嫌な上司のせいで毎日が辛い・・ パワハラ上司の特徴と心理、パワハラに対処をする方法を解説します。



あなたは勤めている上司からパワハラにあった経験はありますか?


私は今まで勤めてきた職場で「パワハラ」をうけて

何年も辛い経験をしたことがあります。


事あるごとに大きな声で怒鳴られたり

できるわけがない無茶なノルマをやらされたり

仕事の報告やわからないことを聞いても無視されたり

ひどいときには胸ぐらをつかまれたり暴力を振るわれたり・・・


そういう上司や先輩からの理不尽なパワハラはよく聞きますし

パワハラ被害を受けて悩まれている人は今もたくさんいるかもしれませんね。


職場の上司のパワハラでよく相談される内容は主に3つに分類されます。


1・上司のパワハラを訴えたい

2・上司のパワハラをなんとしてでもやめさせたい。

3・上司のパワハラを受けて心身ともに参ってしまった。



そこで今日はパワハラ上司の特徴と対策など具体的に解説していきますね。


今悩んでいるあなたが上司からのパワハラが

なくなるためのお手伝いがほんの少しでもできればと思います。


パワハラ上司の特徴とその心理



パワハラをする上司ってどんな特徴があるんでしょうか?

何を考えてなんでそんなに強く当たってくるんでしょうか?


パワハラ上司の多くは基本的に「仕事に対して完璧主義」の方が多い傾向にあります。

「途中までの過程はどうでもいいから結果がすべて」こう思っている人も多いですね。


そして厄介な事にパワハラを行っている人ってほとんどの人が

自分がパワハラをしているって自覚していないんですよね。

私が実際にパワハラ被害に遭ったときはまさにその上司はその典型でした。


自分が若いころはもっと厳しい指導を受けた。これくらいでへこたれるなんて情けない奴だ!

基本的にこんな考えで自分基準で物事を考えてとにかく完璧主義な人でしたね^^;


こういう人たちて自分がやっていることを「指導」「教育」だと思っているので

部下の心の痛みに全然気が付いていないんですね。

自分は当たり前のことをやっているって思っているのでしょう。

パワハラ上司の言動はどんなもの?



パワハラ上司は基本的にどんなことをしてくるの?

どこからがパワハラに定義されるの?

自分がパワハラにあっているのかわからない。

どこからがパワハラに分類されるんだろうか?

職場のパワハラの概念、そしてパワハラに該当するのはどんなことから?


厚生労働省「パワハラ」の定義は6つに分類されています。

「パワハラ」の主な6つの定義
1.身体的な攻撃

上司が部下に殴ったり、蹴ったり暴力をふるう。

2.精神的な攻撃

上司が部下に対して、その人格や人間性を批判するような発言をする。

3.人間関係からの切り離し

上司が部下に対して気に入らなかったりすると仕事を外したり

周りから仲間外れにしたり、あいつは使えない奴だと周りに言いふらし

孤立させたり、長い時間にわたり別な場所で仕事をさせたりする。

4.過大な要求

上司が部下に対して長い時間、肉体的にも精神的にも苦痛を伴うような

過酷な環境で直接本来の仕事とは関係ないような作業をさせる。

5.過小な要求

上司が部下に、その能力や経験とはまるで関係ない

誰にでもできるような低い仕事をさせたり、そもそも仕事を与えない。

6.個の侵害

プレイベートなことまで干渉してきたり

集団で一人に対してずっと監視をして悪口を言ったり失敗を笑ったり

他の社員に接触しないよう働きかけたり私物などを勝手に持ち出したり

写真撮影をしたりする。


【参考文献】厚生労働省あかるい職場応援団



パワハラは主にこのように6つに分類されていて

実際に起こるパワハラは1~6の中で組み合わせておこることが一般的です。


私が職場で受けたパワハラ、

友人などが受けた実際に身近で見聞きしたパワハラは


「給料泥棒と」馬鹿にした発言をしたり

「お前は使えない奴だ」と嘲笑したり侮辱して周りから孤立させたり

仕事で最低限必要なコミュニケーション、

電話やメール、仕事の方向相談をを無視するといったことをしたり


少しでも仕事をミスしたり納期に間に合わなければ必要以上に厳しく非難し

それを周りに言いふらし職場に居づらくする。こういうケースでしたね。


もし少しでも自分に当てはまる。同じような経験をしたことがある。

という場合はそれはパワハラを受けていると言えます。


上司からパワハラを受けやすい人の特徴



上司からパワハラを受けやすい人ってどんな人?


