仕事をサボる人が優秀な理由を解説!仕事をサボる人は頭がいい?仕事を適度にサボる優秀な人の特徴と優秀な理由を解説します!




仕事をサボっているように見えるのに仕事が出来て成績優秀な人はいますよね。

優秀で仕事が目立ってできる人は、意外なことに仕事に

ずっとまじめに取り組んでいるわけではなかったりすることも多いです。

もちろんまじめに仕事に取り組むこともありますが常に仕事一筋という感じではなかったりします。

この記事では仕事をサボる人が優秀であることが多い理由や特徴について紹介しています。

仕事をサボる優秀な人について興味がある方は是非参考にしてくださいね。





仕事のサボり魔って実は優秀?


必死に仕事に取り組んでいるわけではなく

どちらかというと手を抜いているように見えるのに

仕事で成果を出す人を知っているという人も多いでしょう。


「サボり魔」といってもやるべきことをやっていないわけではなく

仕事はきちんとこなしています。

しかし、時間が余っているように見えたり

周りの人と比べて残業も少なくさっさと退社したりします。

サボり魔といわれるような人は実は優秀であることが多いものです。

仕事は成果が大切なのでかけた時間と労力の多少よりも成果が重視されます。

同じ成果物であれば少ない時間と労力で仕上げても

同じ評価かそれ以上の評価を得ることができます。

他の人よりも時間と労力をかけなくても評価されるサボり魔は優秀だといえます。





仕事をサボる人は実は実は頭がいい!


仕事をサボる人は実は頭がいいことが多いです。

仕事をサボりながらも成果を出すためには

作業のスピードや段取り力、集中力など様々な能力が必要です。

さらに、業務を効率的に進めるには

業務全体の流れや作業の意味などについて深い理解力が求められます。

これらの能力を併せ持ちうまく組み合わせて使いこなすためには

頭が良くなければ難しいでしょう。

サボりながらも仕事をこなす人はより効率的に

仕事を進める方法はないか頭を使いながら仕事をしているのです。

逆に言えば、残業しながらまじめに仕事をしているけれども

なかなか成果が出ないという人は頭を使って仕事が出来ていない可能性が高いです。

仕事はがむしゃらに作業を進めるのではなく

できるだけ少ない時間と労力で成果を上げるよう頭を使うことが大切です。

頭は使うことでさらによくなっていきます。





仕事をサボる優秀な人の特徴


仕事をサボる優秀な人の特徴として

一つ目に仕事の要点を理解していることを挙げることができます。

重要な点や押さえるべき点に時間と労力をかけ、重要でない点や評価されない部分は手を抜くことで効率的に仕事を進めることができるのです。

二つ目の特徴は、プライベートの時間が充実しているということです。

仕事が嫌だったり、面倒だったりしてサボるのではなく、趣味や家族のためなど目的があってサボっている人が多いです。

仕事自体は意欲的に取り組んでいるので、成果も出すことができ、優秀だと評価されます。

三つ目の特徴は必要以上に協調性を持たないことです。

仕事を進めるために周りと協力はしますが、周りに合わせてだらだら作業したり、残業したりしません。

自分のペースで仕事を進め、仕事が終われば退社します。





仕事が出来る優秀な人ほど仕事をサボる理由


仕事が出来る優秀な人ほど仕事をサボる理由の一つ目は

他の人よりも仕事を早く終わらせることができ、時間が空くことです。

やるべきことは終わらせていますが、残業もせずに定時で退社したり

周りが必死に仕事をしている中余裕がある雰囲気だったりするので

サボっているように見えているのです。


二つ目の理由は手を抜いていい仕事やその限度がわかっていることです。

人間の体力や集中力には限度があるため

常に力を目いっぱい使って仕事をすることは困難です。

優秀な人は、力を入れなくてもいい仕事について適度に手を抜いていたりします。

その分、力を入れるべき仕事に集中できるのでよい成績を残すことができます。


三つ目の理由は、仕事を計画的に進めるとともに計画にゆとりを持たせていることです。

計画的に仕事を進めているので締め切りに追われることもありませんし

ゆとりがあるのでその時間は空いた時間となり、サボることができます。





仕事を適度にサボり優秀な人になるための方法


仕事を適度にサボりながらも優秀な成績を残す人になるためには、

効率的に仕事をこなす方法を考えることが大切です。

具体例を出すと、定型的な文書はフォーマット化して文書の作成時間を削減したり

まとめてできる作業はまとめて行うことで作業時間や労力を削減したりすることです。

目の前にある仕事をがむしゃらに片づけていくのではなく

自分の仕事を広い視野で見て、計画を立てて仕事を進めましょう。

また、それぞれの仕事のゴールラインをはっきりさせることも大切です。

仕事はやろうと思えば際限がありません。

目標をはっきりさせ、それを達成すれば仕事は完了したと判断し、終わらせます。

だらだら作業を続けなくて済むので、サボる時間を確保できます。

さらに目標が明確になることで、仕事の進め方もはっきりし

作業のスピードアップにつながるという効果も期待できます。





まとめ


仕事をこなしながらもサボる人は

効率的に仕事を進めることができる優秀な人が多いです。

効率的に仕事を進めるためには作業時間を減らす工夫や

計画を立てて仕事をすることが大切です。

また、常に全力を出すのではなく

手を抜いていい場面では適度に手を抜くこともコツだといえます。

サボりながらも成果を出す人になりたい方や

仕事に追われてばかりで辛いという方は

この記事を参考にして効率的に、そしてゆとりをもって

働くことができるようになってくださいね。