体調不良を理由にパートを即日退職できる?体調不良で退職する時に診断書は必要かどうか?体調不良を理由に退職をするときの伝え方や例文をご紹介します。




パートで仕事をしているけれど、体調不良で

すぐにでも退職したくなることもあると思います。

ですが即日退職できるのか?診断書は必要なのか?

などわからないこともいろいろありますし

また、会社や上司がすぐに辞めさせてくれないと

不安になるかもしれませんよね。

そこで今回の記事ではパートを体調不良で

即日退職する方法や注意点を紹介しています。

体調不良でパートをもう続けることはできなくて

どうすればいいか悩んでいる方は是非参考にしてくださいね。





体調不良を理由にパートを欠勤、そのまま退職することはできる?


体調不良を理由にしてパートを欠勤しそのまま出勤せずに退職することは可能です。

基本的には期間の定めのない雇用契約をしているときは

退職日の2週間前までに退職したいと申し出なければなりません。

期間の定めのある雇用契約をしている場合は原則として途中で辞めることはできません。

しかし、会社が退職に同意すれば即日退職も可能です。

また、やむを得ない事由があれば契約を解除できると民法で定められています。

体調不良はやむをない事由と認められると考えられるので、

雇用契約を解除し退職することはできるといえます。

まずは会社に体調不良で退職したいと相談しましょう。

会社も体調不良では仕方がないと意外とすんなり即日退職を認めてくれることが多いです。





パートを体調不良で退職するときは診断書は必要?


体調不良でパートを退職するときに診断書は必須というわけではありません。

ただ、診断書がある方が体調不良で

仕事が難しいことについての説得力が増すのも事実です。

病院で診断書を発行してもらうには費用が掛かりますし、

体調の悪さについて会社が納得しない時や上司の性格などから

自分で体調不良だといっても信じてくれなさそうなときに

診断書を用意することをお勧めします。

また、病名などを会社に知られたくなくて診断書を

会社に提出したくないこともあると思います。

その際は会社から診断書を提出するよう指示されたとしても

それに従わなくては退職できないわけではありません。

しかし、その場合でもできるだけ指示に従った方が

退職がスムーズに進む可能性が高くなります。

診断書が必要な理由を確認し納得できるのであれば

指示通り診断書を提出した方がよいでしょう。





体調不良でパートを辞める時電話で伝えるのはあり?


体調不良でパートを辞める際にまず電話で退職したいことを伝えるのはありですが

電話連絡だけで退職しようとすることはお勧めしません。

電話で連絡したとしても、基本的に証拠に残らないため

後からトラブルになる恐れがあります。

また、会社側も本人から退職の連絡があったという証拠を残しにくいので

本当に退職にしていいのかすぐに判断できず

退職の手続きがうまく進まなくなる可能性もあります。

電話での連絡だけで済ませるのではなく

会社の指示に従って退職願い等の提出を行いましょう。

もちろん、退職の申し出や相談も対面で行うことがマナーです。

しかし、体調不良で会社に行くことができない時は

まず電話で退職したいことを伝えるのもやむを得ません。

逆に職場に行くのが嫌だからと無断で欠勤しそのまま退職するようなことはやめましょう。





体調不良を理由に即日退職したい時の伝え方と例文


体調不良を理由に即日退職したい時も

できるだけ対面で上司に伝えることをお勧めします。

やはり対面の方が誠意が伝わるためです。

しかし体調が悪くて職場に行くことも難しい時は

電話で連絡することもやむを得ないでしょう。

それも難しければ無断で欠勤して退職するよりも手紙やメールで伝える方がよいです。

伝える時にはできるだけ詳しい病状と療養に専念したいこと

急な退職となって申し訳ないと思っていることを伝えるようにしましょう。

例文は次の通りです。

「以前から体調を崩しており治療を受けていましたが

 医師からも退職し療養に専念するよう勧められました。

 急な話で申し訳ございませんが本日で退職させていただきたいと思います。」

自己判断だけでなく医師からも退職を勧められたと伝える方が説得力が増します。





ストレスで体調不良が理由で退職したいときは退職代行サービスを利用しよう


ストレスで体調不良になったことが理由で退職したいけれど

会社に連絡することも辛いときは退職代行サービスを利用することをお勧めします。

退職代行サービスは、退職したい人に代わって

退職の連絡や手続きをしてくれるサービスです。

体調を崩すほどのストレスが溜まっていたり

体調が悪すぎたりして退職したくても職場に行くことも難しくなることもあると思います。

退職代行サービスを利用すれば自分で会社に連絡しなくても退職することが可能です。

自分で連絡しないで退職するとは誠意がないと思われるかもしれないと

心配する人もいるかもしれません。

しかし無理をして体調をさらに悪化させては元も子もありませんし

連絡せずに仕事に行かなくなるよりも会社としても助かりますよ!





まとめ

 

法律上、原則として即日退職することは認められていませんが

会社が即日退職に同意したときや体調不良などでやむを得ないときは即日退職できます。

診断書は必須ではありませんが本当に体調が悪いことをアピールでき

すぐに退職が認められやすくなる効果が期待できます。

体調不良で退職したいことを会社に伝えるときは

対面で行う方がマナーにかなっていますが

難しければ電話やメールなどで連絡することもやむを得ません。

自分で連絡したくない場合は退職代行サービスを利用することを検討してもよいでしょう。

パートであっても無断で欠勤して退職することは避けましょう。