退職をするのが申し訳なくて言いづらい時の対処法!退職を伝える勇気が出なくて言い出せない理由や退職を伝えるのが怖い時の対処法をご紹介します。





今の職場を退職すると誰もが「退職するって言いづらいなぁ~」と感じていると思います。

退職することは悪い事でも何でもないのでそんな気を使わなくても・・

そうは思うのですが、実際はやはり退職を伝える時は勇気がいるものです。

今回は退職する時に申し訳ない気持ちになってしまう人の為に

退職を言い出せない時の対処法や、退職しやすい退職理由をご紹介していきたいと思います。

退職を考えているけどなかなか言い出せない人に是非参考にしてほしい記事となっています。

退職を決めたけど会社に申し訳なくて言いづらい・・


「退職を決めたけどなかなか上司に言い出せない」

「退職を伝えるためにどのようにすればいいかわからない」

「退職を伝えやすいタイミングが見つからない」

このような悩みを抱えている人はいませんか?

自分の中で「退職をしよう!」と決意したのはいいけれど

退職を会社に言いづらいと感じてズルズルと今の仕事を続けてしまい

転職活動がなかなかできない状況に陥っているのではないでしょうか?

退職は誰にでもできる権利なのでそのままストレートに伝えればいいのに・・と他人は言ってくるでしょう。

しかし、今の会社に恩が無いわけではないので退職を言い出すのが

申し訳なくなって言えなくなってしまうんですよね。

会社のことなんて考えなくて自分のことだけ考えれる人になれたら

どんなに楽だろうと悩んでしまう人もこの世の中にはいるのです。

人手不足?お世話になったから?退職を伝える勇気が出なくて言い出せない理由


退職を伝える時に何も悩まないで上司に伝えれる人とそうではない人といます。

では、どうして退職を伝えるのに勇気が必要になるのでしょうか?

ここでは退職を伝えるのに勇気がでない理由をご紹介していきたいと思います。

①同僚や上司に申し訳ないという気持ちがあるから

退職するのが申し訳ないと感じることの理由で一番大きいのは

やはり同僚や上司に申し訳ないという気持ちがあるからです。

「今までお世話になったのに退職すると裏切るようで申し訳なくなる」

という罪悪感から退職を言い出すことができないのです。

②引き留めにあいそうで怖い

特に人材不足や激務な会社では退職を伝えると引き止められる可能性は高いです。

人が足りていないのに辞められたらもっと会社が回らなくなってしまうのであたりまえですよね?

また、「いま、会社を辞めてもいいの?嫌なことから逃げるの?」と

まるで自分が悪いことをしているかのように批判してくる人もいるでしょう。

そのような背景から退職を言い出すことができなくなるのです。

③退職後が心配だから

たとえ退職できたとしてもそのあとに転職先が決まっていなければ

生活が不安で退職を決めた後に後悔しそうだらからいいだせないパターンもあります。

一度「退職」を口にしてしまったらもう後戻りはできない怖さがあります。

退職しても大丈夫と思える材料がないとなかなか退職は言い出せないものです。

退職を伝えるのが申し訳ない、怖い時の対処法


退職を伝えたくても上司が常にそばにいない、

どうしても怖さが勝ってしまい勇気が出ない、同僚や上司に申し訳ないなどの理由から

退職をなかなか言い出せない人は以下の方法を試してみて下さい。

①退職代行サービスを使う

同僚や上司に申し訳なく感じてしまったり、怖くて言い出せない場合は

退職代行サービスをりようして退職するようにしましょう。

退職代行サービスに申し込んだ日から会社にいかなくていいこともあります。

申し訳なく思ったり怖くなってしまうのはお世話になった人が目の前にいるからです。

ならば目の前にいない状況にすればいいだけのことです。それに便利なのが退職代行サービスなのです。

②LINEや電話で伝えてみる

本当にどうしても、どうしても退職を伝えることができないという時は

LINEや電話を使ってみてもいいかもしれませんね。

最初にLINEや電話で退職の意思を伝えておいて後日、上司に相談という流れでもいいでしょう。

ですが、やはり社会人としてのマナーとしてはLINEや

電話ではなくちゃんと上司と向き合って伝えるのがいいのではないでしょうか?

円満退職できる退職理由は?


会社を退職する意思は固まったけれど、退職理由はどうしよう?

ここは正直に言うべきか?それとも円満退社するために嘘の理由の方がいいのだろうか?

このように悩んでいる人はきっと多いでしょう。

もしも退職する時に嘘の理由を述べてしまうと思わぬところから

嘘が発覚したりすることがあるのでここは正直に退職理由を伝えておきましょう。

ですが、正直に言い過ぎて「お給料が低い」や「残業が多い」などの理由を並べてしまうことは辞めましょう。

ネガティブな理由は上司も納得してくれないことがあるからです。

なので、ここでお勧めする退職理由に「一身上の都合」を挙げておきます。

「一身上の都合は」本当に便利な言葉です。

上司の中にはさらに理由を聞いて来ようとする人もいますが、

言いたくない雰囲気をかもしだし言葉を濁せばそれ以上はきいてこないでしょう。

どうしても退職を伝えるのが言いづらいなら退職代行サービスを利用しよう


退職をしたいけどなかなか言い出せないことでやりたくもない仕事をダラダラと続けてしまい、

結局いつまでも同じ会社にいるという状況を避けるためにも

どうしても退職を伝えられないという方は「退職代行サービス」を利用するようにしましょう。

退職代行サービスを利用すれば上司の引き止めに

あうこともなければ有給や残業の消化の交渉もすべて行ってくれます。

一刻も早く退職したいという方は退職代行サービスに申し込んだその日から

もう会社に行かなくてもいいことだってあるのです。

今は、料金もそこまで高額でなく利用できるので、

退職代行サービスを利用している人はたくさんいます。

もしかしたら今、あなたが働いている会社にも

退職代行サービスを使って退職していった人もいるかもしれませんよ?

みんなが利用していると思うと自分も試してみようかな?という気持ちになりますよね?

まとめ

退職は誰にでも認められている権利なので退職することを

申し訳なく思うことなんて本当は無いはずなのですが、日本人は真面目な人が多いので

どうしても退職を悪いことだと捉えてしまう人がまだいるんですよね?

ですが、時代はかわっているのです。

今は他人のことを優先させるより自分のことを優先させる

考え方をしてもなんら問題のない時代になってきていますし退職する時もそうです。

会社のことなど考えず、自分の将来のことだけ考えるようにすれば

退職もすんなりと伝えることができるのだと思います。