出戻り社員がまた辞めるのは大丈夫?「出戻りはやめとけ」と言われる理由や出戻りの会社からまた転職をするときの退職理由などをご紹介します。




一度退職した後、再入社した社員のことを「出戻り社員」と言ったりします。

出戻り社員だと、会社や仕事の事はすでに経験していてわかっている

と、いうメリットはありますが肯定的にとらえられないことが多いのも事実です。

この記事では、出戻り社員となるときの注意点や

出戻りの会社を退職するときの理由の言い方などについて紹介しています。

一度辞めた会社に再入社しようか悩んでいる方や

出戻り社員だけれどまた辞めたいという方は是非参考にしてくださいね。



出戻り社員がまた辞めるのは大丈夫?


出戻り社員が再度退職することはもちろん可能です。

出戻り社員は辞めてはいけないという法律があるわけではありませんし

職業選択の自由が認められているので、転職も自由といえます。

しかし、デメリットもあることに注意が必要です。

出戻り社員が退職した場合、さらに再び入社することは

難しいと思わなければなりません。

転職先が決まらなかったり、転職先の条件が決まらなかったりして

もう一度出戻りたいと思っても会社も信頼できないと感じ

採用しなくなる可能性が高いです。

また別の会社に転職する際も、出戻りの会社を再度退職していると

あまりいいイメージは持ってもらえないでしょう。

出戻り社員で再び辞めたいという方は

これらのデメリットも理解した上で、決断することをお勧めします。



出戻りは後々後悔する?「出戻りは辞めとけ」と言われる理由


出戻り社員として元の会社に再入社するときに止められる理由として

一つ目に、人間関係が難しくなりやすいことを挙げることができます。

自分が退職した後に元の部下や後輩が昇進していて

彼らの部下になってしまう可能性も大いにあります。

お互いやりにくいと感じる場面が出てきてしまうでしょう。

二つ目は、仕事や会社のシステムなどが変わっている部分と

変わっていない部分が混同しており

混乱して思わぬミスを犯してしまう可能性があることです。

変更点を完全に把握することは困難で

間違えたりミスを起こして問題になったりする恐れがあります。

三つ目は、待遇や条件などを低めに設定される可能性があることです。

能力や実績があっても、それに見合った待遇にすると

その会社で頑張り続けている他の社員に不公平感が出てしまうため

低く設定するということが考えられます。



出戻り社員は以前より働きづらくなり周りからも嫌われる?


出戻り社員は以前より働きにくくなり、周りからも嫌われたり

冷たい目で見られたりする可能性は少なくありません。

一度退職したことを裏切りと考える人もおり

出戻り社員だというだけで信頼できない人物だと思われることもあります。

またわざわざ出戻ったのだから、

成果は人一倍上げるべきだとプレッシャーをかけてくる人もいます。

もちろん、出戻り社員は社内のことをすでに知っており

教育が楽ということから歓迎する社員もいますし

出戻ってくれたことを純粋に喜ぶ社員もいます。

出戻り社員は必ず周りから嫌われ働きにくくなるというわけではありませんが、

ただの新入社員に比べ嫌われやすくなる要素は多いことを肝に銘じておきましょう。



出戻り会社を辞める時、転職をするときの退職理由はなんて言えばいい?


出戻った会社をまた辞める場合

普通の退職よりも退職理由は言いにくいものです。

その中でおすすめの退職理由として、

一つ目に新しい仕事に挑戦したくなったということを挙げることができます。

前向きな退職理由であれば言われた相手も否定しにくいでしょう。

二つ目におすすめの理由は身体的又は精神的に辛いことです。

出戻り社員だと人間関係が難しくなりやすかったり

前の時よりも厳しくなったりすることがあるので

その場合は比較的理解されやすい退職理由だといえます。

その他にも家族の介護などは

受け入れやすい退職理由といえますが嘘をつくことはやめましょう。

出戻り社員で再度退職するだけでも印象は悪いのに

退職理由も嘘だと会社側もいい気はしません。

出来れば受け入れられやすい理由を選びたいものですが

あくまでも正直に理由を伝えた方がトラブルになることを防ぐことができます。



辞めた会社に戻らないように転職をするときは転職エージェントを利用しよう。


一度退職した会社に出戻ると周りの人との人間関係が悪くなりがちであったり

再度退職したくなっても言い出しにくかったりといろいろな問題があります。

出戻りを防ぐためには、転職エージェントを利用して転職することをお勧めします。

出戻りになってしまう原因は、転職先がなかなか見つからないことや

転職した会社が合わず早い段階で退職してしまうことが多いです。

逆に言えば、転職先を早めに見つけることや

自分に合った転職先を見つけることが出戻りを防ぐために有効です。

転職エージェントは、転職者本人の代わりに応募先企業に連絡したり

希望に合った求人情報を集めてくれたりします。

そのため、転職活動をスムーズに進めることができますし

希望に合った求人を探すことができるのです。

転職エージェントを利用し、自分に合った転職先を素早く見つけることで

辞めた会社に戻ることになる確率を減らすことができます。



まとめ

 

出戻り社員にはメリットもありますが

労働条件を周りより低めに設定される可能性があることや

人間関係が複雑化し、嫌われやすいことなどデメリットも少なくありません。

出戻ったけれどやはり無理だと思い

再び退職したくなっても再度の退職だと言い出しにくく

納得してもらうことも普通の退職よりも大変になる恐れがあります。

出戻りは転職がうまくいかない時に起こりやすいため、

転職活動を成功させることが出戻り社員となって苦労することを防ぐためには大切です。

転職活動を成功させるためには転職エージェントの

助けを借りることも有効ですので、検討してみてはいかがですか。