まず職場でパワハラをされやすいのは“まじめに働いている人”です。

まじめな人ほど「~をしなさい」と言上司に言われたら

言われた通り頑張ろうとして仕事に取り組みます。


そして「先輩や上司の言うことなら正しい事を言ってる」

とついつい考えてしまうのも真面目な人の特徴。

そうなるとパワハラの被害を受けやすくなってしまうんですね><



そしてパワハラの被害を受けやすい人の特徴として「おとなしい人」も上げられます。


上司に理不尽なことをいわれたり文句が言えない人は、

パワハラを受けやすくなってしまいます。


「新人だから仕方がない」と思ってしまったり

「これが正しい指導で自分ができないから言われるんだ。」

そう考えてしまい我慢をしてしまう。

でもそれ自体がおかしい事で間違った指導や理不尽に怒鳴られたりしたら

「その指導は間違っている!」という権利は新人だろうと部下だろうとあります。


次に職場でパワハラされやすい人の特徴として「孤立している人」があげられます。


たとえば、親身になって相談できる同僚などがいない


どちらかと言えば孤立気味な人に「こいつなら誰にも相談できない」

というのを分かっていて強く当たってくる上司も中にはいます。

そういう人もパワハラを受けてしまいがちです。


最後に職場でパワハラされやすい人の特徴は

「仕事の覚えが悪い人、要領の悪い人」です。


仕事を覚えるのに時間がかかる人は

他の人に比べて最初の頃はミスがどうしても多くなります。

その業務の相性や覚えが早いか悪いかは個人差なので仕方がないことのですが


仕事を覚える努力をしていることを全然評価しないで

ミスをせめてパワハラをしてくる厄介な上司もいます。


パワハラ上司の弱点



パワハラ上司って実は自分に自信がなくてコンプレックスを抱えている人です。

弱い犬ほどよくほえる。というやつです(苦笑)

「パワハラをしてくる人が自信がない人?」

ここまでよんだあなたは少し意外に思うかもしれませんね。


パワハラをしてくる上司って、強気で自信にあふれていて

他人を威圧して一見強いように見えますからね(苦笑


ですが本当は


「自分の弱い部分や失敗を周りにしられたくない!」

「自分より下の部下なんかになめられるのはイヤだ!」


いつも心に不安を持っているけどそれを隠している。

その裏返しとして高圧的で強気な態度をとってくるんですね。


相手に高圧的な態度をとってプレッシャーを与えたり

怒鳴ったり周りに当たり散らしたりするのも


実は相手に舐められたくない、反抗されないように相手を押さえつけるための手段。


パワハラ上司ほど、その中身は実はとても弱いんです。


パワハラ上司の対処法



パワハラ上司の言動がもう我慢できない!

なんとかしてパワハラ上司へ仕返しがしたい!

実際にパワハラを受けている人でこう思っている人はたくさんいると思います。

そういう場合は自分の中にため込んだり、ただ我慢をするのではなく

誰かに相談するのも一つの手段です。


職場によっては、総務部といった部署にハラスメント窓口がありますし

職場内であなたが受けているパワハラの相談に乗ってくれる人がいます。


私がパワハラ被害に遭っていた、当時勤めていた会社は従業員が

比較的少ない小さな会社だったので社長に直接相談して


パワハラを受けている上司と離れて仕事をする。

つまり部署を変えてもらいました。その後転職をして

その会社を離れるまでパワハラ被害もうけなくなり仕事をしやすい環境になりました。


もしハラスメントの窓口や誰かにパワハラの相談をするときには

自分が受けたパワハラの発言や態度を記録しておくのがいいです。


被害者の訴えが記録がしっかりと残っていれば

パワハラの実態が明らかになり実態が把握できれば、

会社としても効果的な対策をとることができます。


ただ残念ながら、パワハラ上司が完全になくなる事って

今の世の中なかなか難しいと思いますし


上司によるパワハラ・・とまではいかないかもしれませんが

理不尽に怒られたり嫌な思いをさせられたりは

社会人ならだれしもが経験していると思います。


そういうパワハラに対し、日常的にストレスを抱え込むのは

精神的にも身体的にも本当に悪い影響を与えてしまいます。

だから上司のパワハラを自分のストレスに変えないように

考え方を変えてみるのがいいでしょう。



上司のパワハラ行為を受けても「全然聞いてない」といったそぶりを見せる。

上司のパワハラ行為は仕事とは関係なく単純な悪意であり、何も意味はないと思う

上司のパワハラは無意味で、そんなことで自分が長い間悩むのは時間の無駄だし馬鹿らしい。


こういう風に少し考えを変えてみるのもいいと思います。

はっきり言ってパワハラ自体が悪ですし

パワハラをしてくる上司も間違っています。

それをまともに受け止めてしまう。


「悪いのは全部自分なんだ」と真面目におもってしまうから

ストレスを感じるんですね。だから言い方は悪いかもしれませんが


パワハラをしてくるやつは適当に受け流せばよい。まともに相手にすることはないです。

全然ダメージを受けていない。効いてないという態度をとっていればいいんですよ。


栗化して言いますが上司のパワハラはなんの正当性のないただの嫌がらせです。

「自分より立場が弱い相手の自尊心を傷つけて精神的苦痛を与えて満足している」


ただそれがしたいだけなんですから、その目的を達成させてはいけません。


最後に



今回の記事はいかがだったでしょうか?

私自身パワハラを受けた経験がありますので

「怒られるのは自分のせいなんだ・・」そう思って

ただただ自分を責めて鬱病の一歩手前まで言ったことがありました。

毎日必死で耐えながら仕事をしていたのは辛かったですし

休みの日も楽しくなく「明日も仕事なんだ‥」と心が休まる時間がありませんでした。


結局当時の社長に相談して環境を変えてもらいその後転職をしたのですが

今振り返ってみても辛い日々で二度と戻りたくないなと思います。


私個人はもしどうしても耐えられなくなり

その職場に勤めていても状況をよくすることができないというのなら

転職するのも一つの手段だと思います。


「自分が働く場所はここしかないんだ」とは思わないでほしいですね。

この世の中沢山の仕事があり、沢山の人が働く環境がありますので

自分に合った働き方を探してみるのもいいと思います。

あなたがパワハラに悩まないで仕事をできるように応援しています。


最後まで読んでいただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)