職場で休憩時間がないから退職したい!お昼にご飯を食べられない・休憩なしで退職するのは会社都合で違法?職場で休憩時間がなく休めない時の対処法まとめ!




職場で休憩がないってとてもつらいですよね。

・こんなことくらいで仕事を辞めたいなんて、自分は甘えている

・周りもそんな状態なのに、 自分だけつらいなんて言えない

そう思っていませんか?

実は休憩時間というのは、たいせつな労働者の権利なのです。

この記事では休憩時間がないから退職したいと思っているあなたに

これからの対処方法や、お昼休みをとれないことの違法性を

中心にお話していきたいと思います。

あなたはもっと自分の権利を大切にしていいのですよ。





仕事で休憩が取れずにお昼ご飯を食べれなくて辛い‥


はっきりいって、朝から晩まで仕事をしているのに

お昼を食べられないなんて、とてもつらいともいます。

・おなかがすいて困る

・疲れて、仕事の効率が上がらない

これでは仕事に集中することができません。

もしかしたら、朝ご飯を食べていないかもしれませんし、

かなり空腹で仕事が終わるまで我慢している状態なのではないですか?

お昼の時間は取れないけれど、ちょこちょこお菓子を口には入れられるから大丈夫?

一番大切なのは体や心。これでは心身ともに壊してしまいます。

この状態を長く続けることができますか?

そもそもお昼休みも取れないということは

休憩時間がほとんどとれないのではないのでしょうか。

休憩時間は食事をするためだけでなく仕事からリフレッシュするために必要です。

私はあなたの心と体が心配です。





昼休みにいつもご飯が食べれないから辞めたいと思うのは甘え?


・周りは我慢しているので、自分だけ辞めたいのは恥ずかしい

・お昼が食べられないからやめるなんて理由は、食欲旺盛みたいでいやだ

・仕事が終わらないから自分はお昼に仕事をしている、自分が悪いからだ

・お昼に仕事をするのが、仕事ができる人の条件になっている


あなたの職場ではお昼を食べられないことを

我慢するのが当たり前になっていませんか?

またあなたの周りの人がそんなことでやめるの?

とあなたに言っているのかもしれません。

しかし職場でお昼ご飯を食べられないというのは普通の状態ではありません。

実は私の知人も職場でお昼をとれないから、退職しています。

我慢するのが当たり前ではないのです。

仕事を辞めたいと思っても、決してあなたの甘えではありません。





休憩時間がない理由で退職するのは会社都合にできる?


退職するにあたって自己都合なのか?会社都合なのか?

ということは支給開始時期や支給額が違ってくるので、大きな問題ですよね。

もしあなたが退職理由が休憩時間がないことを伝えずに退職した場合は

自己都合による退職になる可能性が高いです。

あなたが休憩時間がない状態であることとがわかる資料を提示できれば

自己都合による退職という判断になってもくつがえせる可能性ががあります。

退職する前に、

・人事担当部署など職場の関係者に、休憩時間がない状態が続いていることを相談する

・休憩時間がないことを理由に退職することを伝える

・労働基準監督署など関係官公庁に相談する

といったことが必要です。つまりあなたの行動にかかっているかと思います。

もしどうしても会社都合で退職したい場合で

職場に相談してもらちが明かないときは

労働貴人監督署やハローワークなどにご相談することをおすすめします。

ただし、休憩時間がないこと証明する書類が必要です。





休憩時間を全然取らせてくれない会社はブラック会社で違法?


実は会社が休憩をとらせないことは違法です。

8時間以上の労働をさせるときは1時間の休憩をとることを法律で義務付けられています。

また休憩時間は労働から離れられることなので

お昼にお客様対応や電話対応を義務付けられている状況も違法です。

「労働基準法第34条で、労働時間が6時間を超え

 8時間以下の場合は少なくとも45分8時間を超える場合は、

 少なくとも1時間の休憩を与えなければならないと定めています。

 休憩時間は労働者が権利として労働から離れることが保障されていなければなりません。 」

 
厚生労働省ホームページ・労働時間・休憩・休日関係について


違法なので、労働基準監督署に訴えることができます。





仕事で休憩がいつも取れない会社は見切りをつけた方が良い


常に休憩が取れないような会社で、そのまま働くことを続けることはおすすめしません。

お昼をとるということは、当たり前です。

それなのに罪悪感を持ったり、お昼をとれないのが当たり前と思うのは不自然です。

これから長い間、続けられることとは思えません。

まず体調が悪化します。余裕がない生活では心のバランスも崩します。

一旦、体や心が不調になってしまうと、回復するには時間が必要になります。

もしかしたら、すでにあなたは心身ともに不調の状態であるかもしれません。

次の職を探すのは大変だから我慢しようと思っているかもしれませんが

心と体をこれ以上傷つけるよりは見切りをつけるほうが良いと思います。

今すぐ退職とはいいません。

まず次に移ろうという行動が必要です。

例えば

・人事の人に相談する

・労働基準監督署に相談する、

・職を探し始める、退職の計画を立てるなど、

あなたに負担にならない程度でいいので行動してください。

あなたにとって一番大切なのはあなた自身であり仕事ではありません。





まとめ


お昼をとれない職場というのは、あなたが悪いのではなく職場の問題です。

あなたが退職したいと思うのは甘えではありません。

将来的に改善が見込めないのであれば、見切りをつけることをおすすめします。

長期的に続けば続くほどあなたの心身に影響をおよぼすからです。

すぐには退職などの決心がつかなくても、次に進むよう準備をしていきましょう。