適応障害は職場を即日退職はできるの?適応障害での退職の伝え方や即日退職できない時やどうしても即日退職できない時の対処法をご紹介します。




適応障害を発症して「今すぐに辞めたい」と思っている人もいるのではないでしょうか。

しかし就業規則には「退職の1ヶ月前に申し出ること」となっています。

もう1日だって我慢できないのに、あと1ヶ月も出社するなんて無理です。

果たして本当に即日退職はできないのでしょうか。

さらに辞めるとき「適応障害なので辞めます」と

伝えて大丈夫なのかも気になりますよね

またどうしても即日退職させてもらえないケースもあると思います。

今回の記事はそんな「即日退職をしたい!」

という人のための対処法をまとめてみました。





適応障害で職場を即日退職はできるの?


即日退職はできます。気になるのが民法には

「退職を申し出た日から2週間を経過したら退職できる」と

書かれていることです。

裏を返せば2週間経過しないと退職できないということです。

すぐ辞めたい人にとって、2週間はとても長く感じられるでしょう。

しかし安心してください。

「会社の同意」があれば即日退職はできるのです。

民法の規定と反するように見えますが

民法は多くの場合で「当事者間の合意」が優先されるのです。

会社が「適応障害だったら来ても仕事にならないし、仕方ないよね」

そう考えてくれれば即日退職は可能なのです。

適応障害で精神的につらいときに

会社に即日退職を申し出るのはとても勇気がいると思います。

1日でも早い退職のために、ここはひと踏ん張りして会社と話し合うことが賢明です。





適応障害での退職の伝え方



退職理由を伝える義務はありません。
民法の規定による「申し出から2週間経過したら退職できる」まで

待てるのでしたら「一身上の都合」で退職するのがもっとも無難です。

即日退職したい場合は、やはり伝えたほうがいいでしょう。

会社に「やむを得ない」と思ってもらって、即日退職に同意してほしいからです。

・精神的に限界である

・もう少しでうつ病になってしまう

必死に訴えましょう。泣いてもかまいません。

「辞めたいと思っている」ではなく「すぐに辞めたい」と言い切るのが大事です。

さすがにここまで聞いて「絶対に退職を認めない」という会社は少ないと思います。

適応障害に知識がない会社であっても「この人はもう無理だな」と

思ってもらえるよう、あなたの心身の不調を伝えてみてください。





適応障害で即日退職できない時の対処法(診断書を用意しよう)


実際のところ、適応障害だからといって即日退職を認めてくれる会社は少ないでしょう。

1日だって耐えられない人にとってはすごくつらいですよね。

こんなときに強力な後押しとなるのが「診断書」の存在です。

適応障害で診断書をもらうと、即日退職しやすくなります。

なぜなら会社には「安全配慮義務」があるからです。

従業員の心身の安全を危険から保護するように配慮しなくてはいけない

と労働契約法に書かれてあります。

適応障害で働けない状態であるのに働かせることも

「安全配慮義務違反」に該当する可能性があるのです。

下手をすると損害賠償も請求されるため、会社にとってはリスクでしかありません。

たいてい「休職させたが復帰できないから退職する」という流れが多いでしょうが、

・本人が退職を希望している

・診断書がある

という事実があるのでしたら即日退職にもっていくことも可能です。





適応障害など病気を理由に退職した時は失業保険はもらえるの?


適応障害で退職しても以下の2つの条件をクリアしていれば、失業保険はもらえます。

1. 働く意思があること

2. 働ける状態であること

問題となるのが「働ける状態であること」だと考えられます。

あなたが適応障害を発症した原因はなんでしょうか。

仕事のつらさや上司のパワハラではないでしょうか。

それならば別の仕事や会社であれば「働ける状態である」に該当します。

そして働ける状態であることを証明する書類をハローワークに提出する必要があります。

これはかかりつけ医などに書いてもらいます。

もし「特定理由離職者」というものに認定されると

2ヶ月の給付制限を待たずに失業保険が受けられます。

ただし必ず認められるわけではありません。

厚生労働省のホームページにも書いてありますが、認定はハローワークが行います。

決して自己判断はせずなるべく早めに

ハローワークで相談することをおすすめします。





適応障害でどうしても即日退職したいときは退職代行サービスも利用できます。


適応障害で1秒でも早く辞めたいのに

どうしても辞めさせてくれない場合は「退職代行サービス」を使いましょう。

「即日退職ができる」となっている会社も多くあります。

ネットで比較ができるので

後々トラブルにならないように堅実な会社を選んでください。

退職代行サービスを使う前に確認してほしいのが

「有給休暇の残り日数」です。

今の会社に半年以上勤めているのでしたら

正社員の場合だと有給休暇は10日与えられます。

ほとんど残っているのではないでしょうか。

この有給休暇がそれなりに残っていて

かつ退職代行サービスを使うことでスムーズに辞めることができます。

退職代行サービス会社があなたの会社と交渉しやすいからです。

自分を苦しめるくらいなら、退職代行サービスを使って退職するのが正解です。

無断退職するよりも全然良心的な方法です。





まとめ


適応障害になってしまうと、心だけでなく体の不調にも見舞われます。

法律や就業規則には退職できるのは「2週間後」とか「1ヶ月後」とか

書いてありますが、会社の同意があれば即日退職は可能です。

気になるのは退職後の失業保険です。

しかし条件さえ満たせば失業保険も受けられますので安心してくださいね。

またどうしても即日退職したいのに辞めさせてもらえないのでしたら、

退職代行サービスを使うことを考えてください。

もうあなたは充分に耐えてきました。

早く楽になれるよう、使える手段は使っていくことをおすすめします。