真面目な人は仕事が出来ない?仕事が真面目だけど要領が悪くミスが多い人の特徴と改善方法、向いている仕事をご紹介します。




「真面目なことは良い事!」「真面目にやっていれば報われる」

ずっとこう考えてきたのにいざ働きだしたら

真面目が長所として通用しない・・職場でうまくやっていけない。

このようにと悩んでいる方は多いと思います。

真面目な方は物事に真剣に取り組みますが、

ちょっと心配性だったり真面目すぎてついつい失敗してしまったりします。。

そこで今回はそんな真面目なあなたに

今回はミスが多い時の対処法や改善方法をお伝えしていきます。





職場で真面目だけど使えない真面目系クズと呼ばれてしまう人の特徴


真面目系クズとは、見た目は真面目なのに、中身はクズの人という意味です。

具体的には見た目は真面目なのに

手を抜く、人目のないところでさぼる、

実際は適当にやっている、責任を取らないという、

二面性のある人のことを指します。

ただ単に真面目で真面目すぎてクズという意味ではないようです。

また自主性がなく、指示した通りはやっても、

指示していないことは何もやらないということを

真面目系クズの特徴として挙げられる場合もあります。

もしあなたがさぼっていないのに

真面目系クズといわれているのであれば、

指示されていないことにはタッチしないということはありませんか?

または一生懸命仕事をやっているのにもかかわらず

ミスを連発させてはいませんか?

無責任だと思われている可能性があります。





真面目だけど仕事でミスが多い人の理由

 

真面目な人だけど仕事ができないといわれる原因は以下のとおりです。

・融通がきかない

・コミュニケーションスキルがない

・一人だけで仕事を抱えがち

融通がきかないないとルールもなく自由に仕事をやるとなると動揺してしまいます。

自分一人だけの力だけで何とかしようと思っていませんか?

困っても一人の力で何とかしようとして、

締め切りに間に合わなかったり、ミスしても黙ってしまって、

被害が拡大するようなことが起きます。

また周囲とコミュニケーションをとらないことで、

仕事に対してずれが生じてしまっていても、

気が付かないこともあるのです。

あなたは極力自分から話しかけないようにしていませんか?

たとえば会社の指示を受けても、指示以外の事態は当然発生します。

指示されていないからやらないでは仕事が進まないのです。

そこで打ち切ってはいけません。

まず社内の人とコミュニケーションをとることが必要なのです。





職場で真面目だけど無能と呼ばれてしまう時の改善方法


もし職場で真面目だけど無能と呼ばれてしまうときは

分からないことはわからないと言い、誰かに聞いたり相談するようにしましょう。

仕事を始めたばかりだと、わからないことでいっぱいです。

職場の人は指示を最低限しかしないで、わからないことは聞いてほしいと思っています。

初めのうちは誰でも仕事がわからりません。

指示されたのにわからないから聞くということは失礼なのではと考えなくてよいです。

自分はこれで大丈夫と思っていても

若干間違っていたりずれていたりする可能性もあります。

初めのうちは確認しながらやったほうが無難ですし、

先輩や上司も仕事を完了する前に確認してもらった方が対応しやすいです。

つまりあなたは先輩や上司に相談するといったことが必要です。

段々慣れてくると、マニュアルにない対応の仕方などを

先輩や上司から学べるようになります。

一人の判断を過信することなく周りに聞く相談するということを忘れはいけません。

その場に聞ける相手がいないのであれば、

対応をその場でするのではなく

相談できるようになってから対応できるようにしてもよいのです。





真面目過ぎて仕事が出来ない人に向いている仕事


マニュアルや規則がしっかりある、数字を扱うなど

決まったルールに従って仕事をするようなところがよいです。

また教育制度が整っているところおすすめします。

特に遠慮して人に話しかけられない人は、メンター制度があるなど

自分から話しかけなくても困っている場合に助けてもらえる制度があるとよいです。


具体的には

・国家・地方公務員(学校教師・警察官・消防士・自衛官など)

・NPO法人職員

・準公務員(郵便局など)

・経理

・銀行員

・事務職

・行政書士

・税理士

・工場勤務

・プログラマー

・エンジニア

ただしあなたは何に対して真剣になるのか

またはなりたいのか自分のことを詳しく知ることが必要です。

あなたの真面目さを活かせる職業を探しましょう。





真面目過ぎて周りと合わない、嫌われるなら転職を考えた方が良い 


真面目に仕事をやっているあなたが悪いわけではなく職場が悪い場合があります。

真面目な人が損するような職場、長時間労働を強いるような職場、

相手の弱みを握って支配しようとするようなブラック企業に出会った場合

転職をおすすめします。例えば、

・真面目に仕事をやっている人に仕事を押し付けようとする

・真面目だという人格を否定し、パワハラを行っている

・真面目という理由で、仲間外れにするなど、いじめを行っている職場

このようにあなたが仕事ができないというわけではなく

しっかりやっているにもかかわらず

危害を加えようとか支配しようとしているだけの場合もあります。

仮に自分に失敗が多い場合で、その仕事があなたに向かないだけなのかもしれません。

自分を冷静に分析しどこまでできるのかできないのか判断して

できないと判断したのであれば転職を考えましょう。

あなたの個性を生かせる職場はあります。





まとめ

 

真面目だから職場で失敗すると思いつめないでください。

真面目なのが欠点だ、、と思ってしまうかもしれませんが、

真面目なのはあなたの長所でもあります。

その真面目さをいかせる職場はありますし

真面目であれば自分の信じるものにつき進める強い力が生まれますし

自分の成長への意欲もあります。

そしてもしどうしてもあなたの真面目さがいつも裏目に出てしまう。

周りが理解してくれないような環境なら転職などをして

環境を変えることも視野に入れてみてくださいね。