パートの退職届の書き方!体調不良でパートを辞める時の退職届の書き方やいつまでに出せばよいか?退職届を書かないとどうなるか?解説します。




パートは正社員と違って退職が簡単、と思っていませんか?

確かに引き継ぎなどはほとんどないかもしれませんが

辞めるときには規定に書かれている手順が必要になる場合もあります。

また期間が決まっているパートの場合だと

更新時期まで勤めなければなりません。

もしその途中でも体調が悪くなれば辞めることができるのか?

気になりますよね。

今回は

「パートの退職届について気になる書き方や提出時期

 そして退職届を書かなかった場合どうなるか」

についてご紹介しますね。





パートで退職する時、退職届はいらない?


一般的に退職届がいらないとされるのは

以下の2つの条件を満たしているケースです。

・就業規則に書いてない

・会社とあなたが退職することを合意している

これは正社員もパートも同じと考えていいと思います。

パートが退職届を出すかどうかは会社によって違うので

まずは就業規則で確認しておきましょう。

もし今までのパートが口頭で伝えるだけで

辞めていっているのでしたら退職届は不要だと思います。

たとえば「対処届を出しても出さなくてもいい」

と、言われたらどうすればいいでしょうか。

この場合は退職届を出しておいたほうが無難だと思います

「退職届なんて書くのが面倒…」

という気持ちになるのはよくわかります。

でもどこからも文句が出ないよう

完璧に準備して辞めると気持ちがスッキリします。

これが最後の仕事と思って退職届を提出することをおすすめします。





パートで退職届を書くとき横書きと縦書きどちらがいいの?


退職届は「縦書き」が一般的です。

しかし横書きがだめなわけではありません。

たとえば会社名にアルファベットが入っている場合は

横書きのほうがいいように感じます。

それでも特に指示のないときは

縦書きにしておいたほうがいいでしょう。

また退職届の文章には決まった型があります。

テンプレートをダウンロードして

「会社名」「氏名」「日付」を変えて印刷すれば

それで退職届は完成します。

手書きの場合もテンプレートを参考にして縦書きで書いてください。

忘れてはならないのが封筒です。

これも縦書きになります。

表には「退職届」と書き、裏には「氏名」を書きます。

封筒は郵便番号の枠が入っていない白いもので

中身が透けないものを使用します。

この封筒がなかなか売っていないときがあるので

見かけたら買っておきましょう。

また退職届に必要なもの一式がセットとして売られています。

そちらを購入してもいいですね。





体調不良などでパートを辞める時の退職届の書き方


「一身上の都合により〇月×日で退職いたします」だけでOKです。

自身の体調不良は「自己都合での退職」に

なるのでこの書き方になります。

詳しい理由は書かなくて大丈夫です。

ただし退職届を出す前に、会社と話をしておきましょう。

いきなり退職届を出されてしまうと会社もビックリしてしまいます。

体調不良ということでしたら

引き止めにあう可能性は低いですが問題は時期です。

会社は代わりが見つかるまでいてほしいでしょうが

あなたの体調を優先して交渉してください。

お互いが〇月×日で辞めることに納得したら

その時点で退職届を出します。

また雇用の期間が決まっているパートであっても

やむを得ない事情があれば辞められます。

体調不良はやむを得ない事情に該当する可能性が高いですが

念のため診断書を用意しておいたほうがいいでしょう。





退職届はいつまでに出せばよい?

 

就業規則に書かれていれば、それに従ってください。

会社のほうから「〇月×日までに出してね」

と、言われたらそのようにしましょう。

ちなみに民法では

「退職したいと伝えたときから2週間すれば辞められる」

となっています。


しかしあなたと会社の関係が悪くないのでしたら

1ヶ月前には退職届を出したほうがいいですね。

なぜなら会社のほうも次の人を探さなければならないからです。

ではもし「退職の申し出は3ヶ月前にすること」と

就業規則に書かれていたら、従わなければならないのでしょうか?

3ヶ月は長いですよね。

これは会社側が「3ヶ月前に出してね」

と、いうお願いをしているだけで強制ではありません。

パートは引き継ぎもそれほどないと思うので

退職したい日の2週間から1ヶ月前に提出して問題ないと思います。

ただし事前に会社と退職日について話をしておきましょう。





もしパートを辞める時退職届を書かないとどうなる?


法律上は口頭で伝えて退職しても問題ありません。

しかし多くの会社は「退職届」を出してほしいと言ってくるでしょう。

なぜ提出してほしいかというと

あなたと会社との意見の食い違いをなくすためです。

たとえばあなたが「〇月×日に辞めたい」と伝えたとしますね。

でも会社が「□月×日に辞める」と勘違いしたとします。

あなたは間違いなく伝えたはずですが

退職届がないとそれを証明することができません。

こうなると会社とトラブルになって

辞める時期に影響することもあります。

退職時期が遅れるのは避けたいですよね。

法律上では退職届を出さなくても問題ありませんが

後々の会社とのトラブルを避けるためにできるなら

提出しておくことをおすすめします。





まとめ


パートといえど、退職するときの手続きとしては

ほとんど正社員と変わりません。

退職届が必要かどうかは就業規則を確認しておきましょう。

もし規定がない場合は口頭での申し入れで退職は可能ですし

会社もそれを拒否できません。

ただし退職届を出さないと、辞めるときに

思わぬトラブルに見舞われることもあります。

「パートなのに退職届を出すのは面倒」

と、思う気持ちはわかりますが、

出しておいたほうが後々の面倒は減ります。

気持ちよく辞めて次のステージに進んでいってくださいね。