退職当日まで言わないのはあり? 退職をだれにも言わないメリットとデメリット 同僚などに退職を言うタイミングなどを徹底解説します。




退職を決めたけれども、退職日当日まで周りに言いたくないという人もいると思います。

しかし、退職日当日まで退職を誰にも言わないことはできるのか

また、言わない場合にデメリットがあるのか気になりますよね。

また、退職することを同僚に伝えるタイミングも知っておきたいところです。

この記事では、退職当日まで退職を周りに言わないことの可否やメリットとデメリット

同僚に退職を伝えるタイミングなどについて紹介しています。

退職の伝え方に悩んでいる方は是非参考にしてくださいね。



退職当日まで周りに言わないのってあり?


退職日の当日まで退職することを周りに言わないのはありですが

少なくとも上司には先に言う必要があります。

法律により、基本的には退職日の2週間前には退職したい旨を

会社に申し出なければなりません。

実際に退職を申し出る相手は上司になりますので

少なくとも2週間前には上司に退職することを言わなければならないことになります。

尚、就業規則では1か月前等もっと早く申し出ることになっていることも多いです。

その場合でも、2週間前に申し出ることで退職は法的に認められる可能性が高いですが

余計なトラブルを避けるためには就業規則に従う方がよいでしょう。

同僚などに退職を伝えることには決まりがないので

退職することを告げずに退職しても法的な問題はありません。



退職をギリギリまで言わないメリット


退職をギリギリまで言わないメリットとして一つ目に

気まずい思いをしなくて済むことを挙げることができます。

退職するとなると、周りの人の負担が増えたり

裏切ったと思う人がいたりするため気まずい思いや

居心地が悪い思いをすることがあります。

退職することが知られている時間が短ければ短いほど

気まずい思いをする時間も短くなります。

二つ目は、引き留めに合いにくい事です。

上司ではなくても、先輩や同僚から退職を辞めるよう説得されることがあります。

退職をギリギリまで知られなければ、説得しに来ません。

三つ目は、嫌がらせを避けることができることです。

労働環境が良くないなど、周りもストレスが溜まっている状況だと

その環境から抜け出す人への妬みや退職により

負担が増えるストレスから嫌がらせをされる可能性があります。

なので退職を知られなければ、この心配も減ります。



退職をギリギリまで言わないデメリット


退職をギリギリまで言わないデメリットとして一つ目に

トラブルになりやすい事を挙げることができます。

退職は早めに申し出ることがマナーだと思っている上司も多いですし

ギリギリで退職したいと言われても、後任者の確保が大変です。

上司から怒られたり、退職手続きがスムーズに進まなくなったりする可能性があります。

二つ目は、周りからの信頼を失いやすいことです。

ギリギリまで退職を言わないと責任感がないと思われてしまう可能性があります。

今の職場の人とプライベートや今後の仕事で関わることになったときに

人間関係に支障をきたすかもしれません。

三つ目は引継ぎがうまくできないため迷惑が掛かることです。

退職することを言わなければ、引継ぎは難しいです。

引継ぎされないまま退職すると迷惑が掛かりますし

退職後に会社や周りの人から仕事について、問い合わせが来る可能性があります。



退職を同僚にいうタイミングはいつがいいの?


退職を同僚にいうタイミングは、その同僚との関係性や職場によって異なります。

ただ、基本的には上司よりも後のタイミングでいうようにしましょう。

万が一、退職したいということについて、同僚から上司の耳に入ったら

上司は軽視されていると感じ、あなたへの印象が悪くなります。

また、ギリギリまで同僚等に退職することを言わないよう

指示されることもあるので、その時は上司に従う方が無難です。

その場合は、退職を同僚に言わないことが原因で引継ぎがうまくいかない時も

上司に相談して対処するようにしましょう。

退職を同僚に言うタイミングについて

特に指示がない場合も上司に断ってから同僚に伝える方がいいです。

自己判断で同僚に伝えてしまいそれが上司の意に反するものだった場合

上司とトラブルになる可能性があります。



退職を当日ギリギリまで言いたくない黙って辞めたいなら「退職代行」を使おう!


どうしても退職を当日まで言いたくなくギリギリまで黙って辞めたい時は

「退職代行」を利用することをお勧めします。


「退職代行」とは、退職の意思表示や手続きを

退職希望者本人に代わって行ってくれるサービスです。

自分でいきなり退職したいと会社に伝えても無視される可能性がありますが

、第三者である退職代行からの連絡だと会社も無視するわけにはいきません。

当日いきなり退職することは法律的に難しくても、

会社と合意することで当日退職にすることができますし、

退職日まで有給休暇又は欠勤にすることでこれ以上出勤せずに退職することも可能です。

無断欠勤を続けて退職になることと違い

きちんと退職の手続きをするのでその後の社会保険等の手続きもスムーズですし

会社にも迷惑が掛かりません。

どうしても退職をギリギリまで言いたくない人は退職代行を検討してみてはいかがですか。



まとめ

 

退職したいことについて、同僚などには退職日当日まで言わないこともできますが

会社や上司には少なくとも2週間前には言う必要があります。

同僚には上司の許可を得て、退職することを伝える方が無難です。

退職をギリギリまで言わないことは気まずくならないなどのメリットがありますが

トラブルになりやすいなどのデメリットもあるのでその点も踏まえて判断しましょう。

どうしても退職ギリギリまで言いたくない人は退職代行を利用することをお勧めします。

気まずさや引き留めに合うリスクなどを減らすことができます。