柄です。

仕事で失敗したらなぜ失敗したのか?原因を分析し繰り返さないようにしましょう。

そのうえで周囲に対してアンテナを立て、

人の忠告には耳を傾け人とうまくやっていこうという心構えが必要です。

こういった日々の努力で仕事が出来ない人の汚名を返上することができるでしょう。

ただし周囲の顔色ばかり伺うのもいけません。

人の望み通り仕事をすることや人と同じようにやることが目的になってしまうと、

仕事の本質が見失われてしまいます。

あくまで自分の負担にならないように仕事の相手を最低限尊重する程度で差し支えないのです。