仕事が出来ない50代の特徴まとめ!仕事でミスばかりの50代の特徴や仕事が覚えられない原因仕事が嫌になったときの対処法をご紹介します。





歳をとると誰しも体は衰えてくるもです。

身体も頭もだんだんと衰えてくるので

思うように手が動かなかったり物覚えが悪くなったりします。

それは例外なく誰にでも訪れるのです。

誰にでも例外なく訪れるのですが50代でも仕事をバリバリにこなして

誰からも認められる50代もいれば仕事ではミスばかりで物覚えが悪く

一行に仕事が出来ない50代もいます。

今回はそんな仕事が出来ない50代が仕事でミスを連発した時

物覚えが悪くて職場で足手まといになっているなと

感じた時の対処法をご紹介したいと思います。





50代だけど仕事の能力不足で自信がなくなる・・


50代にもなると一般的にはどんどん入ってくる新人さんに

仕事を任せるようになり自分は前線から退いてあとは

定年までダラダラと会社にいるような年代だと思います。

しかしそんな50代だけど転職などをして一から仕事を覚えなくてはならない環境になった時

自分の体の衰えや物覚えの悪さに愕然とするかもしれません。

20代や30代だったら無理のきいた体も

50代にもなると無理をきかせたくてもできないのです。

若い頃は周りについていける人間だったのに50代になって新人として

働いてみたら思ったように仕事ができなくて自信がなくなってしまうのです。

50代から新人として働くことは本当に大変なことだと思います。

しかし、働けない歳でもないので何かしら働いていたい、

そんな風に考える人はたくさんいると思います。

50代から新人として働いても自分に合った仕事の仕方で

働かせてくれる会社があればいいのですが世の中はそんなに甘くないんですね。





仕事でミスっばかりの50代の特徴


50代になってミスが多いのは様々な要因があると思います。

一番の原因はやはり加齢だと思います。

記憶力が低下しているので仕事の手順など覚えられなくてミスを連発してしまうのです。

また、記憶力が低下しているので新しいことが覚えられず

新しい仕事が覚えられずここでもミスを連発してしまいます。

加齢によるミスは周りもある程度は「仕方がないな~」と

目をつぶってくれることもあるのですが、

自分のミスを認めない人や隠す人はものすごく迷惑です。

「能力が低下していることを認められない」

「自分が仕事が出来ないわけがない」そう思いいつまでも

若い時の自分だと思っている人はこの先も

ずっと同じミスを続け職場の痛い50代というレッテルを張られるでしょう。

このように仕事でミスばかりする50代の特徴として

「加齢」と「自分はまだ若いと思っている」という特徴が挙げらます。





50代で仕事が覚えられない原因


50代で仕事が覚えられないのはもともとの

不器用さが関係しているのかもしれませんね。

しかし不器用であっても歳をとってくるとどうしても

記憶力、理解力は低下してくるものです。

若い頃と比べると仕事を覚えられる量も格段と減ってきます。

自分はやる気があるのに体や頭がついてきてくれない…

とても辛い状況だと思います。

辛い状況がずっと続いているとストレスが溜まってしまい

心身に影響がでてさらに仕事が覚えられなくなり悪循環が発生します。

悪循環が発生してしまうと抜け出すのに時間がかかるか

それとも抜け出す前にメンタルをやられてしまい

仕事を辞める選択をすることになるかのどちらかになるでしょう。

50代で仕事を覚えることができないのはある程度は仕方がないことだと思って

割り切て働くことで少しは心が楽になり状況が改善されるかもしれません。





50代の女性は職場で使えない?


50代の女性で「使えない」と言われる理由が

その人と仕事の相性によるものかもしれませんが

一般的に「使えない」言われる原因は以下の7つです。

①ミスが多い

1つ目は「ミスが多い社員」です。確認を怠ったり、

報連相ができていないせいで頻繁にミスを連発してしまいます。

そしてミスをしても減らす努力や工夫をしようとしていないという特徴もあります。

②期日を守らない

2つ目は「期日を守らない」です。書類の提出期日や

取引先での回答期日を守らず仕事や取引が滞り周りに迷惑をかけてしまいます。

期日を守らない人はスケジュール管理ができていないことが特徴に挙げられます。

③遅刻・欠勤が多い

3つ目は「言い訳が多い」です。

急な欠勤や遅刻が多く、仕事を予定通りに進めることができません。

職場では周囲との連携が大切です。遅刻や急な欠勤が多すぎると

周囲に迷惑をかけてしまいます。故に周りから「使えないと」思われてしまいます。

④言い訳が多い

4つ目は「言い訳が多い」です。

ミスをしたり、報連相ができていなかったりしたときは

まずは謝罪が必要なのですが周りから使えないと思われている人は謝罪ではなく

言い訳ばかりする人は周りから人が離れていくことになります。

⑤プライドが高く人の意見を聞かない

5つ目は「プライドが高く人の意見を聞かない」です。

50代にもなるとプライドが高さから

周囲の意見を受けつけることができません。

そのため、誤った方向に進んでいても誰かが助言をしていたとしても

プライドが邪魔して結果として周囲に迷惑をかけてしまうのです。

⑥人に頼りすぎる

6つ目は「人に頼りすぎる」です。

チームで進める仕事や、自分の仕事を誰かに丸投げするなど

人に頼りすぎてしまう人は周囲に負担をかけるだけの存在に

なっているので「使えない」と思われていると思います。

⑦言われたことしかできない

7つ目は「言われたことしかできない」です。

なにも指示をされていないからという理由で

ボーっとしてしまう時間が仕事中に多々ある人は

「使えない人」認定されていると思います。

自分から仕事を見つけたり、上司への指示を仰いだりするという

意欲のない人の特徴と言えるでしょう。

以上の7つが「50代の女性は職場で使えない」と言われる特徴になります。





50代で仕事についていけずに嫌になったときの対処法


50代で仕事が嫌になり辞めたいと考えているのは一人ではありません。

もし50代で会社を辞めることになっても辞めた後にとるべき行動は2つです。

「早期退職」か「転職」です。

「早期退職」に応じると退職金が割り増しされるというメリットがあり

しかも転職に成功すればまだまだ現役で働き続けることができます。

次に「転職」という選択しを選んだ場合ですが、50代の市場価値は厳しいものがあり

経験したことのある仕事ならなんとか雇ってもらえるところもあると思うのですが

全くの未経験だとちょっと難しいかもしれませんね。

もしあなたが仕事が嫌になりどうしようか迷っていたなら

「早期退職」か「転職」という選択しがあることを覚えておいてください。

しかし50代という人生の半分を過ぎて新しい道を選ぶことはなかなか勇気がいることです。

仕事が嫌になり会社を辞めるという一歩手前で

もう一度踏みとどまれないか今一度考えてみてください。

50代で会社を辞めるのは、はっきり言ってリスクが大きく

良い影響はあまりないと言えるのでもう一度踏みとどまれないか考えてみてください。





まとめ


50代というともうバリバリに仕事をして前線で働けるわけでもなく

かといって年金暮らしまでにはまだ何年かあるし、とても難しい年代だと思います。

しかしその時は平等に誰にでもくるのです。

いまの若い人たちも「私たちにはまだ関係のない話だ」なんて思っていると

足元をすくわれる時が来てしまうかもしれません。

そうならないように今のうちからどんな50代になりたいかを考えておき、

そしてそれを実現させるにはどんな資格や免許を持っていたらいいのかを考えておくと

自分が思い描いた50代になれるかもしれませんね。