50代で仕事を覚えられないのは病気?仕事でミスばかりついていけない50代の原因や特徴・50代で仕事が嫌になった時にどうするべきか?解説します。





歳をとると誰でも身体も頭もだんだんと衰えてくるので

思うように手が動かなかったり物覚えが悪くなったりします。


それは例外なく誰にでも訪れるので仕事にも影響を与えてきます。


ですが50代でも仕事をバリバリにこなして誰からも認められる50代もいれば

仕事ではミスばかりで物覚えが悪く仕事が出来ない50代もいます。

その違いはどこから出てくるのでしょうか?

ケイタ
今回は仕事でミスばかりでついていけない50代の原因や特徴、

そしてミスばかりで仕事が嫌になった時にどうすればよいか?

対処法をご紹介します。ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね!

仕事を覚えられないのは病気?50代の新人が使えないといわれる理由

ミズキ
50代にもなると一般的にはどんどん入ってくる新人さんに

仕事を任せるようになり自分は前線から退いて

あとは定年までダラダラと会社にいるような年代だと思います。


しかしそんな50代だけど転職などをして

一から仕事を覚えなくてはならない環境になった時

自分の体の衰えや物覚えの悪さに愕然とするかもしれません。

もしかしたら自分は何か病気になってしまったのか?

と、悩む50代の人も実際に沢山います。

しかしそれは病気ではなく、20代や30代だったら無理のきいた体も

50代にもなると無理をきかせたくてもできなくなってくるのです。


若い頃は周りについていける人間だったのに50代になって新人として

働いてみたら思ったように仕事ができなくて自信がなくなってしまうのです。


なので50代から転職などをして環境を変えて働くには

しっかりと準備をして自分に合った職場を見つける必要があるのです。

仕事でミスばかり、ついていけない50代の特徴

ケイタ
50代になって仕事でミスが多い、また覚えられないのは様々な要因があるんですね。


一番の原因はやはり加齢だと思います。

記憶力が低下しているので仕事の手順など覚えられなくてミスを連発してしまうのです。


また、記憶力が低下しているので新しいことが覚えられず

新しい仕事が覚えられずここでもミスを連発してしまいます。


加齢によるミスは周りもある程度は「仕方がないな~」と

目をつぶってくれることもあるのですが、

自分のミスを認めない人や隠す人はものすごく迷惑です。


「能力が低下していることを認められない」

「自分が仕事が出来ないわけがない」そう思いいつまでも


若い時の自分だと思っている人はこの先も

ずっと同じミスを続け職場の痛い50代というレッテルを張られるでしょう。

ケイタ
このように仕事でミスばかりする50代の特徴として

「加齢」と「自分はまだ若いと思っている」という特徴が挙げらます。

50代で新しい仕事が覚えられない原因



50代で仕事が覚えられないのはもともとの

性格や不器用さが関係しているのかもしれませんが


歳をとってくるとどうしても記憶力、理解力は低下してしまいます。

若い頃と比べると仕事を覚えられる量も格段と減ってきます。


ミズキ
自分はやる気があるのに体や頭がついてきてくれない…

とても辛い状況ですよね・・


辛い状況がずっと続いているとストレスが溜まってしまい

心身に影響がでてさらに仕事が覚えられなくなり悪循環が発生します。

悪循環が発生してしまうと抜け出すのに時間がかかるか

それとも抜け出す前にメンタルをやられてしまい

仕事を辞める選択をすることになるかのどちらかになるでしょう。


ケイタ
50代で仕事を覚えることができないのは

ある程度は仕方がないことだと思って

割り切って働くことで少しは心が楽になり

状況が改善されるかもしれませんよ。

仕事のできない50代女性は使えないといわれる理由



50代の女性で一般的に「使えない」言われる原因は以下の7つです。


①ミスが多い


1つ目は「ミスが多い社員」です。確認を怠ったり、

報連相ができていないせいで頻繁にミスを連発してしまいます。

そしてミスをしても減らす努力や工夫をしようとしていないという特徴もあります。


②期日を守らない


2つ目は「期日を守らない」です。書類の提出期日や

取引先での回答期日を守らず仕事や取引が滞り周りに迷惑をかけてしまいます。

期日を守らない人はスケジュール管理ができていないことが特徴に挙げられます。


③遅刻・欠勤が多い


3つ目は「言い訳が多い」です。

急な欠勤や遅刻が多く、仕事を予定通りに進めることができません。

職場では周囲との連携が大切です。遅刻や急な欠勤が多すぎると

周囲に迷惑をかけてしまいます。故に周りから「使えないと」思われてしまいます。


④言い訳が多い


4つ目は「言い訳が多い」です。

ミスをしたり、報連相ができていなかったりしたときは

まずは謝罪が必要なのですが周りから使えないと思われている人は謝罪ではなく

言い訳ばかりする人は周りから人が離れていくことになります。


⑤プライドが高く人の意見を聞かない


5つ目は「プライドが高く人の意見を聞かない」です。

50代にもなるとプライドが高さから

周囲の意見を受けつけることができません。

そのため、誤った方向に進んでいても誰かが助言をしていたとしても

プライドが邪魔して結果として周囲に迷惑をかけてしまうのです。


⑥人に頼りすぎる


6つ目は「人に頼りすぎる」です。

