会社員向いてない人の診断!会社員に向いてない人の特徴や会社員に向いていない時にどうするべきか解説します。




学校を卒業したらほとんどの人は社会に出て働くというのがごく自然な流れだと思います。

しかし、学校をでてすぐに立派な社会人になれるわけではありません。

中には会社に出て働くことが続かず結局生活保護を申請して

毎日働かず家で過ごしている人も世の中にはいます。

このような人を「社会不適業者」と呼びます。

今回は会社員に向いてない人の特徴や会社員に向いていない時にどうするべきか解説します。

自分って「社会不適合者かも・・」と思ったことがある人はぜひ、参考にしてみてください。



会社員に向いてない人の診断方法


ツイッターやフェイスブックなどを見ると「会社員に向いていない」とつぶやいている人は多く、

特に社会人になりたての新人の人はかなりの割合でこのように考えていると思います。

しかし、それは自分が思っているだけで本当に向いていないかどうかは会社側が判断しています。

会社が自分をどう判断しているかすごく気になりますよね?

会社員に向いているかどうかの診断方法があるので試してみて下さい。

診断結果がすべてではありませんが、自分がどういうタイプの人間であるかは分かると思います。



会社員に向いていないかを調べる診断


1.学生時代はグループより単独行動が多かった

2.休日は一人か親しい人と少人数で過ごしたい

3.お世辞を言うのが苦手

4.年功序列制度は自分に合わないと感じる

5.自分のアイデアが形になる事に喜びを感じる

6.社長の意見でも、自分の意思と違うことはやりたくない

7.短所を克服するより長所を伸ばしたい

8.非合理的な規則やルールに怒りを覚える

9.感情的で衝動的な行動を取る方だ

10.夜の方が気分も良く頭も働く

当てはまっているものにチェックをしましょう。チェックの数で診断します。

診断結果

0〜3個:会社員に向いている

4〜6個:会社や組織が苦手と感じるが、会社の制度で改善される可能性も

7〜8個:会社員に向いていない人

9〜10個:会社員は確実に向かないので、自立を目指すべき



会社員に向いていない人の特徴


会社員に向いていない人の特徴とは何でしょうか。

人と話すことが苦手?常識外れ?

ここでは会社員に向いていない人の特徴を4つご紹介します。

①興味がないことは苦痛

会社員で働いている以上興味がない・苦手なことでも

やらなければならない場面はたくさんあります。

興味が無くても仕事だからと割り切ってこなせる人は問題ないのですが、

興味のない事しか動くことが出来ない人は会社員には向いていません。

②集団やグループ行動が苦手

大勢でワイワイすることが苦手な人も

会社員に向いていない人の特徴といえるでしょう。

学生時代にグループ行動を苦痛に思わなかった人は

会社員として求められる調整力やチーム力を発揮しやすいのですが、

学生の頃から単独行動が多く集団でいるのがシンドイと感じていた人は

会社でも同じ感情を抱いてしまうため会社員には向いてないと判断されてしまいます。

③お世辞を言えない・媚びを売れない

会社員の評価の基準は特に「コレ!!」といった決まりはなくとても曖昧なものです。

営業職などであれば数字で成果がハッキリと現れるので評価はしやすいのですが・・

残念なことに日本の会社では仕事の成果より

上司のアピール力の方が重要な会社もたくさんあるのです。

なのでお世辞や媚びを売るのが苦手な人は成果主義の働き方に変えた方が

仕事の成果は高くなると思います。

④夜型で朝が苦手

多くの社会人は朝の9時~18時まで働きます。

しかし会社員に向いていない人このスケジュールがとても苦痛なのです。

なぜなら集中できる時間が夜からなので、生産性が上がるのも夜からということになります。

定時で時間が決まっている働き方できない人は会社員に向いていません。



hsp?発育障害?会社員に向いてない人は病気?


会社員に向いていない人はhspだったり

発達障害という障害をかかえているものなのでしょうか?

hspや発達障害を抱えていると環境や人間関係に振り回されたり、

自分のペースで仕事が出来なかったり、

言いたいことが言えないなんて場面がよくでてくる

「会社」という環境はとても辛い場所だと思います。

hspや発達障害の人はプライベートな時間を削られたりする

付き合いが発生する会社をとてもストレスが溜まると認識します。

このようなストレスが発生するということは

やはり会社員に向いていない人はhspだったり

発達障害の可能性が高いということになります。

しかし、だからと言って社会不適合者になるのか?というとそうではありません。

今はいろいろな働き方ができる時代になってきているのです。

会社員以外で生きる道をさがせばいいだけのことです。

たとえば、フリーランスになってみたり、

昨今のコロナの影響で当たり前の働き方になりつつある

リモートワークという選択肢だってあるのです。

hspや発達障害だからと働くことをあきらめなくてもいいのです。

自分の見ている世界を少しズラしてみればいいのです。



会社員に向いてない人は長所だってあります。


会社員に向いていない人は社会でうまく立ち回れず、

なかなか会社で評価してもらうことがないです。

人は自分と似た人を好むので、会社員に向いているからこそ

出世できた上司の元で働いていたら出世できないのは当然です。

しかし、会社員に向いていない人は長所になる所もたくさんあります。

たとえば「主体性」です。

主体性は会社員に向いていない人の多くがもつ長所です。

人に言われるのではなく、自ら考えて行動できる能力は長所といえるでしょう。

会社という多くの人が関わる組織において、

個人の意見や主体性は遠慮される場面が多くなるのですが、

自発的に行動できる自信は常に持ち続けてください。

他の人には踏み出せない一歩をあなたは踏み出せるのです。

次に「熱中力」です。

自分が決めたこと、好きなことに没頭できる熱中力はこれからの時代に必要とされます。

学校や会社のような組織では、熱中力は押さえつけられてしまうものです。

しかし、熱中できるということは成功に近づける能力があるということです。

好きなことに夢中になるということは

圧倒的な成長スピードで成功に近づくことが出来るのです。

最後は「自分軸がある」です。

昔からの習慣や曖昧な意見に左右されずに

確固とした信念を持つことは誰にでもできることではありません。

自分の軸を持っている人はたとえ周りから批判されようが

大きな壁にぶち当たろうが乗り越えることが出来るのです。

このように会社員に向いていない人は社会不適合者ではなく

実は一番成功するのに近いところにいる人たちなのです。



会社員に向いてない時の対処法、転職やフリーランスなどの生き方もある


自分が会社員に向いていないなと感じたなら働き方を変えてみましょう。

無理して会社に染まろうとしても結局は無理なのです。

例えば、オフィスを持たず、会社員全員リモートワークの会社に転職したり

フリーランスや個人事業主として活動してみるのもおススメです。

しかし、フリーランスや個人事業主として働くには

何か特別なスキルが必要になるのではないか?と考える人も多いでしょう。

ですが実際は基本的なパソコン操作が出来たり

会社員時代にある程度やれていた人なら誰にでもチャンスはあります。

フリーランスで働くことが出来れば時間に縛られることなく

自由に自分のスケジュールで仕事することが出来るし

毎日嫌な上司の顔を見ることもなくなるのです。



まとめ


「会社員がしんどい・・自分は社会不適合者なのかな?」と思ってしまいますよね?

大丈夫です。働き方があなたには合っていないだけで社会不適合者ではありません。

自分が社会不適合者ではないのかと悩んでいる人がいるなら

今の働き方を変えてみてはいかがでしょうか?

現代の働き方は会社員だけではないので自分に合った働き方がきっとあるはずなのです。