上司の馬鹿にした言い方まとめ!仕事でやる気をなくす上司の言葉や上司に言われたひどい言葉と馬鹿にされたときの対処法をご紹介します。




上司に馬鹿にした言い方をされた人や

ひどい言葉を吐かれた経験のある人も多いのではないでしょうか。

馬鹿にされたり、暴言を吐かれたりすると傷つきますし

仕事へのやる気も無くなってしまいますよね。

パワハラが話題になりやすい現在

ひどい言い方をする上司は許されるのかも問題です。

この記事では、余計なことを言ったり

馬鹿にした言い方をしたりする上司の特徴や上司への対処法を紹介しています。

上司の言葉に悩んでいる方は是非参考にしてくださいね。



仕事で上司に馬鹿にされてやる気をなくす・・


仕事で上司に馬鹿にするような言動をされると

ストレスが溜まるだけではなく仕事へのやる気も無くなるものです。

わざと馬鹿にするような言い方をして

部下のやる気を引き出すという考えもありますが

ここぞという場で行うべきもので

常にそういう言い方をしていても効果は期待できまっせん。

上司に馬鹿にされる状態が続くと部下は自分に自信が持てなくなります。

また、頑張っても馬鹿にされ続けた場合

努力しても無駄だとやる気がなくなってしまいます。

さらに、上司に馬鹿にされると精神的な負担が過度になり

うつ病などの病気を引き起こす恐れもあります。

上司に馬鹿にされて嫌な思いをすることは

仕事のやる気がなくなるだけでなく心身の健康にも関わる問題です。

我慢しすぎず対処することが大切です。



上司に言われたひどい言葉ってパワハラになる?


上司にひどいことを言われた場合パワハラになる可能性があります。

そもそもパワハラとは、職場で優位な立場を利用して

嫌がらせ行為をすることです。

業務に必要な場合に、適切なやり方で指導や叱責をすることは

パワハラには当たりませんが、ただの嫌がらせ目的だったり

あまりにもそれがひどかったりする場合はパワハラだといえます。

無能呼ばわりするなど人格を否定するような言い方をすることや

「こんなことは子供でもできる」などと侮辱的な表現をすることは、

業務上必要性がなく、程度もひどいのでパワハラに該当する可能性が高いです。

上司の言葉がパワハラに該当するのではないかと思ったら

会社の相談窓口などに相談することをお勧めします。

法律により、会社はパワハラ相談を受け、

問題に対処する義務があるので対応してくれるはずです。



職場で一言多い、馬鹿にした言い方をする上司の特徴


職場で一言多い上司や馬鹿にするような言い方をする上司の特徴として

一つ目に感情的になりやすいことを挙げることができます。

自分のイライラやストレスを我慢できず

その感情を嫌な言い方という方法で外に出してしまうのです。

理性で感情を抑えることが苦手だといえます。

二つ目の特徴は、自分に自信がないことです。

自分に自信がないため、部下をこき下ろすことで

相対的に自分の地位を上げようとしています。

三つ目の特徴は、視野が狭いことです。

視野が狭いと、自分の経験や考えと異なるものは間違いだと思ってしまいます。

そのため、自分の考えと異なることを行った部下のことは間違っており

劣っていると判断してしまいます。

そのため、簡単に部下を馬鹿にできるのです。



上司に馬鹿にされたときの対処法


上司に馬鹿にされたときの対処法として一つ目に

できるだけ接する機会や時間を少なくすることを挙げることができます。

上司に報告や連絡、相談をしなければならないことも多いですが、

事前に話の要点をまとめておくことで上司と会話する時間を短くすることができます。

また、上司と会話すべき内容をあらかじめ漏れのないように準備しておくことで

会話の頻度も減らすことができ、馬鹿にされることも減ります。

二つ目の対処法は、さらに上の上司などに相談することです。

馬鹿にした言い方をする上司についてさらに上の上司が問題視し

注意してくれれば改善することが期待できます。

また、上の上司の力によって上司が交代になったり

異動で上司と別の部署になったりして馬鹿にする上司と離れることができる可能性もあります。



馬鹿にした言い方をする上司が我慢できないなら転職も視野に入れよう


馬鹿にした言い方をする上司について

我慢できない時は転職を検討することをお勧めします。

できるだけ話す機会を減らそうと努力しても完全に無くすことは難しいものですし

いろいろな対処法を試しても確実に成功するわけではありません。

上司の性格は部下が簡単に変えることができるわけではなく

努力や我慢がムダになる可能性も大いにあります。

馬鹿にした言い方をする上司から解放されるためには

転職してしまう方が手っ取り早くそして確実です。

無理な我慢を続けているとストレス過多になり

心身の健康を害する恐れもあります。

上司の言い方について改善する望みが持てないときや

これ以上の我慢ができない時は

早めに決断して転職してしまうことをお勧めします。

不要なストレスで辛い思いをするのではなく

ストレスはできるだけ少なくして

生き生き働くことができるようになることが一番です。



まとめ 


上司が馬鹿にした言い方をすることは

パワハラになることもあるなど

部下にとって大きな精神的な負担になります。

馬鹿にする言い方をする上司には

感情的になりやすい事などの特徴がありますが

上司自信の問題であることが多く

その上司から離れることが一番の解決策です。

さらに上の上司に相談して異動させてもらうことも可能ですが

簡単で確実な方法は転職だといえます。

酷い言葉を吐く上司について我慢するのではなく

今後の人生のために最適な方法は何か考え、行動していきましょう。