職場のお局に無視されている時の対処法!お局に無視されて嫌われるタイプやお局に無視されても気にしない、対処法をご紹介します。




誰からであっても無視されるのは嫌なものです。

それが「お局様」だとさらにいろいろ厄介ですよね^^;

「自分は何か悪いことをしたのだろうか」

「これから先うまくやっていく自信がない…」

あなたはついつい「自分に原因があるのではないか」

と思うかもしれませんが、たいていはお局に原因があります。

自分は悪くないのに、無視されたり嫌われたりするのは理不尽ですよね。

今回は「お局に嫌われるタイプとお局に無視されているときの対処法」

についてご紹介しますね。



職場のお局に挨拶などを無視されてストレスを感じる


「挨拶をしないとか小学生のいじめじゃあるまいし…」

と言いたくなりますが、実際にやってくるのがお局です。

あなたも最初は無視とは思わず「挨拶が聞こえなかったのかな?」と思うでしょう。

翌日に近くに寄って挨拶してもやっぱり無視されると「え?なんで」と傷つきます。

そして毎日続くと「嫌われている…」と

ストレスを感じて会社に行くのが憂うつになります。

周りは「気にしないほうがいいよ」と言いますが

やられている本人はそんな簡単に割り切れるものではありません。

毎日無視されると少しは慣れるかもしれませんが嫌な気分は日々積み重なっていきます。

社会人以前に、人として挨拶しないのは明らかにおかしいです。

こんな幼稚なお局がいる職場にあたってしまったのは、ただただ不運と言えるでしょう。



職場のお局に嫌われるタイプはどんなタイプ?


お局に嫌われるタイプは大きく3パターンあります。

・公正公平な人

お局はプライドが高いので、周囲と同じ対応をされると気に入りません。

誰に対しても公平で、お局が相手でもきちんと意見が言えるような人は嫌われます。

お局は自分を特別扱いしてほしい生き物なのです。

・とろい

お局は長く勤めているので仕事に慣れていて、知っていることが多いです。

そのため自分が「簡単」と考えている仕事に対して

やたら時間がかかるとろい人が嫌いです。

自分の気に障ると容赦なく怒鳴ってきます。

・男性や上司に人気がある

お局は自分が一番チヤホヤされたい性質を持っています。

いわゆる承認欲求が強く、特に男性に対してはその傾向がさらに強くなります。

「若くてカワイイ」「仕事ができて美人」はすべて敵です。

ただし下手に出ていれば被害に遭わない可能性もあります。



職場のお局が新人いびりをする心理


新人をいびるのは「マウントを取りたいから」です。

具体的に見ていきましょう。

・逆らわせないため

要するに「支配」したいのです。

自分に逆らったりしないよう、新人のうちに覚え込ませたいという意図があります。

言い方は悪いですが調教と同じ感覚なのです。

・ストレスのはけ口にするため

逆らえないのをいいことに、細かいミスを指摘して

新人が凹むのを楽しんでストレス解消しているのです。

このタイプは「家庭不和」「大きなコンプレックスがある」といった、

仕事とは関係のない個人的な問題を抱えていることが多いです。

・自分を敬わせるため

若い子を敵視する反面、若い子に頼ってほしい、尊敬されたいと考えています。

人望があると勘違いしたいのですよね。

強制した時点で尊敬はされないのですが、そんなことすら想像できません。



職場のお局を相手にしない、気にしない方法


「精神のコントロール」「視界」「周囲の協力」がポイントになります。

・受け流す

「はいはい、今日も元気に怒鳴っていますね〜」くらいに受け流すのが賢明です。

お局の言動をまともに受け止めると、精神的に参ってしまいます。

「自分は悪くない」と言い聞かせて乗り切ります。

・視界に入れない

嫌いなものほど視界に入るものです。

しかし嫌いな存在を視界に入れ続けると

ストレスが溜まっていくのでなるべく見ないよう努力します。

「絶対にお局を見ない!」と心に決めて仕事に没頭します。

・接点を最小限にする

お局と関わる時間を少なくする工夫が必要です。

やり取りを短く済ませるために、聞くことを事前にまとめておきます。

もしわからない点があれば周りに聞いて対処し極力お局と話さないようにします。

周りを味方につけておいてください。



職場のお局の無視やいじめがあまりにもひどいなら転職も視野に入れよう


お局の無視やいじめを気にしないようにしても、限界はあります。

この先、お局が定年を迎えるまで我慢なんてできませんよね?

せっかく入社した会社ですが、転職したほうが救われるのではないでしょうか。

転職を勧めたい理由は3つあります。

・お局が君臨している会社はロクな会社ではないから

・お局と出会った時点でその会社とは縁がないから

・人生がお局のせいでつらくなるから

お局を大事にしている会社は、下の人間を育てられないことが多いです。

また精神的に無理をして働いても

今度はうつ病になる可能性だってあるのです。

「どこの会社にもお局はいるんじゃないの?」

と心配するかもしれませんがそんなことはありません。

もちろん年上の女性はいますがお局になり下がっていない人がほとんどです。

心配をしすぎると転職できず今の会社で我慢し続ける人生を送ることになります。

それは人生の無駄遣いです。



まとめ


お局に目をつけられると毎日がストレスになります。

もしかしたらお局に嫌われるタイプに該当しているのかもしれません。

しかしあなたが悪いわけではなく、お局がマウントを取らないと

気が済まない性質を持っているからです。
受け流したり視界に入れないようにしたりして対処してみてください。

それでもお局の態度が変わらない、もしくは悪化するようなら

転職を視野に入れることをオススメします。

お局に悩まされるために生きているのではありません。

早めの転職で自分の心を守り、お局のいない職場で働いてくださいね。