職場の雰囲気を悪くする女の特徴と対処法まとめ!職場で人の気分を悪くするやばい女の特徴・職場の雰囲気を壊す女性の対処法をご紹介します。




職場で雰囲気の悪い環境で仕事をするのは誰だって嫌ですよね?

ほとんどの人は職場が悪い空気にならないように

注意を払いながら仕事をしていると思います。

しかし世の中には「空気が読めない人」という者が一定数いて

職場の空気を簡単に壊してくる人がいます。

今回は職場で人の気分を害してくる人や

職場の空気を壊してしまう女性の特徴などを調べてみました。

このような女性が職場に居て今まさに、困っている人は一度目を通してみてください。



職場の雰囲気を悪くする女にうんざり・・


「KY」この言葉が流行語のなったのはいつだったでしょうか?

私の記憶では政治の場でもこの「KY」が使われていたと思います。

「KY」=空気が読めない

どこの職場にも一人はいるものです。

「KY」な人でもいいKYの人と悪いKYの人がいます。

職場の雰囲気を悪くする人は悪い「KY」の人です。

現場が悪い空気になっているのにそれに気がつかず

どんどん、悪い空気の方へ持っていきます。

「どうしてこの空気が読めないのだろう?」と空気が読める人は思うのでしょうけど、

空気が読めない人は本当に「空気って何?」の状態なのです。

自分が空気を悪くしている元凶なのに

気づくことができないので職場の空気は悪くなる一方です。

このような女性が職場にいると本当にうんざりします。



職場でチームの雰囲気を悪くするやばい女の特徴


もしかしたら、自分も職場の空気を悪くしているのでは?と不安になったことはないですか?

ここでは職場で雰囲気を悪くする特徴をご紹介したいと思います。

①攻撃的

攻撃的な人は悪口や愚痴が大好きです。

また、機嫌が悪いと職場で八つ当たりしてきたりします。

そのようなことを繰り返すと職場の空気は悪くなります。

このようなタイプの人は孤立しやすくなり、職場に居づらくなる人が多いです。

②自己中心的な人物

自己中心的な人はすぐに人の悪口を言ったして、職場の雰囲気を悪くします。

仕事をサボっても気にすることなく、仕事への情熱もそこまでありません。

真面目に仕事をしている人にはとても迷惑な存在になります。

このような人物がグループに複数人いると

とても雰囲気が悪くなり働きたくない職場になってしまいます。

③不満ばかり言う人

自分の失敗を他人のせいにする人は自分にとって都合の悪い状態になると

そのイライラを態度に出し周りの人間に気を使わせます。

プライドが高く、常識がないことも特徴に挙げられます。

自分の非を認めることができません。

それなのに「自分は悪くないのになぜ悪く言われたにといけないのか?」と不満を口にしてきます。



職場の雰囲気を壊す女の末路は悲惨


職場で雰囲気を壊す女の末路はどんな風になるとおもいますか?

周囲の空気を乱し、人に気を使わせ、嫌な思いをさせる女性は

周りから距離を置かれやがて孤立していくことになります。

職場の空気を読まず、自己中心的な振る舞いをしていることで

だんだんと人が距離を置くようになり、待ち受けているのは「職場での孤立」です。

しかし、これは誰にでもなりうることなのです。

「自分はしっかり空気を読めているし大丈夫だ!!」と思っていても、

自分にとって心地の良い空気を作ろうとしていると

いつの間にか空気が読めなく雰囲気を悪くしている側になることがあります。

仕事をしやす空気とは自分だけが最高の雰囲気ではなく、

職場で働いているすべての人がほどほどに居心地がいい場所なのではないでしょうか?



職場の雰囲気を壊す女の対処法


一日の大半を会社で過ごしているのに

その会社に雰囲気を壊す存在がいるとストレスが溜まります。

雰囲気を壊す女性の存在は本当に迷惑ですよね?

ここでは職場の雰囲気を壊す女性の対処法をご紹介します。

まず、雰囲気を壊す女性にやってはいけないことからご紹介します。

やってはいけないこと

①仲良くなろうとする

雰囲気を悪くする人に歩み寄ろうとすることは避けましょう。

職場の雰囲気を悪くする人は感情的で自分勝手な人が多いです。

そのような人に普通の人のような対応をしたところでこちらの精神が消耗するだけです。

まともな対応をしていてもあなたのストレスが溜まるだけなので仲良くすることは避けてください。

②機嫌を取ろうとする

雰囲気を悪くする人の機嫌を取ることもしてはいけません。

機嫌を取ろうとすると「私は大切に扱われて同然なのだ」と勘違いしてしまいます。

そもそも会社で機嫌悪い態度を取る人は社会人ではありません。

自分の機嫌を自分で取れないの犠牲になることはありません。

以上の2つが雰囲気を壊す女性にやってはいけないことです。

次に雰囲気を壊す女性への対処法をご紹介します。

①こっちから話しかけない

向こうから話しかけてきても会話を広げようとしないで

そそくさと切り上げるようにしましょう。

相手と話しているうちに機嫌を損ねられても

面倒くさいので必要最低限の会話だけにしてください。

②最低限の仕事しかしない

同じ職場で働いている以上、一緒に仕事をする機会もあると思います。

ですが、一緒に仕事をするときは仕事の質を最低限まで落とすようにしてください。

なぜならば、仕事を早く丁寧にすると

すべての仕事をあなたに押し付ける可能性があるからです。

③会社以外では絶対に会わない

仕事が終わった後に二人だけで飲みに行ったり

休日に誘われても絶対に行かないようにしてください。

雰囲気を壊す女性は基本、友人がいません。

友人がいないということはやはり正確に問題があるのです。

そのような人に自分の大切な時間を使うことはありません。



職場の雰囲気を悪くする女に我慢ができないなら転職をして環境を変えるのもあり


特定の女性のせいで雰囲気の悪い会社で働いて精神的にも体力的にも消耗していて、

しんどいと感じているなら思い切って転職を考えてみるのもいいかもしれません。

いろんな対処法など試してみたけど

職場の雰囲気を180°変えるのはそう簡単なことではありません。

また、雰囲気を悪くする人のせいで空気の悪い会社に

ずっと勤めていることには大きなデメリットがあります。

一つ目はストレスが溜まり鬱などの病気を発症してしまう恐れがあります。

二つ目は社員同士が協力し合うことができず成果を上げることができません。

三つめは仕事への情熱が次第に失われていき

最後には「なんでこの仕事をしているのだろう?」と考えるようになってしまいます。

雰囲気を悪くする女性がいる会社で働いていても何もいい事はありません。



まとめ


一人の女性のせいで職場の雰囲気が悪くなることはよくあることだと思います。

会社に勤めている人がみんな大人なわけではないのです。

中にはこのような幼稚な精神を持ったまま大人になってしまい、

社会人になってからも周りに迷惑ばかり変える人はいるのです。

このような人に遭遇したときはまずは自分に害が少なくなるように

極力、近寄らないようにしてみてください。

このような女性のせいで雰囲気が悪くなることはこれから先も何度かあることかと思います。

しかし、そんな時自分も同じように態度に出して

お互いに雰囲気の悪い空気を作ってしまうと同じ土俵に立ってしまうことになってしまいます。

決して同じ土俵には立たず、大人な対応を心掛けてください。