仕事・一人暮らしをやめて実家に帰るのはおかしくない!30代、40代で仕事を辞めて実家に帰るときのメリットデメリットをご紹介します。




「若い時に夢を実現して都会に飛び出したのに、いまさら実家に帰るなんて」

「実家に帰りたいけど、若くないから恥ずかしい」

「仕事をしていないから、実家に帰るのは心苦しい」

あなたはこんなふうに悩んでいませんか?

慣れない環境であなたはひとりで頑張ってきたのです。

もっと自分を認めてあげてください、

そして疲れたら休んでもいいのです。

そこで今回の記事は実家に帰りたいと悩んでいるあなたに

実家に帰るのはおかしくない理由とメリット、デメリットを中心にお伝えします。





仕事を辞めたので一人暮らしを辞めて実家に帰りたくなった


仕事を辞めたタイミングで実家に帰りたくなるのは当たり前です。

なぜならあなたは今までずっと苦し思いを我慢して仕事を頑張ってきたのでしょう。

あなたは仕事を辞めて金銭的に余裕がなくなっているのかもしれません。

あるいは以下のような状況で現在心が弱っているのかもしれません。

・ハードな職場だったので心が疲弊している

・仕事がないと社会との接点がなく居場所を感じられない

・仕事という目的を失い、むなしく感じている


一度実家に戻って元気になって就職先を見つけたら、

新たに一人暮らしを始めてもいいのです。

あなたは実家に戻るか戻らないか悩んでいるので

どちらを選んでもきっと後悔します。もっと楽な方法を選んでもいいのです。





30代、40代で一人暮らしを辞めて実家に帰るのは甘え?


30代40代で実家に帰るのは逃げなのではないのかと

罪悪感を感じていませんか?甘えではありません。

「パラサイトシングル」という独身で

実家にいる人を非難するような言葉があるので、

あなたは心苦しく思ってしまうのでしょう。

もともと実家に住んでいて働きに行っている人もいます。

実家にいるから甘えになるわけではありません。

実際2016年の総務省の統計では親と同居している

35歳から44歳までの壮年未婚者は288万人います。

考えているより人数がずっと多いと思いませんか?

あなたが帰りたいことをご両親に話をしてみましたか?

ご両親は長年遠くに住んでいるあなたに帰ってきてほしいかもしれません。

ぜひ相談してみてください。





一人暮らしを辞めて実家に帰るとき家具や家電はどうする?


特に大きな家具と家電は処分に

お金がかかりますし引っ越し代もかかります。

実家で自分が使用する場合もあるでしょうから

不要になるものについてお伝えします。

もし今お使いになっているものが以下のようなものなら

リサイクルショップ・メルカリなどで転売をして収入が入ってくることがあります。

・最近(1年~3年程度)購入して美品

・家電の場合は期限の切れていない保証書持っている

・高額の商品

売れそうのないものは処分することになりますが、

大きなものは廃棄するのにお金がかかります。

住んでいる自治体の処分方法を確かめましょう。

さらに一部の家電はリサイクル料がかかります。

処分する前に実家で使うかどうか聞いてみる、

ほしい知人に引き取ってもらう方法もあります。

また廃棄処分するのにしても、少しでも小さくして処分する方法もあります。





一人暮らしを辞めて実家に帰ったときのメリット


実家に戻った場合のメリットは以下のとおりです。

・家賃・光熱費がかからないなど金銭的なメリットがある

(田舎の場合は物価が安い場合も)

・さみしくない

・ご両親と支え合える(親が安心する・高齢になっている)

状況によりますが実家暮らしだと

生活費などもあまり入れないで済む方が多いようです。

とはいえ家賃や光熱費がかからないけど

親に一定の金額を入れる人もいるようです。

田舎が実家だと、都会と比べて物価が安い場合もあります。

実家に住むと、もはや一人きりではありません。

地元なので知人がいる人脈もあるなど

あなたの孤独感が解消されるかもしれません。

またご両親が高齢になっているので

家事の手伝いなどで人手を必要としている、

場合によっては介護が必要な親もいるでしょう。親孝行になります。





一人暮らしを辞めて実家に帰ったときのデメリット


実家に戻った場合のデメリットは以下のとおりです。

・プライベートに制限がある

・知人の目が気になることがある

・再就職が難しい場合も

一人暮らしと違って同居人がいるの自由が利かない部分もあります。

子どもの頃みたいにがみがみ指図される場合もあるでしょう。

また同級生や知人がいるので、

自分のことをどう思っているか気になるかもしれません。

自分が実家にいることに罪悪感を感じていると、

何か言われているかもと疑心暗鬼にかられる場合もあります。

もし実家にいることに罪悪感を感じているのなら、

ご両親の役に立つ、地域に貢献するなど、

積極的にかかわってみてはどうでしょうか?

罪悪感を感じて人に会わないように閉じこもると

さらにつらい気持ちを生み出します。

実家が地方の場合は都会に比べて求人数が少なくなるので、

再就職が難しくなります。

在宅ワークという働き方もありますし、

実家にいる間に転職活動をして

遠かったらまた実家から出てもいいのです。

同じような状況の人をSNSでやブログなどネット上で探してみると

状況を打開する方法が見つかるかもしれません。





まとめ


あなたは住み慣れた場所を離れ

ひとりで未知の場所に挑戦しに行ったのです、

仕事をやめたからと言ってその事実は変わりません。

自分は親離れしていないのではないか?

実家に甘えてはいけないのではないか?

そう思って我慢しすぎなくてもいいのです。

実家に帰って心機一転、新しい生活をしてもいいし

気が向いたらまた再度新たな環境への挑戦すればよいのです。

実家に帰ってみると以外に快適な生活が待っているかもしれません。