職場で部下が喋らなくなった!元気がなくなり笑わなくなった部下の原因は?心を閉ざし何も言わなくなった部下への対処法のまとめ




会社で働いた経験があるなら誰しも

誰かの「部下」になった経験があると思います。

そして長く勤めていると先輩になったこともあるだろうし、

上司になることだってありますよね。

入社したばかりの頃は部下は先輩に怒られたり注意されたりして

「なんでそんなことで怒られるんだろう?」と思い落ち込んだ

経験はきっと誰しも一度や二度あると思います。

そうやって失敗をしながら経験を積んで

仕事を覚えて自分が部下を指導する立場になったときに

部下が突然喋らなくなってしまったらどうしたらいいのでしょうか?

今回は喋らなくなったり、元気がなくなって心を閉ざしてしまった

部下の原因と対処法についてお話いたしますね。





職場で部下が何も言わなくなってしまった原因


職場で部下が喋らなくなった原因は主に5つあります。

一つ目は自信を失っているときです。

自分はできると思っていたのにできていなかったり

仕事で大きなミスをしてしまったりした時

喋らなくなってしまうのかもしれません。

二つ目ににメンタルに問題を抱えている時です。

この問題が会社にあるのかプライベートな部分にあるのか

どちらにせよメンタルが弱くなっているときに

会社で喋る気力などないのでしょう。

三つ目には上司を信頼できていないとき。

世の中信頼できる上司ばかりではありませんからね。

四つ目は今の仕事がつまらない時に仕事に楽しさを感じることができなくて

上司とも話すことができなくなっていることもあると思います。

最後五つ目は退職を考えている時です。

これはもうこの職場に長く居るつもりはないのですから

無駄に喋る必要もないと考えているのでしょう。

意思のかたい部下なら退職を考えられて時点で

会社で無駄に喋ることをやめてしまうと思います。





職場の部下が笑わなくなり話しかけて来なくなった時の特徴


部下が笑わなくなったりはなしかけて来なくなった時は

目も合わさないし言葉もキツくなるという特徴があります。

実際私自身も経験があるのですが

上司と喋りたくなくなった時は目を合わすこともしなかったです。

その時はもう退職をしようときめていましたので

「どうせ辞める会社なのだから嫌われてもいいや」と思い

目も合わさなかったし話を聞き流したり喋る時も適当なことを言って

仕事への取り組みも不真面目になってしまったり言葉もきつくなってしまいました。

当時その会社で上司からパワハラを受けていましたので

そういう不満が本当に爆発寸前でそういう態度をとってしまったのです。





急に仕事のやる気がなくなった部下へのやる気の上げ方


人は自分の成長や結果が目に見えてわかった時にやる気が出すものです。

たとえ結果が出るまでが苦しくて辛くて辞めたくなることが何回もあったけど

その努力が報われた時に「私ならできる」とやる気を出してくれると思います。

なので上司や先輩が

・できないことができるようになった時

・難しい課題や仕事をこなせるようになった時

・上司や先輩から褒められた時


責任のある仕事を任された時やる気がなくなった部下に

このようなことを振ってあげたり成果を求めてあげれば

やる気がでてくるでしょう。

たとえ失敗をしたとしても改善点を指摘した上で褒めてあげること。

そうすることで仕事に対してもモチベーションもあがるでしょう。

ですが中にはいくらこちらがやる気を出させようとしても

「お給料だけもらえてればいいや」と考えている人もいますので

そういう部下は早く見切ったほうが会社にとっても良いのかもしれませんね。





職場の部下が話さなくなり元気がなくなったのは部下と話さない上司にも問題がある?


もし全く喋らない上司であれば部下と話さない上司にも問題はあると思います。

喋るけど学生生活みたいに一日中喋っているような上司というのもある意味問題です。

職場ではコミニケーションの一つとして喋ることも大事ですが

学生ではないのですから仕事をしないでおしゃべりしてしまっているのはダメですよね^^;


また部下も「上司がなにか話を振ってくるからそれにだけ答えていればいいや」

という姿勢ではなく「たまにはこちらから上司に話しかけてみよう」とする姿勢になると

上司もコミニケーションが取りやすく大変助かると思います。





心を閉し話しかけてこなくなった部下への対策、コミニケーションの取り方


部下が心を閉し話しかけて来なくなってしまたら

まず一度二人で話してみるのもいいかもしれません。

二人で話すことで部下は「私にも気をかけてくれている」

そう安心して心の中の不満や不安を打ち明けてくれるかもしれません。

しかしこの部下ばかり気をかけている素振りを見せると

他の一生懸命頑張っている社員が

「やる気のない素振りを見せれば私もあんな風に気にかけてもらえるのかな?」

そう思ってしまい思い他の社員もやる気がないフリをするかもしれません。

なのであまり心を閉してしまった部下だけを気にかけすぎも良くないと思います。

「みんな平等に接しているけど何か問題を抱えている部下がいたら全力で手を貸すよ!」

というスタンスがいいでしょう。





まとめ


部下が心を閉してしまった時、上司として最善の手を尽くしたいものだと思いますが、

どうしても人間同士のことなのでそこに

好き嫌いという感情が入ってくることもあると思います。

上司だって人間なのですから部下の好き嫌いはあると思うし

部下だって上司の好き嫌いはどうしてもありますよね。

しかし最初から私はあの人が嫌いだから話すのも嫌という態度でいると問題は解決できません。

なのでもし話したくない相手であっても一度は話をしてみる

コミュニケーションをとることで解決策がきっとみつかるはずです。

あなたが部下や周りの人間と良い仕事ができることを願っています。