モンスター社員の対応・対策まとめ! 職場のモンスター社員の特徴や弱点、辞めさせる方法やその末路をご紹介します!

あなたが働いている職場に「モンスター社員」はいませんか?

モンスター社員とは職場にとって

不利益で厄介な言動を栗化して周囲を困らせる社員の事を言います。

もしかしたら職場で「この人ってモンスター社員かな?」

そう思った経験があなたもあるかもしれませんね。

出来れば関わりたくないけど仕事なのでどうしても顔を合わせなければいけない。

ストレスを感じて仕事に対するモチベーションも下がってしまいますよね。

そこで今日はモンスター社員の特徴や対策などをご紹介しますね。

モンスター社員の特徴・エピソード


「モンスター社員」とは勤務態度や職場で共に働く同僚などへの言動が

常識を逸脱していて周りに迷惑ばかりかけてしまう社員の事を言います。


・相手の気持ちを考えず自分の意見を押し通す

・自分の能力に自信を持っていて自分の考えが絶対に正しいと思っている。

・情緒不安定で自分の感情のコントロールが苦手

 すぐに泣き出したりキレたり気分の浮き沈みが激しい・・


これはほんの一例ですが、厄介な事に

これらの言動を直すように上司や先輩などに指摘されても

本人が直そうという気がない、または直せないという特徴も持っています。
 

またモンスター社員のよくあるエピソードとして挙げられるのが


・休憩時間を自分勝手にとってしまう。

・どんなに仕事が残っていても残業をしないで
 
 いつも定時になったら周りを気にせずに退社してしまう。

・目上の立場の人間に対して敬語がまるで使えない


等のエピソードがあります。

モンスター社員の弱点


モンスター社員は常に人に認められたい!

自分に注目してほしい、注目されたい!という欲求を持っていています。


心の中では「自分」に自信を持っていない余裕がない人が多いんですね。

だから、他人を蹴落としたり攻撃的になってしまったり

とにかく注目されたいがために嘘をついたり自慢話を繰り返したり

自分の考えを否定させるとすごくショックを受ける

弱いメンタルを持っていたり自分のミスを隠し人ののせいにしてしまうんですね。

そう考えると、モンスター社員は自分勝手な言動で

周囲に迷惑をかけて困らせていますが

実はそんな自分自身の事が大嫌いで

一番心を痛めてしまっているのかもしれませんね。

女性モンスター社員はさらに厄介


モンスター社員は性別関係なく男性・女性どちらも存在しています。

モンスター社員というだけで困りものなのですが

女性の場合は男性よりも厄介です^^;

例えば些細なことでも「セクハラを受けた!」と

大げさに騒いだり、嫌な事があると大声で泣き喚いたり

周囲に大げさにアピールをする女の武器を使ってきたりするんですね。

そして、職場で自分が気に入らない人がいたら

ずる賢く周囲を味方につけて嫌がらせやイジメを行う場合もあります。

そう考えたら女性モンスター社員は

男性モンスター社員に比べてより厄介な存在と言えるのかもしれません。

今は比較的良好な関係を保っていても

ちょっとしたことで対応を間違えてしまったら

すごく逆恨みをされてしまい

復讐をされてしまう恐れもありますので注意が必要ですね。

モンスター社員の末路


周囲の人間を沢山振り回して、気を遣わせて、

いつも困らせてばかりのモンスター社員の末路は

「解雇」や「退職」といって残念なケースが多いです。

そればかりかそんなモンスター社員のせいで職場の空気が悪くなり

嫌気がさして周囲の人間で退職をしてしまう人すら出てくる可能性もあるんですね。

モンスター社員の末路は自業自得と言えますが、

関係ない真面目に仕事をしている人まで

悪い影響を与えてしまうのは非常に迷惑話です。


ですが会社でのカウンセリングや面談や部署移動などで

少しでも良い方向に改善できるケースもありますので

もしもあなたの職場でモンスター社員がいて迷惑をかけられていたら

上司、上層部などにまず相談して対応してもらうことがいいでしょう。

モンスター社員の対応・辞めさせることはできる?


モンスター社員の相手をしてこちらまで感情的になったら

関係も事態も余計悪化してしまう恐れがあります。

もちろん自分勝手な言動に怒りを覚えたり文句を言ってやりたい気持ちは

とてもわかりますが、気持ちを抑えて冷静に対応しましょう。

・話を最後まで聞いて「あなたの考えもわかりますよ」という

 スタンスで信頼と安心感をあたえる。

・「よくがんばった!すごいね!」と褒めてあげて相手の存在を認める。

・基本的に他の社員と同じように接して必要なとき以外はなるべく

 関わらない、深入りしないようにする。


また会社側はモンスター社員の言動があまりにもひどく

改善の余地がぜんぜん見られない場合「解雇」をすることが可能です。

ただ突然解雇を言い渡すと、

不当解雇だと訴えられてしまう可能性もありますので

・注意・指導をする

・始末書の提出や降格、減給などの「懲戒処分」

・それでも改善されない、改善する姿勢がない場合は

 自主退職を勧める「退職勧奨」

・「退職勧奨」にも応じないで、今までの言動も改めない場合は「懲戒解雇」

この手順で進めていきましょう。

まとめ


モンスター社員は本当に様々な悪い影響を関わる人に与えてしまいます。

職場の人間関係、空気や会社の業績なども

たった1人のモンスター社員によって悪化してしまう恐れはもちろん

対応を誤ってしまうと訴訟問題にまで発展する可能性もあります。

だからそれぞれのモンスター社員に合わせた対応を取って

モンスター社員を生み出さない職場づくりや環境改善も大事です。

もしあなたが職場でモンスター社員と遭遇してしまったら

今日の記事を是非参考にしてみてくださいね。