転職が多い人の面接での対策まとめ!面接で転職回数が多すぎるのは不利になる?転職回数が多い人でも不利にならない面接での受け答えをご紹介します。




今まで何度も途中でやめざる得ない企業に就職してしまったので

今度こそ定着できる自分に合った企業に転職をしたい!

でも転職回数が多いから転職が不利だし

もう自分に合った企業で働くことはできないかも・・

あなたはこんなことに悩んでいませんか?

しかし実は転職回数が多くても、転職はできるのです。

そこで今回の記事は転職回数の多いあなたに、

次こそは転職に失敗しない方法不利にならない面接の仕方を中心にお伝えします。





転職回数が多いと人生終わり?


転職回数が多くても人生が終わりということはありません。

転職回数は、在籍企業マイナス1社と計算します。

転職回数が多くても希望した企業に転職をしている人もいますし

独立してフリーランスとして収入を得ている人もいます。

確かに企業によっては転職回数が多い人は採用しないので、

あなたが就職したい企業に入れないかもしれません。

またブラック企業や長く定着できないような企業で働いていたので、

あなたは今とても苦しい想いでいるのでしょう。

もし、何度も自分に合わない企業に就職している場合は、

なぜそうなってしまったのか分析してみませんか?

あなたが定着できないような企業に二度と就職しないよう

次の転職に活かすことができるでしょう。





転職回数は何回したらイメージダウンする?


一般に転職回数は年代の10の位が許容範囲といわれています(大手企業はさらにマイナス1)。

つまり20代では2回(大手は1回)30代では3回(大手は2回)

あなたが転職したい企業が何回の転職まで許容してくれるのか?が重要なポイントです。

当然第二新卒までしかとらないという企業も存在します。

あなたの転職回数を許容できる企業を探しましょう。

気を付けないといけないのは、企業は転職回数だけを重視している訳ではないことです。

在職期間も関係しています。在職期間が短いと新たな転職先でも

すぐに辞めてしまうのではという懸念がでてくるのからです。

企業のスタンスにもよりますが、在籍年数1年未満の期間で2社以上転職していると、

またすぐに辞めてしまうことを心配し採用をためらうといわれています。

採用した人がすぐ辞めるとなると、採用コスト、教育コストが回収できないからです。





転職回数が多い人でも採用される理由


転職回数に対してこだわりの少ない企業を選択するのが重要です。

人材不足・売り手市場であれば転職できる可能性があります。

転職回数が多くても採用される人は以下の特徴があります。


・即戦力になれるスキル・能力がある、専門性が高い人

・スキルアップのための転職している人・転職のたびに進化している人

・在籍した会社でそれぞれ実績を出している人

・前向きな退職したと説明できる人 


企業は役に立つ、定着する人材を求めています。

再現性の高いスキル・能力があれば採用されやすいです。

特に専門性があると強いでしょう。

再現性があるとは次の企業でも同じ様にいかせるスキルかということです。

転職が多い過去の経験を肯定して

スキルアップのための退職・転職であることのアピールが必要です。

ぜひ履歴書・面接で、キャリアアップして進化し続けている自分を見せる工夫してください。





転職回数が多くても不利にならない面接での受け答え方


もっとも採用につながらない人は入社する意思がみえない人です。

また転職回数をネガティブにとらえたり

「自分は転職回数は多くない」と否定したりしてはいけません。

「なぜ退職するのか・したのか」は必ず質問されます。

前職の合わなかった要因が次の求職先に当てはまるようではいけません。

たとえば「人間関係」を退職要因にした場合

次の求職先でも必ず人間関係はありますよね。


「なぜ前職の求職中に退職要因に気が付かなかったのか?

 そして今回はそれを反省したのか?改善できているのか?」


という部分も求職先の会社が知りたいことです。

退職要因について自己分析できているか

要因について解決アプローチをしているのかを示す必要があります。

転職をネガティブにしか伝えられない場合は

転職しすぎていることを反省しているスタンスで

自分は進化していることを伝えてください。今

回の転職があくまでポジティブな意味を持っていて

新しい職場では長く働くことができるというアピールが必要です。





転職に困ったときは転職エージェントを利用しよう


転職エージェントとは無料で転職活動をサポートしてくれるサービスのことです。

あなたの希望や状況をヒアリングの上、マッチした企業を紹介してくれます。

大手で信頼できるので、リクルートエージェントがおすすめです!

【無料登録】リクルートエージェント



人材業界最大手のリクルートが提供する転職支援サービスです。

最大手で情報量が豊富なので、情報収集目的で活用する人も多いです。

転職した人の60%以上が年収アップ、半年以内の離職率4%

という実績も公表されていますのでぜひ登録してみてくださいね。

相談だけでも可なのでお気軽にどうぞ!


リクルートエージェントは転職実績ナンバー1で

非公開求人が業界最大数、業界専門性のノウハウも持っています。

転職エージェントは面接日程の調整、面接対策のアドバイス

悩んでいることを相談できるというメリットがあります。

転職回数が多くても受け入れてくれる企業はどこなのか?

面接で退職や転職にネガティブな想いしか伝えられない場合

打開できるような受け答えの仕方を知りたいですよね。

自分がどんな企業で働きたいのか?どんな仕事をしたくないのか?

自分の強み、弱みなどもリクルートエージェントで相談できますので

自分の方向性を考えて転職を挑みましょう!





まとめ

 

転職回数が多いと、次の転職活動には戦略が必要です。

まず、前職を退職する理由等を分析する必要があります。

次は同じことを繰り返さないようにする方法を

面接のためにも言語化しなくてはなりません。

次の会社には、自分が会社に役立つことをアピールするとともに、

会社に定着するということを証明しましょう。

自分だけで転職活動に挑むのが難しい場合は

転職エージェントに登録することをおすすめします!