転職をしない人は無能なの?転職をしない人の割合や転職をしないデメリットや転職をするときのおすすめの方法をご紹介します。




皆さんは「転職」という行為にどのようなイメージをお持ちでしょうか?

人それぞれ思い浮かべるものは違いがあると思いますが

新たな門出という印象をお持ちの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、転職というのはそうたやすい行為ではありません。

そのハードルの高さから転職をしない人にマイナスイメージを持つ人がいるのも事実です。

そこで今回は、転職を「しない人」にフォーカスをあててお話していきたいと思います。



転職をしない人は無能のレッテルを貼られる理由


転職をするしないは個人の自由です。

色々と悩むことはあるでしょう。

転職という選択肢が頭をよぎったということは、

何かしらに問題を抱え悩んでいることと思うのですが

その悩みが何なのかで解決方法も変わってきますね。

そんなふうに、置かれている状況も千差万別ななかで一口に何かを言えはしませんが、

転職を「決意」「転換期」として必要以上に崇め、

それをしない人を無能だとする層が一定数いるのは事実です。

転職をしない組が無能だなんて不名誉なレッテルを

貼られてしまうのはそんな層の影響です。

断言しましょう。転職をするしないで無能になったりなんてしません!

それがたとえ、迷っているけれど決断を下せないという状況下であってもです。



転職をしたことがない人は視野が狭くなる?


では、転職の経験がないという状況にある人間は

視野が狭くなっていってしまうのでしょうか?

ひとつの職場にのみ心血を注ぐこととなると

どうしてもそこの職場に依存していることになるので、

転職を経験して複数の職場を見てきた人に比べると

視野が狭い状態にあると言えます。

物事に対する価値観や尺度もその職場独自のものしか持っていないことになりますよね。

転職を経験すると自分を受け入れてくれる職場は

ひとつではないことが分かるようになるので

変なプレッシャーを感じずに済むようになりますね。

また、転職市場が欲しがる人材を考えた場合に

転職を検討したことがある人とない人では

「どんな人材が求められているのか」という点の解像度が格段に違います。



転職をしない人の割合


あなたの周りにも、転職をしてあなたの職場にきた人や

転職によって辞めていった方もいらっしゃったでしょう。

それはどのくらいの人数だったでしょうか?

職種や適性によっても転職率はまちまちですが

転職せずに残り続けることを選ぶ人は

全体の割合としてはどのくらいなのでしょうか。

転職をせず同じ職場で働き続ける人の割合は2010年ごろから年々減少しており

昨今の時代の変化によって転職をする人が増えていることが分かりました。

三十代までに一度も転職したことがない人の割合は4~5割ほどでした。

年齢を重ねるごとに転職経験者が増えることで

転職を経験していない人の割合はさらに減っていき

生涯をかけて同じ職場で働き続ける人(60代以上)の割合は2割弱ほどにとどまるようですね。



転職をしたことのないリスクや転職をしないデメリット


転職をすることのリスクやデメリットは

「新しい環境に適応できるか分からない」や

「一旦お仕事をしていない状態を経由する」などいくつか挙げられますが

では転職をしていない状態のリスクやデメリットはどんなものがあるのでしょうか?

リスクのひとつとしては、「ここでやっていけないならどこに行っても難しいよ」

といった責め方をする上司や先輩がいた場合にそれを疑える武器が手元にないことです。

こういったことをおっしゃる方のほとんどは

そんなことを本気で思っているわけではなく

ただあなたを引き止めたいだけなのです。

あなた自身が転職を経験しておらず

その職場しか知らないピュアな状態だとその言葉たちを信じ込んで悩んだり

逃げ場もなく自分を責めたりしてしまう可能性があります。



転職活動をするなら転職エージェントがお勧めです!


色々なことを考えて悩み、転職を決意しても

何から始めたらいいのか分からなかったりしますよね。

立ち上がる決断をしたあなたには、転職エージェントをお勧めさせてください!

環境を変えるためにはまず自分を説得させなければならないですよね。

これが存外大変な労力を必要とします。いざ「よし決めた!」と

立ち上がろうとしてもそれまでにたくさん消耗してしまった状態では

なかなかスムーズに動き出せないこともあるでしょう。

そんなときは転職エージェントにお任せすれば

応募から内定までの採用企業とのやり取りを代行してくれるんです。

転職エージェントに相談すれば業界や企業の非公開な情報を得ることができたり

入社予定日や年収の交渉をしてもらえたりなど、様々なメリットがあります。



まとめ


いかがでしたでしょうか?今の職場が自分にとって最善なのか分からず、

転職をしようか迷っている人にとっては

まだ転職をした経験のない自分が周囲にどのように見られているのか?

気になりますよね。

自分にぴったりの職場に出会えた人には転職は必要ありませんね。

収入や精神的にも安定して続けられるお仕事ということが何より大切です。

しかし今のお仕事に少しでも疑問を感じているようなら

勇気を出して行動してみませんか?きっと明るい未来が待っていますよ。