職場で心が折れたときは退職をする方が良い? 職場で心が折れた瞬間や心が折れて働けなくなったときの対処法をご紹介します。




職場で心が折れた状態になったことがある人も少なくないのではないでしょうか。

心が折れると、急激に意欲ややる気がなくなって

働き続けることが難しくなることさえあります。

程度がひどくなければ時間とともに解決し、

またやる気が出て来ることもありますが

ひどい場合は心身の健康を害する可能性もあります。

この記事では、職場で心が折れてしまう原因や

心が折れたときの対処法について紹介しています。

職場で心が折れてしまい

これからどうすべきか悩んでいる方は是非参考にしてくださいね。





職場で心が折れてしまう原因・理由


職場で心が折れてしまう原因や理由として、

一つ目にストレスや疲労がたまりすぎることを挙げることができます。

個人差がありますが人にはストレスや疲労に耐える限界があります。

それを超えてしまうと心身を守るために

これ以上頑張ることができないように

心が折れた状態になってしまいます。

二つ目の原因や理由は目標や理想が高すぎることです。

目標が高すぎると、努力や我慢を重ねてもたどり着けない気がするため

努力する気がなくなってしまい、心が折れてしまいます。

三つ目は、一人で悩みや辛さを抱え込んでしまうことです。

職場や仕事の事で一人で悩んでいてもなかなかいい

解決策も思い浮かばず逆に悲観的な見方になってしまいがちです。

そのため、仕事や職場に失望してしまい心が折れてしまうのです。





仕事で心が折れた瞬間はこんな時


仕事で心が折れるときは具体的にどんな状況でしょうか。

まず、一つ目の例として長時間の残業が続いていたり、

休日出勤が続いていたりする状況で

さらに終わりが見えない時を挙げることができます。

残業や休日出勤が多いと疲労が取れずストレスは溜まっていきます。

さらに、辛い状況に終わりが見えないと未来に希望を見いだせず

失望して心が折れてしまうのです。

二つ目の例は、営業成績がふるわず

目標に到達することが難しくなった時です。

これから努力しても、目標を達成することが難しい時は

その努力は無駄な気がしてやる気がなくなってしまいます。

三つ目の例は、職場の人間関係がうまくいかず

無視されたり、嫌がらせをされていたりする時です。

ストレスは当然溜まりますし

一人で悩んでいるときはさらにネガティブな思考となり

これ以上我慢できないと思い、心が折れてしまいます。





職場で心が折れて働けなくなった症状はどういう状態?


職場で心が折れて働けないという症状は

具体的にどのような状態なのでしょうか。

まず一つ目の症状は、今の状態から

抜け出したいという気持ちが長時間継続することです。

具体的には仕事を辞めたいという思いや

死にたいという気持ちが頭を離れなくなったりします。

二つ目の症状として、ため息や涙が止まらなくなることがあります。

感情が表に出ることを自分の意思で止めることができない状態です。

三つ目は、集中力が低下することです。

今までのように仕事に集中できず

ミスをしてしまうこともよくある症状といえます。

仕事がうまくいかなくなり

さらにストレスや疲労がたまるという悪循環に陥ります。

四つ目の症状は、表情が暗くなることです。

辛い思いで頭と心がいっぱいになり笑顔を作ることも難しくなってしまいます。





職場で心が折れたときの対処法


職場で心が折れたときの対処法として

一つ目に休息をとることを挙げることができます。

心と体を休めることで、疲労状態から回復し

ストレスを解消することができます。

休むことは後ろめたいかもしれませんが

自分の心身を守るために休むべき時は休むことが大切です。

二つ目の対処法は誰かに相談することです。

他人に相談するときは自然と自分の状況を頭の中で整理することになるため、

解決策が見つかったり新しいものの見方が

できるようになったりする効果が期待できます。

何より自分の気持ちを誰かに聞いてもらうだけでもすっきりするものです。

三つ目の対処法は、達成できる小さな目標を立てることです。

大きな目標を達成しようとすると終わりが見えずやる気が出にくいですが

小さな目標であれば到達点が見えてやる気が出やすいものです。

小さな目標でも達成すれば自分の自信とやる気を回復させることができます。





職場で心が折れたときは退職・転職をした方が良い


職場で心が折れ、これ以上耐えられないと思ったときは、

退職や転職を検討することをお勧めします。

心が折れるほどの負担の強い仕事は継続することが難しいからです。

無理して働き続けるとさらに心身に負担がかかり

うつ病などの病気を発症する恐れもあります。

人生を充実させるための仕事で人生を台無しにしては元も子もありません。

また、心が折れたまま働いても楽しくありませんし成長も難しくなります。

退職して新しい生活を始めたり、転職して自分に合った職場で

勤務したりする方が毎日楽しく充実した生活を送ることができます。

もちろん、退職や転職をすればすべてが解決し

確実に状況が良くなるわけではありません。

しかし今後の人生を考え、転職する方が良いと思ったときは

そのようにすることをお勧めします。

思い切って転職する方が後悔もなく前向きな人生を歩むことができるでしょう。





まとめ

 

職場で心が折れてしまう原因は、過労やストレス

理想が高すぎることなど様々です。

仕事を辞めたいという気持ちが抑えられなくなったり、

涙が止まらなくなったりしたときは

心が折れてしまっているかもしれないので注意が必要です。

対処法としては、休息をとることや他人に相談することなどがありますが

解決できないときやこれ以上我慢ができない時は退職や転職をお勧めします。

前向きに仕事に取り組むことができるよう今回紹介した対処法を試してみてくださいね。