モラハラをされた職場への仕返しや対処法のまとめ! 職場でモラハラをされたときの相談や対応、対処、合法的に仕返しをする方法などご紹介します!




あなたは職場のモラハラに悩んでいませんか?

会社でそんな辛い思いをして毎日を過ごしていると

すごくストレスになりますし、仕事のモチベーションも下がりますし

体調や精神的にも悪影響を及ぼしてしまいます。

なのでもしもモラハラを受けている

受けているかもしれない可能性があるのなら

相談をして対処など行い適切な方法をとる必要がります。

またモラハラを受け続けて

仕返しなどを考えている方もいるかもしれませんね。

そこで今日はモラハラをされたときの

対処や相談方法、また合法的な仕返し方法などご紹介しますね。

職場のモラハラの事例・判断基準


「職場でもしかしたら自分はモラハラを受けているかもしれない‥」

その基準を簡単に説明しますね。簡単に判断できる基準を説明します。

モラハラは精神的暴力であり肉体的に殴られたり・蹴られたりするのではありません。

例えば陰で悪口を言われたり些細なミスで

過剰に叱責をされたりするのはモラハラに当たる可能性が充分あります。

またモラハラって加害者が上司であったり先輩であったりすると

周囲の人に気づかれにくい証拠が残りにくいものだったりするんですね。


・職場で無視されたり陰口を言われたり噂を流される。

・会社の行事や飲み会などに一人だけ誘われない。

・能力に見合わない仕事を押し付けたり、

 仕事に必要な情報を流さず仕事ができないように仕向ける

・プライベートに干渉され私生活や恋愛などをしつこく聞いてくる


このようなケースが主にモラハラに該当されます。

職場でモラハラをされたときの相談


ある程度規模の大きい会社であれば「ハラスメント相談窓口」といった

社内窓口が存在していますので、もしモラハラ被害に遭っていると思ったら

まずそちらに相談してみるのがいいです。

社内の窓口であればお金などもかからずに相談ができますし

職場の上層部も巻き込んで解決に向けて動いてくれることでしょう。

もしもハラスメント相談窓口がない場合、

職場内で相談できない環境、解決できそうにない場合は

・労働局

(労働問題の相談と解決を行う行政機関で無料で相談できる)

・法テラス

(日本司法支援センター、法的トラブルの道案内となる窓口で必要な情報を教えてくれたり

弁護士などの費用建て替えも場合によっては行ってくれて、こちらも無料で相談をしてくれる)

外部でもこのような機関がありますので一度相談してみるのが良いでしょう。

職場でモラハラをされたときの対応・対処法


もしも職場でモラハラをされたらまず「すべて自分が悪いからこうなる」

という考えは止めるようにしましょうね。

モラハラの被害を受けてしまいやすい人は

謙虚で素直な真面目な人が多いんですね。

自分の考えを相手に押し通すことが苦手で嫌な事があっても

自分が悪いんだからと我慢をして自分を責めてしまう。

自分を責めてはいけません。もしモラハラをされていると感じたら

周囲に相談をして助けをどんどん求めてくださいね。

またモラハラを受けたらその証拠を残すために

被害を受けた事実を記録しておいてください。

証拠があれば後の相談などがすごくスムーズにいきます。

いつ、どこで、誰から、どんな言動を、なぜそのような状況になったのか?

そしてその時の気持ちや心身の状態などもメモなどに書きとどめておいてください。

気分が落ち込んだり、悪くなったり、眠れなくった、

うつ状態になってしまったなど、健康状態を詳しく書き残すことで重要な証拠になります。

鬱状態などになったら早急に病院で受診を受けて診断書などをもらってください。

そして、もしも可能ならば音声の録音や動画など記録できるなら更にいいですね。

そういう状態になったらもう休職を考えて仕事のことなどは考えずに

休養を取って治療に専念して心身ともに回復させることを考えてくださいね。

そしてその後も職場に相談しても問題がどうしても解決しない。

早急に職場を辞めたいときは転職も視野に入れてください。

自分の身を守ることが何より大事です。

職場でモラハラをされたときの合法的な仕返しは?


もしも職場でモラハラを受けたときなど

周りに助けを求めて仲間を増やしてみるのもいいですね。

同じように被害を受けている人や普段からモラハラを知っているけど

嫌々従っていた、見て見ぬふりをするしかなかった、などという人もいますので

そういう人に一人ずつ相談して仲間を増やし皆で協力をして

会社の上層部に報告をすれば左遷、部署移動になる可能性も大いにあります。

また先ほどもお話しましたがモラハラを受けた証拠、記録をのこして

それを証拠として職場の上層部に報告をすれば問題として提起してくれるはずです。

会社としてもモラハラの事実を明るみにさせたくはないですからね。

そうすれば会社はそのモラハラをした人間に指導したり

部署移動させたりと対応をとってくれるでしょう。

ただ記録をして証拠を残したからから上層部に報告せずに

モラハラをした人間に「記録をした」などと脅すのは辞めましょう

あくまで自分がモラハラを受けているという記録を

会社に報告するためだけに使ってくださいね。

職場でモラハラをされて退職を考えているけど辞めずらい時は


もしどうしてもモラハラを受けている、

今の会社をもう辞めたいと思っていても


「上司や先輩に辞めると言いにくい」

「もう職場の人間に二度と顔を合わせたくない。」


会社を辞めるというのが怖くてできない場合は

退職代行サービスというものがあります。

このサービスはあなたの代わりに会社に退職を伝えてくれるサービス。

料金はだいたい数万円ですが、このサービスを利用すれば

退職の手続きすべてを引き受けて行ってくれますので

「もう会社を今すぐ辞めたいけど会社に顔を出すのが嫌だ」という

悩みを解決してくれます。

退職代行サービスに退職理由を伝える際は

「会社にもう行きたくない」「上司や先輩と顔を合わせたくない」

退職理由はどんな理由でも大丈夫です。

もし職場に辞めると言いにくいなら是非一度

退職代行サービスを使ってみてくださいね。

まとめ


モラハラへを受けたときの相談、対処法、仕返しなどを今日はご紹介しました。

本来なら会社でいじめられて辛い思いなんてしたくないし

そんなことで日々悩みたくないですよね。

実は私自身も職場でモラハラ、パワハラを受けた経験があり

その辛さはとてもよくわかります。

もし今あなたがモラハラを受けて我慢し続けているのであれば

そんな必要はもうありません。

自分自身の体と心を守ることを何より大事に考えてくださいね。

あなたがモラハラに悩まずに元気に仕事ができるように応援しています。