終わっている会社の特徴!未来のない会社の特徴・中小企業でダメな会社の特徴や未来のない会社から抜け出す方法をご紹介します。




今、自分が働いている会社は未来のない「終わっている会社」なのではないか?

不安に思っている方もいると思います。

未来のない会社で働き続けても、昇給は期待できませんし、会社が倒産して失業する恐れもあります。

終わっている会社であれば、早めに抜け出し、将来性のある会社に転職したいですよね。

この記事では、未来のない会社や中小企業でダメな会社の特徴

未来のない会社から抜け出す方法などについて紹介しています。

今の会社に不安がある方は是非参考にしてくださいね。



未来のない会社の特徴


未来のない会社の特徴として一つ目に、

業績が下がる状態が続いていることを挙げることができます。

業績低下が続くと経営も厳しくなり

業績を上げるための投資が難しくなるため

さらに業績が下がるという悪循環に陥ります。

二つ目は、人手不足で残業も多いことです。

人手不足の状態を放置しているということは

人材への投資を怠っているということなので優秀な人材が入ってきにくくなります。

優秀な人がいたとしても、待遇が悪いと辞めてしまいます。

三つ目は新しい方法や新しいものを取り入れないことです。

社会は日々変わり続けていますが、新しいものを排除する会社だと

社会の変化についていけず業績も上がりません。

四つ目は、年功序列制が強いことです。

若い世代や社歴の浅い社員の成果を認めず意見も聞かない会社は、

優秀な若手が流出してしまい、衰退への道を進むことになります。



中小企業でダメな会社の特徴


中小企業でダメな会社の特徴として一つ目に

人事評価や給料が経営者の気分で変わることを挙げることができます。

評価や給料に標準や規程がないことも多く能力や実績よりも

経営者との相性で評価が決まることも少なくありません。

二つ目の特徴は、ワンマン経営であることです。

中小企業は、会社の所有権と経営権両方を持っている

「オーナー社長」が経営していることが多く社長が強い権限を持っています。

オーナー社長が部下や他人の意見を聞かず自分の意思を通してばかりだと

誤った方向に進んでも止めることができず

大きな経営上の失敗をする可能性が高くなります。

三つ目は、社員教育をしないことです。

中小企業だと毎年決まって新入社員がいるわけではないこともあるので

新入社員の教育方法なども決まっていないことも多いです。

仕事を教えてくれる人がいればいいですが

ダメな中小企業だと教育係に人員を割くこともできず

新入社員を放置してしまいます。



昭和体質の会社はいずれ潰れる?


昭和体質の会社だからといって必ずいずれ潰れるわけではありませんが、

時代の流れに合わないため潰れる可能性は普通の会社よりも高いといえます。

「昭和体質の会社」と一言で言っても様々ですが、

年功序列制が強い会社や長時間残業が当たり前の会社を指す場合は

優秀な人材が定着しなくなるため、将来の見通しは暗いです。

その一方、「昭和体質の会社」が礼儀やマナーに厳しい会社である場合などは

一概には悪いといえず逆に顧客から堅い信頼を得てうまくいくこともあります。

ただ、社員が「昭和体質の会社」と思ってしまう原因は

働きにくいなど不満があることが多く人材不足に陥る恐れがあります。

また、新しいものや考え方を受け入れないことが原因であれば

技術革新や需要の変化に対応できず倒産してしまう可能性もあります。

昭和体質だと感じさせられる会社には

将来的なリスクがあることも多いので、注意が必要です。



終わっている会社にいるとどうなる?


終わっている会社や未来のない会社にいると

会社の倒産や経営悪化によるリストラなどで失業する可能性がある

ということは想像できますが、悪影響はそれだけではありません。

まず一つ目に、他の会社で通用する実力が付きにくい事を挙げることができます。

終わっている会社は仕事の進め方や考え方などについて

将来性のある会社と比べ、遅れていることが多いです。

気が付いた時には、他の会社に転職しようと思っても

能力的に難しいという事態になる恐れがあります。

二つ目は、給料が上がらず、生活が苦しくなることです。

年齢が上がるにつれて、養う家族が出来たり

周りの生活水準が上がったりするため、生活費が上がる傾向にあります。

今は給料で十分生活できても会社の業績低迷で

昇給がないとだんだんと生活に困ることになりかねません。

生活に困るとプライベートの充実も難しく

満足のいく人生を送ることが難しくなります。



未来のない会社から抜け出す方法


未来のない会社から抜け出す方法として転職することをお勧めします。

会社が方針転換などで大きく変わり

将来性のある会社になる可能性も無くはないですがあまり期待できません。

会社を退職し、未来のある会社に転職する方が手っ取り早くて確実です。

ただ、転職となるとどうすればいいのかわからなくて不安だという人もいると思います。

最近は、ただ求人情報を紹介するだけではなく、

今後のキャリアの相談や応募書類の作成などのアドバイスも

行ってくれる転職エージェントというサービスもあります。

転職のプロにアドバイスをもらいながら転職活動できるので

希望の条件に合った求人を見つけやすいですし内定ももらいやすいといえます。

不安で転職をためらっている人も

転職支援サービスをうまく利用して転職活動を始めてみましょう。



【最大手】リクルートエージェント

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1。

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので

転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも

あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つることができます!




まとめ

 

終わっている会社や未来のない会社で努力しても

他社でも通じるような成長が難しいですし、

将来的に生活に困ることにもなりかねません。

今回の記事を読んで今の会社が未来のない会社を

抜け出す方法を取ることが賢明。

そして未来のない会社から抜け出すには転職が一番です。


今は転職エージェントなど転職支援サービスがあるので

転職をするときは転職エージェントを利用することをお勧めします。

終わっている会社や未来のない会社から抜け出し

将来性のある会社で希望をもって働いたほうが良いですよね。

まずは行動を起こすことから始めてみませんか?