仕事を辞めたい・・疲れた20代の特徴!仕事を辞めたいと思う新卒の原因や20代で仕事がしんどいと思った時の対処法まとめ




「20代で疲れたなんて言うのは早い!」と言う人もいるかもしれませんが

20代特有の疲れというものが存在します。

特に新卒は慣れない環境にとまどったり

「自分にこの仕事が合わないのではないか」と悩んだりして精神的に疲れやすいです。

仕事は長く勤めてこそ見えてくるもの、確かにそれは一理あります。

しかし現代は余裕がなく、20代のうちから多くのことを求められて長く勤めることがしんどくなっているのです。

今回は「疲れてしまって20代で仕事を辞めたい人の特徴とその対処法」についてご紹介しますね。



仕事を辞めたい・・疲れた20代が増えている


20代の疲れは精神的な部分が大きいのが特徴です。

疲れる原因は以下の3つが挙げられます。

・気を遣いすぎる

もともと空気を読むことが当たり前で、場の雰囲気を悪くしないよう気を遣っている世代です。

社会に出たら今まで以上に気を遣いすぎて疲れてしまっているのです。

・求められるスキルや能力が高くなっている

最近は「若いから何もできない」のではなく

「若いから何でもできるでしょ?」という風潮があります。

潜在能力は高くても、まだ理解できていないことも多いのが20代です。

期待に応えようとして必要以上に努力してしまい疲れているのです。

・上司との関係

会社の上司はもしかすると自分の親より年上ということもあります。

それが昭和気質の上司だった場合は、怖いし緊張します。

どのように接していけばいいのかわからなくて疲れることになります。



仕事を辞めたいほど疲れた20代は退職したほうがいい理由


20代が退職してもなんとかなる理由を3つ挙げます。

・次の仕事が見つかりやすい

第二新卒でなくても20代は企業から見ると「ぜひともほしい!」年代です。

合わない会社には早く見切りをつけて再出発したほうが、間違いなく自分のためです。

迷っている間に30代になると、いい条件の求人に出会える確率が下がります。

・異業種への転職が可能

年を取ってしまうと、異業種の仕事に就くのが困難になります。

今の仕事が合っていなくて疲れているのでしたら、興味がある分野へチャレンジしてみましょう。

20代が最大のチャンスです。

・メンタルが病む

辞めたいほど疲れている仕事を長く続けるのは危険です。

体だけでなくメンタルを病む可能性が高いからです。

特に20代でメンタルを病むと、その後の人生に大きな影響が出ます。

下手をすると働けない期間が長くなるので、あまり我慢しないほうがいいですよ。



仕事を辞めたいと思う新卒の原因


仕事を辞めたいと思う新卒の大きな理由は2つあります。

・思い描いていた働き方と違っていた

大変なことばかりで、仕事に対して面白さもやりがいも見つけられないと悩んでいます。

特に友達が楽しそうに働いていると羨ましくて仕方ありません。

「新卒なんて大変で当たり前」と言ってしまうのは簡単です。

職場は学校ではありませんが、仕事のやり方だけでなく

仕事そのものの意義を教えてくれるとありがたいですね。

・人間関係に馴染めない

どうしても会社の人間関係に馴染めなくて辞めたくなる人もいます。

「どこへ行っても人間関係なんて大差ない」といわれてしまうと

自分がわがままなのかと考えてしまうこともあるでしょう。

人間関係は入社してみないとわからないので、合わないことはあります。

それは決してわがままではないので、自分を責めないでほしいです。



20代で仕事を辞めたいと思った時の対処法


辞めたいくらい疲れていても、実際に辞めるとなるとためらいますよね。

ここでは辞める前に試してほしい対処法を3つご紹介します。

・環境を変えられないか検討する

たとえば上司と合わなくて疲れているとします。

その上司が移動する可能性があるのでしたら、もう少し待ってみてはいかがでしょうか。

もしくは自分が部署異動することを検討してみてください。

・定時で帰る努力をする

疲れる会社に長居は無用です。

早く仕事を終わらせて定時退社を目指しましょう。

趣味に没頭したり、社外の人間関係と交流したりするのもいいと思います。

仕事から離れている時間を長くすることで、冷静に辞めるべきかどうか見えてきます。

・転職先を探す

一度どんな転職先があるか調べてみてはいかがでしょうか。

案外自分の希望に合った求人が少ないことに気がつくと思います。

もしかしたら「今の会社にいるほうがいいかも…」と考え直すことになるかもしれません。



もしどうしても仕事を辞めたいと思ったら転職も視野に入れよ



数ヶ月後に今の会社で働いている姿が想像できないのでしたら、転職を視野に入れましょう。

あなたは精神的に限界を迎えています。

もちろん我慢して頑張ることもできるでしょう。

しかしそこまでして頑張る意味は何でしょうか。

生活の不安や転職先でもうまくいかなかったことを考えると、

転職に二の足を踏む気持ちはわかります。

でももしかしたら今よりもずっと楽しくて生きやすい未来が待っていることもあるのです。

簡単に辞めるという決断をせず、対処法も調べていろいろやってみたはずです。

それでも疲れはたまり続け、辞めたい気持ちが大きくなっているのでしたら

自分に転職することを許可してあげてください。

むしろ20代である今がチャンスです。

年齢を重ねるごとに連れて転職先の選択肢も狭くなります。

20代という価値があるうちに転職を考えてみてくださいね。



まとめ


新卒や20代で仕事を辞めることに抵抗がある人は多いです。

しかし疲れ切ったまま、やりがいを感じられずに仕事を続けるのは危険です。

心身を壊してしまうことがあるからです。

辞める前に一度今の仕事のいいところを探してみてください。

それでも「もうこの仕事は無理」と思うなら、転職を視野にいれることをオススメします。

20代の転職は他の年代と比べて有利なことが多いです。

興味のある分野を探してみましょう。必要以上に疲れない職場はあります。

せっかくの20代を悩みながら過ごすより

新しい環境にチャレンジして楽しく生きていってくださいね。