転職をしていきなり管理職になれるの?管理職候補の特徴や転職していきなり課長や部長など管理職として入社して気を付けることなどをご紹介します 。




求人情報を見ていると、課長や部長などの管理職の求人が出ているものを見かけます。

しかし、実際にいきなり管理職になることは可能なのか、管理職候補になるのはどのような人なのか気になりますよね。

また、今の仕事で管理職をしているけれども、転職して平社員になりたいという人もいると思います。

この記事では、管理職と転職に関する情報を掲載しています。

転職して管理職になりたい方や管理職だけれども転職したいという方は是非参考にしてくださいね。



管理職の転職は難しい?転職をしていきなり管理職になれるものなの?


管理職の転職は、平社員の転職に比べて難しいといえますが、可能です。

また、いきなり管理職に就任することもあり得ますが

管理職の転職といってもいきなり管理職になるものばかりではないことに注意が必要です。

管理職の転職には、いきなり管理職になるものと

将来管理職になる「管理職候補」と言われるものがあります。

会社の雰囲気や仕事の内容について、何もわからないまま管理職になっても

部下をマネジメントすることは難しいものです。

そのため、数か月から数年は平社員としての仕事を経験し

その後管理職になる「管理職候補」が多くの企業で用いられています。

もちろん、管理職として採用された場合はいきなり管理職になることができますが

きちんと管理職としての仕事が出来るかはスキルや努力が必要です。

ただ管理職になるだけではなく管理職になって成功することが大切です。



管理職候補の特徴


管理職や管理職候補として選ばれる人の特徴として

一つ目に、コミュニケーション能力が高いことを挙げることができます。

管理職は部下に的確な指示や指導をしなければなりません。

そのためには、部下に自分の伝えたいことを理解させ

部下の伝えたいことをきちんと聞き、理解することが必要です。

意思疎通を十分行うという意味で、コミュニケーション能力が大切になります。

二つ目の特徴は、リーダーシップがあることです。

管理職は、いろいろな考えや特性を持つ部下をまとめ

同じ目標に向かって進めていかなければなりません。

部下に決めた目標まで従いたいと思わせる必要があります。

三つ目の特徴は、マルチタスクに対応できることです。

管理職は複数の部下の仕事の管理や自分の上司への報告や連絡

そして部下の起こしたトラブルへの対応など様々な仕事を並行して行う必要があります。

一度に一つの事しかできないタイプは管理職になることが難しいです。



転職して、いきなり課長や部長の管理職で入社するときに気を付けること


いきなり管理職として入社するときに注意すべき点として

一つ目に、すぐに部下の仕事のやり方を否定しないことを挙げることができます。

いきなり管理職として入社すると昔からいる社員が部下になるため

僻まれたりして敵を作りやすいものです。

その状態でいきなり部下を否定すると素直に聞いてもらえず反発される可能性が高いです。

二つ目は、まずは会社の全体的な仕事を理解するようにすることです。

一見ムダや非合理に見える仕事も全体的に見れば、必要なこともあります。

未だ会社の仕事がよくわかっていない内に指示や指導をしてしまうと

過ちを犯すことがあるので、注意が必要です。

三つ目は、平社員として入社するよりもプレッシャーがかけられやすいことです。

管理職は平社員よりも給料が高いため、上層部からの評価の目も厳しくなります。

そのプレッシャーに負けず、成果を上げなければ、クビや降格になる可能性もあります。



管理職から平社員に転職したいと思う人の理



管理職から平社員に転職したいという人もいますが

そう思う人の理由として、一つ目に管理職の仕事が合わないことを挙げることができます。

管理職は、部下を指導をしたり、部署全体の仕事がうまくいくように

調整したりするなど平社員とは異なる仕事を行う必要があります。

管理職としての仕事がどうしても苦手な人もいます。

二つ目の理由は、管理職になり給料などの待遇が割に合わないと思うようになることです。

管理職になると残業手当がつかなくなり逆に収入が減ったという人も珍しくありません。

割に合わない仕事はやめたくなるのも当然です。

三つ目の理由は、部下と上司の板挟みになることです。

経営陣などの上司の指示と部下の要望が相反することも少なくなく

上司の指示を通そうとすれば、部下から直接反発されるのは管理職です。

とてもストレスがかかる状況であるため、

平社員に転職してこの状況から解放されたいと思うようになります。



転職で成功するには転職エージェントを利用しよう


転職して管理職を目指す方だけでなく、管理職から平社員に転職したい方も含め

転職を成功させるには転職エージェントを利用することをお勧めします。

転職エージェントは、転職希望者の希望条件を聞きそれにあった求人を紹介してくれたり

応募書類の作成、面接など転職に成功するためのコツを教えてくれたりします。

転職エージェントには今までの業務経験や自分の希望を具体的に聞いてもらうので、

ただ求人情報を検索することとは異なり、より希望に合った求人を見つけやすくなります。

転職して管理職になる場合も管理職から

平社員に転職する場合も自分のキャリアの大きな転換点になります。

転職エージェントはキャリアカウンセリングもしてくれますのでキャリアを転換する不安も軽減できます。

転職を成功させ、希望に合った仕事に就くために

転職エージェントは力強い味方になってくれます。



まとめ

 

転職していきなり管理職になることは難しいですが可能ですし、

管理職候補として転職し、仕事や会社に慣れてから管理職になるという手段もあります。

管理職として転職できたとしても、成功するためには、

マネジメント能力などのスキルや素質が必要ですし、部下との接し方など注意が必要です。

管理職の転職は難しいため、転職のプロからサポートを

受けることができる転職エージェントが特におすすめです。

管理職になりたい方、そして、管理職から平社員に転職したい方も、

希望に合った仕事を見つけて、やりたことを実現させましょう。