退職までの期間が気まずい時の解決法まとめ!退職するまでの期間が気まずい理由・退職までのモチベーションを保つ方法や退職するまでの期間が気まずい時の対処法をご紹介します。




退職を切り出して「職場の雰囲気が悪くなって、気まずくなるのがつらい…」

と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

退職を伝えて、実際に退職するまでの期間というのは

確かになんとも言えない気まずさがあります。

しかしその理由を知っておくことで気まずさに対して冷静に対処できます。

また退職までモチベーションが保てないことも心配だと思います。

これも乗り越える方法があるので安心してください。

そして、どうしても退職の気まずさに

耐えられないのでしたら利用できるサービスもあります。

退職までの気まずさが和らぐ方法を探してみました。





退職するまでの期間がとても気まずい・・・


退職を切り出すだけでも大変な労力を使ったのに

その後にやってくる「気まずさ」でもう一度疲れます。

はっきり言って、会社や仕事への気持ちはもうありません。

でも周りはいつも通りに働いています。

「自分はここにいてはいけないのではないか」とすら思ってしまいます。

また「自分の退職を誰が知っていて

誰が知らないのかわからない」という状態もつらいです。
人事や直属の上司に伝えたとしても

同僚にまだ話が回ってきていないケースも多いのです。

この期間はいろいろ気を回し過ぎて

疲れてしまうでしょうがよく考えてみてください。

退職なんてどこにでもある話なのです。

みんなそうやって気まずく思いながらでも時期が来たら辞めていっています。

多少気まずいのは仕方ないことと受け入れてしまいましょう。





退職するまでの期間が気まずくなる理由


気まずくなる理由は次の3つが挙げられます。

・お世話になった上司や、仲がよかった同僚への申し訳なさ

何もわからなかった自分を指導してくれた上司がいます。

仕事の愚痴を言い合いながら、お互いなんとかやってきた同僚がいます。

みんな口では「仕方ないよ」と言ってくれていますが

「本当はどう思っているのだろう」と考えるとだんだん気まずくなります。

・やることがなくなってヒマ

特に入社から退職までの期間が短かった場合

退職日までやることも覚えることもないのでヒマになります。

他の人が仕事で忙しくしている中で、自分だけがのんびり書類整理をしているのは気まずいです。

・退職日まで長い

今まで勤めてきた期間に比べたら1ヶ月なんてあっという間というのは大きな間違いです。


早く辞めたいのに7~8時間も会社にいなくてはいけないのは気まずいというより苦行です。





退職日までモチベーションがもたないときの対処法


モチベーションはもたないと感じたときは以下の3つの方法を実践してみてください。

・淡々と仕事をこなす

残務整理や回ってきた仕事を淡々とこなすだけです。

それが倉庫の整理であれ書類を綴るだけの作業であっても目の前の仕事に集中します。

「人からどう思われているか」と考えないことが乗り切るコツです。

・辞める日までの日数をカウントダウンする

もし残り1ヶ月の場合1週間ごとに区切って

カウントダウンすることをおすすめします。

「あと20日」と思うと長く感じるので

「今週はあと2日だから」と数字を小さくして考えると圧迫感が減ります。

・近所の気になっていたお店でランチする

辞めてしまえば今の会社の周辺に来ることはないかもしれません。

今まで気になっていたお店でランチをしてみてください。かなり楽しいですよ^^





退職日までの期間が気まずい時の解決策


以下の2つの方法がおすすめです。

・引き継ぎ資料を丁寧に作る

あなたが入社したときのことを思い出してみてください。

前任者の方が作った資料や、ちょっとしたメモ書きが

あなたの仕事を助けてくれたことはありませんか?

「次の人が困らないように」という気持ちで

引き継ぎの資料を作ってみてはいかがでしょうか。

自分の気まずさばかりに心がとらわれているとしんどいものです。

「誰かのために資料を作っている」と考えると気まずさがだいぶ減ります。

・仕方ないことだと言い聞かせる

気まずいという気持ちは「辞めて申し訳ない」という罪悪感からくる感情です。

しかしあなたにはあなたの事情があって辞めるのです。

それは仕方のないことであり

他人から責められることでもありませんし

自分で責めることもしなくていいのです。

多少の気まずさは運命です。

毎日「自分は何も悪いことはしていない」と言い聞かせてください。





もし退職を伝えて気まずくなるのに耐えられないなら「退職代行サービス」などを利用しよう。


以下に当てはまる人は「退職代行サービス」を使うことをためらわないでください。

・人に気を遣いすぎて言いたいことが言えない

・有休を取らせてくれない会社に勤めている

・いじめやパワハラを受けている

「自分の性格的なことで退職代行サービスなんて

 使っていいのだろうか」と考えないでください。

辞めたいのに言い出せなくてズルズルと勤めてしまうほうが大問題です。

また有休を消化させてくれない会社はブラック決定です。

たぶん話し合いにならないと思うので、早めに退職代行サービスを使って辞めましょう。

さらにいじめやパワハラが横行している職場の場合は

気まずい程度では済まなくなる可能性が高いです。

二度と顔を合わせなくていい退職代行サービスをおすすめします。

辞める会社に対して時間や精神力を使うのは、はっきり言って人生のムダです。

使えるサービスは使って早く楽になりましょう。





まとめ


辞めるときに多少の気まずさはつきものです。

それは今までお世話になった人たちへの申し訳なさからきていることがほとんどです。

しかしこれはあなたの人生です。

よく考えて辞めると決断したのですから

過度に気まずさを感じることはありません。

引き継ぎだけきちんとしていればそれでいいのです。

もしどうしても気まずさに耐えらないのなら「退職代行サービス」を使いましょう。

仕事を辞めるときの気まずさに苦しむなんてもったいないです。

せっかくあるサービスは賢く使って、人生を有意義に過ごしてくださいね。