チームで進める仕事や、自分の仕事を誰かに丸投げするなど

人に頼りすぎてしまう人は周囲に負担をかけるだけの存在に

なっているので「使えない」と思われていると思います。


⑦言われたことしかできない


7つ目は「言われたことしかできない」です。

なにも指示をされていないからという理由で

ボーっとしてしまう時間が仕事中に多々ある人は

「使えない人」認定されていると思います。

自分から仕事を見つけたり、上司への指示を仰いだりするという

意欲のない人の特徴と言えるでしょう。


ミズキ
以上の7つが「50代の女性は職場で使えない」と言われる特徴になります。


50代で仕事についていけずに嫌になったときの対処法

ミズキ
仕事についていけずに会社を辞めたい。

転職したばかりの会社がどうしても自分に合わずに辛い

今の時代こう悩んでいる50代の方はとても多いと思います。


ケイタ
実際に現在会社勤めをしている50代の方の約半数のなんと50%が

今の職場から転職をしたい、と答えているんですね。


でもその一方で

「次の仕事を見つけるなんて自分の年齢では厳しいだろう」


こう思ってしまい転職活動を起こす行動に移せない方もすごく多いんです。


そして50代で仕事をやめよう、転職をしようと思ったときに

きっと多くの人は「一人で転職をするよりも転職をサポートしてくれる人がいれば良い」と思うでしょう。


ですが実際に「転職活動をするときに相談できる相手」をみつけて

新しい職場に転職できた人も実は今増えているんです!



それは転職エージェントを利用して転職活動を行ったからなんですね。


「でも、転職サイトって若い人向けなんじゃないの?」


と思われている方もたくさんいるかもしれません。


全然そんなことはなく長い期間、その職種に働いてきた方の知識や経験を

生かすことができるのが転職エージェントです。


今まで培ってきた知識、経験を高く評価してくれる会社を探してくれます。

自分で探してどんな会社かな?社風はどうだろう?と心配するのではなく、

エージェントの方が「こんな会社でこのような方にお勧めできます」

と自分が理想とする会社を探してもらえます。


雇用主側も、どのような人材が必要かをエージェント側に伝えた形での

案内になるのでその人に会った会社を提案してもらえますし

50代の方なら今までの経験を必要としてくれる会社が本当にたくさんありますので、

自分を高く評価してくれて、かつ働きやすい職場を提案してもらえます。


始めは若い人が多いのかな?転職して大丈夫かな?という思いがあるかもしれませんが

勇気をもって転職エージェントにお願いしたことで

休みが増えたこと、年収が増えたことなど。余裕を持った生活が

出来るようになった人は本当にたくさんいますし


今の職場で満足していない方には転職エージェントを利用して転職するのをお勧めします!


転職エージェントに登録することで

転職のプロであるアドバイザーがマンツーマンで

あなたの転職を徹底サポートしてくれますし

企業の紹介、履歴書、職務経歴書の添削などもやってくれます。


様々な理由で転職エージェントに登録することを躊躇っている方もいると思いますが


結論を言えばどんどん活用してサービスを受けたほうが良いです!


転職エージェントの担当アドバイザーは

あなたにとって思いもよらない求人の紹介や

キャリアプランを提示してくれることも少なくないですし

転職しようかどうかの判断、今転職するべきかどうか?

そういう相談ももちろん可能です。


ケイタ
50代からの転職活動は「失敗したくない」という気持ちが強いはずですので

ぜひ、転職エージェントに登録して相談、利用してみてくださいね!

【最大手】リクルートエージェント

リクルートグループだから業界トップの求人案件数の転職エージェント。

全国に拠点もあり土日平日夜も面談対応。


40代の転職成功事例もとても多く、近年は50代の求人も増えています。


とにかく求人案件数も多く裾野も広いので

40代、50代の人材の多様なキャリアにも柔軟に対応することができます。

公開求人だけでも20万件以上あり、

リクルートエージェントのみが取り扱っている非公開の求人もあります。

退職率が4%は、キャリア・アドバイザーが希望の転職を

親身になってサポートしているからこそなんですね。

なので是非登録してメインで活用したいおすすめの転職エージェントです!



まとめ



50代というともうバリバリに仕事をして前線で働けるわけでもなく

かといって年金暮らしまでにはまだ何年かあるし、とても難しい年代だと思います。

もしも今の仕事についていけなくて悩んでいるなら

転職をする、しないに関わらずに転職エージェントに登録して

担当アドバイザーに今の仕事の悩みを相談してみるだけでも

だいぶ気持ちが晴れますので是非登録してみてくださいね!

【最大手】リクルートエージェント

リクルートグループだから業界トップの求人案件数の転職エージェント。

全国に拠点もあり土日平日夜も面談対応。


40代の転職成功事例もとても多く、近年は40代・50代の求人も増えています。


とにかく求人案件数も多く裾野も広いので

40代人材の多様なキャリアにも柔軟に対応することができます。

公開求人だけでも20万件以上あり、

リクルートエージェントのみが取り扱っている非公開の求人もあります。

退職率が4%は、キャリア・アドバイザーが希望の転職を

親身になってサポートしているからこそなんですね。

なので是非登録してメインで活用したいおすすめの転職エージェントです!