仕事はつまらないのが当たり前?ただ耐えるしかないの?今仕事がつまらなくて苦痛を感じてるあなたに原因と対処法をご紹介します。




「毎日の仕事はつまらない・・」「ただずっと耐えるしかない・・」

そう思って毎日我慢している人って本当にたくさんいると思います。

一日の大半を過ごす職場での仕事がつまらないなんて本当に苦痛ですよね。

そこで今回は毎日の仕事がつまらなく苦痛を感じているあなたに

仕事がつまらない原因と対処法についてご紹介しますね。





仕事はつまらないのが当たり前とただ、耐えていませんか?


仕事がつまらなくて悩んでいる人はたくさんいるのではないでしょうか?

仕事が楽しくて楽しくて仕方がないという人はそんなにいないかもしれませんね。

しかしつまらなすぎて毎日仕事に行くのが

苦痛になっている人はつまらなくてもたえるべきなのでしょうか?

答えは「いいえ」です。

仕事とは当たり前のようにつまらないものではありません。

仕事とはつまらないものなどという人がいれば

非常に狭い視野しか持っていなくて世の中を知らない人といえるでしょう。

仕事がつまらないのに耐え続けてしまうと

自分の人生もつまらないものになってしまいます。

特に若い人は「仕事の楽しさというのはあきらめてはいけない」

ものだと理解しておいてください。

そして仕事がつまらないからそのストレスをギャンブルや過剰な恋愛、

友人や家族への必要以上の関与などに興味を向けてしまうと

人生のバランスがどんどん崩れていってしまいます。

仕事がつまらないからといって変なストレス解消の仕方をして

しまうくらいならつまらない仕事を辞めてしまいましょう。





仕事がつまらないと感じる原因


仕事がつまらないと感じる原因は主に4つです。


・仕事をやる目的があいまい


その仕事をやる目的・目的が見えていないのに

あれもこれもやらなければいけない。

自分が本当に「やりたい」と思っていることと

目の前の仕事がどうつながるのか分からないと

仕事がつまらないと感じてしまいます。


・人間関係が悪い


前向きに仕事をするうえで職場の居心地の良さは非常に重要です。

職場で自分が質問をしたり意見を述べたりしても

誰も馬鹿にしないと信じられる人間関係で協力し合える職場ならいいのですが

過剰に気を使ったり身構えたりする人間関係だと

常に息苦しさを感じてしまい職場から逃げたくなるしつまらないと感じるでしょう。


・コミュニケーションが円滑にとれていない


コミュニケーションが円滑にとれていないことによってストレスがたまり

仕事がつまらないと感じてしまうことはよくあります。

自分の意見がなかなか相手に正しく伝わらなかったり

会話の輪に入れず、なんとなく壁を感じしたり

相手のニーズや要求をくみ取り間違えて、二度手間を発生させてしまったり

このようなコミュニケーションが続くと

だんだん自信を無くしてしまい結果仕事がつまらなく感じてしまいます。


・マンネリ化して成長が見えづらい


人間関係が良好であっても仕事で自分の成長が

実感しづらいときは仕事がつまらないと感じるものです。

この1年間を振り返ってみて新しくできるようになったことが思い浮かばない

毎日同じことの繰り返しで、新しいことに挑戦できていない

自分が何を達成したのかがよくわかっていない

そうやって成長が感じられないと仕事がつまらないと感じてしまいます。





仕事がつまらないと感じている時の対処法


仕事がつまらないと感じているのにそのままにしておくのは賢明ではありません。

原因がわかっているなら改善したほうがいいですし

わかっていなくても何が原因なのかをハッキリとさせておいたほうがいいでしょう。

仕事がつまらない時の対処法として3つ挙げておきます。


・上司に直接相談してみる


今の仕事がつまらないのであれば、新しい環境に挑戦して

気持ちを入れ替えるといいかもしれません。

そこで上司に移動願を出してみてはいかがでしょうか?


・定時で帰宅してアフターファイブを充実させる


仕事を終えアフターファイブを充実させれば

たとえどんなに仕事がつまらなくても

仕事の後の楽しみがあることで充実した一日を過ごせると思います。


・思い切って転職を考えてみる


仕事がつまらないと感じるなら思い切って

転職を考えてみることも有りだと思います。

つまらない仕事をずっとやり続けることでストレスが溜まり

そのストレスを放置すると体や心の病気になってしまいます。

病気になるくらいなら転職をして少しでも良い環境を作ったほうがいいです。





仕事がつまらないと感じてる人のおすすめの職業ってどんな職業?


仕事には向き不向きがあります。

「おもしろくない」「つまらない」「楽しくない」といったことを感じた時

自分が楽しいと感じる職業はなんだろう?と考えますよね?

自分に合った仕事に就きたいと思っているのは

誰もが考えていることだけどどうしたら

自分に合った仕事を見つけることができるのでしょうか?

ポイントは3つです。


・その仕事に情熱はあるか?


自分に向いている仕事の中で大切な要素の一つは

その仕事に情熱があるかどうかです。

楽しいと思えることが適職には重要なのです。


・その仕事は他人にはできないが、自分はできるか?


他人にはできないが自分にはできる仕事であるほど適職に近いです。

なぜなら、仕事の価値は他人ができないことを代わりにすることにあるからです。


・その仕事は稼げるのか?


仕事をする目的の一つはお金を稼ぐことです。

そのため稼げる分野で働くのは重要な要素です。

なぜならお金になりやすい職種となりにくい職種があるからです。

例えばプロゲーマーは稼ぐのが難しい分野です。

それはプロゲーマーがいなくても世間の人の生活に影響しないからです。





仕事がつまらないを耐え続けるなら思い切って転職をした方が良い!


今の時代多種多様な生き方が可能な時代になってきています。

それならば仕事の在り方も多種多様なものがあっていいはずなのです。

つまらない仕事でも続けるべきだとか言う人もいますが

時代が変わってきたのです。働き方も変えるべきです。

今やフリーでも十分仕事をやっていける時代になってきているので

会社に行ってつまらない仕事を我慢して続けるくらいなら

思いっ切って転職でもフリーに転身でもして自分の心を救ってあげるべきです。

人は少しの変化で幸福度は上がりますし

環境が変わることで楽しくなることもあると思います。





まとめ


仕事はつまらないのが当たり前なのかもしれません。

しかしつまらない仕事を続けることで

私たちの人生に好くない影響が出てくるようなら

行動に出たほうがいいかもしれませんね。

私たちの人生はほかの誰でもない私たちだけの人生なんですから。

時代は変わってきているのです。

私たちはこれからの時代を生きていくのに

新しい知識をつけそれを後世に伝えてあげることで

さらにまた新しい時代が作られていくのではないでしょうか?