職場でキレたら負け!職場でキレる人の特徴や職場でキレた後後悔する理由、職場で怒りが爆発して感情的にならない方法をご紹介します。




職場でキレたら、職場の雰囲気が凍ります。

もちろん誰だってキレたくてキレているわけではありません。

キレる人には特徴がありますがたまに「なぜこの人が…」

と思われている人がキレることもあります。

キレているときはいいかもしれませんが

後で冷静になると間違いなく後悔します。

自分も周囲もつらくしてしまうから「職場でキレたら負け」なのです。

ではキレそうになったらどのようにしたらいいのでしょうか。

今回は

「職場で感情が爆発してキレない方法とキレてしまった後の対処法」

についてご紹介しますね。





職場で感情的になってキレたら負けです!


今までの人生の中で「キレた人」を見かけたことはありますよね。

そんなときあなたはどんな感想を持ったでしょうか。

「この人、よっぽど理不尽なことがあったんだな」

ではなく「キレるなよ、みっともない」と思いませんでしたか?


職場でも同じことです。特に職場は公共の場なので

感情的になってしまったら確実に周囲が引きます。

その場の雰囲気が悪くなり、事態の収拾が難しくなります。

何より面倒なのがキレた翌日以降です。

あいさつをしてもみんな小さな声で返し、

ちょっとした雑談をしたくても誰も自分に近寄ってきません。

そんな毎日が延々と続くのです。

理不尽な仕打ちを受けてキレた自分の立場が悪くなっていて

キレさせた相手はいつも通り仕事をしています。

これが「キレたら負け」と言われる理由です。

キレると一瞬スッキリしますが

その後のことを考えると面倒なのでおすすめしません。





職場でキレる人の特徴


職場でキレる人の特徴を3つ挙げてみましょう。

・自分だけのルールを持っている人

頭にも心にも柔軟性がなく、自分のやり方や

考え方こそが一番正しいと信じているのが特徴です。

そのため「自分ルール」から外れた人を見ると

「お前のやり方はおかしい!」と急にキレることがあります。

・余裕がない人

仕事が詰まってくると、途端にキレることが増えるのが特徴です。

精神的に余裕がないのです。

このタイプは「自分だけが大変」と感じていて

周りも同じように大変だと思うことはありません。

・我慢強い人

とても我慢強い人が、あるときどうしても

耐えられずにキレることがあります。

ずっと心の中で葛藤していたのでしょうね。

また我慢強い人は真面目であることが多いです。

あまりにも真面目に人の言葉を受け取り過ぎる傾向があると

爆発してキレる可能性があります。





職場でキレたら負け・キレた後、後悔する理由


多くの人がキレたら後悔します。

「もっと違う言い方をすればよかった」と思うのです。

キレてしまうと、どんなに自分に正当性があっても

相手を傷つけることになります。

「今まで散々傷つけられてきたから

自分だって言っていい」と考える人もいるでしょう。

しかし実際にキレてもスッキリするどころか

終わらない後悔に苦しむことになります。

なぜならあなたが優しいからです。

相手を傷つけたことを「悪かったな」と

思う心を持っているから苦しいのです。

キレた後冷静になったとき、あなたは本来の自分を取り戻します。

でも言ってしまった言葉や態度は取り消せません。

せめてキレてしまった相手とだけ関係が悪化するなら諦めもつきますが

困ったことに周囲の人すべてと関係が悪化します。

「この職場をやめてもかまわない」という覚悟があっても

キレた自分を責めるでしょう。

あなた自身を一番傷つけてしまうのが「キレる」という行為なのです。





職場で怒りが爆発して感情的にならない方法


「もう限界…キレそう!」と思ったとき、以下のようにしてみてください。

まず「人目がある」ことを思い出してほしいのです。

頭に血が上っているときは、自分のことしか見えていません。

ここで周りの空気を感じてみましょう。

みんな、不穏な空気を感じながら

何事も起こらないことを祈るような空気になっていませんか。

「ここでキレたら周りに余計な迷惑をかけるかも」

と、我に返れば爆発することはありません。

その場は何も言わずに引き下がることをおすすめします。

沈黙を貫くことが何より大事です。

冷静になってから、キレさせた相手への疑問を冷静に聞いてみましょう。

話をしたくないなら、文書やメールでもいいです。

それに対してさらにキレたくなるような答えが返ってくるなら

その人と話は通じないと諦めてください。

キレても相手は変わりません。

変わってほしくない周囲の人の態度が変わるだけです。





もし職場でキレる・怒ってしまった時の対処法


もうすでに「キレてしまった…」というときは

その後はどうすればいいでしょうか。

まずは謝ることです。

「自分は悪くないのにどうして謝るの」と思うかもしれませんが

謝らなければならない理由は2つあります。

・職場の雰囲気を悪くしたこと

・感情のコントロールができなかったこと

キレてしまったときは大人になって謝るほうが

周囲との関係回復が早まります。

そして謝った後はいつも通りに過ごしてください。

周囲はあなたがキレたことを忘れてくれませんが

とりあえず表面上は問題なく仕事ができます。

時間が解決してくれるのを待ちましょう。

ここでひとつ思い出してほしいことがあります。

キレる前の心の状態についてです。

もしかしたら帰宅してからも会社での理不尽なことを思い出して

ずっとモヤモヤしていなかったでしょうか。

普段から気持ちの切り替えを上手にできると、キレる心配もなくなります。





まとめ


職場でキレたら負け、は本当です。

相手を傷つけ周囲の雰囲気を悪くしそして何よりあなたが苦しむからです。

ほとんどの人はキレてしまったことを後悔します。

キレないためには、キレてしまった後のことを考えるのが効果的です。

爆発しそうでも沈黙を貫きましょう。

もしキレてしまったら、早く謝って

周囲との関係回復を図ることが大切です。

「自分は悪くない」という態度をとり続けると

あなたの評価が下がるのでおすすめしません。

今後働きにくくならないよう、感情のコントロールはしていきたいですね。