穏やかな人が多い業界はどんな業界?おっとりとした穏やかな人が多い職種に性格が悪い人・変な人が集まる職種、穏やかな人が多い業界で働くメリットとデメリットなどをご紹介します。




あなたは、どんな職場で働きたいですか?

職場の人間関係は働くうえで重要であまり感情をむき出しの人が多い職場とか

喧嘩ばかりしている職場、無理を要求される職場は、だって嫌ですよね。

できれば、おっとりとした穏やかな人が多い職場にいたい

でもそんな職場ってあるのでしょうか?

そんなあなたに穏やかな人が多い業界について説明します。





穏やかで平和主義な人が多い職場


穏やかな人が多い職場はあるのでしょうか?

労働基準法を破っているようなブラックな職場

時間に追われている職場、また職場の中での競争が激しい職場、

ノルマが厳しい職場では、誰でも穏やかにはなかなか過ごせません。

第一条件としては、まず職場環境がいいところです。

職場の中で競い合いが少ない、協力し合わないと仕事にならないところもよいでしょう。
 
きちんとしたマニュアルある、メンターがいるなど教育体制が整っていたり

研修制度がある企業もおすすめです。

穏やかな職場はこんなところです。

・ノルマや数字を過度に追う職場ではない

・職場の中できちんとコミュニケーションが取れる風通しの良い職場

・人格攻撃などがない、お互い踏み込みすぎず、尊重しあえる職場


反対にストレスをためるワースト業界は

ノルマを抱えていることで有名な業界になっています。





性格の悪い人が集まる職種・変な人が多い業界


性格が悪い人、変な人は、周りの人の都合を考えない相手のことを全く考えない人のこと。

性格が悪いの代名詞、いわゆるサイコパスといわれる反社会的人格を持つ

対人コミュニケーションに支障が生じるタイプについて、

どんな職種を選ぶのかという研究結果があります。

それによると、サイコパスはリーダー的ポジションにいるということで

1位はCEO、2位弁護士、3位はテレビやラジオのキャスターということです。


人が離職・転職をするとき、原因として職場の中の人間関係があげられると思います。

もちろん、他にも転職理由は、長時間労働等の勤務時間の問題や

給料などの勤務条件業界の将来性等も含むでしょう。





人に尽くすのが好き、人を幸せにしたい優しい人におすすめの仕事は?


人に尽くすのが好き、人を幸せにしたいと考えるのは

人とコミュニケーションをとるのが好きな方です。

職場の仕事で、拒否や拒絶をしないといけないような業務を含んでいると

嫌になってしまうでしょう。例えば銀行マン、一般営業職等です。

例えばこんな仕事はいかがでしょうか。

・人をサポートする仕事・人を助ける仕事・・・ 介護職・保育士・福祉関係

・人のために指導したり、時には叱ることもできる・・・教師、講師

・人とコミュニケーションをとることが好きで、人の話を聞くのが好き・・・
 
 ルート営業・カウンセラー・セラピスト・個人店経営の店員

・他の人が気が付かないような細やかな配慮が得意・・・ 

 秘書・アシスタント・総務・接 客・コールセンター業務

このような職種が人に感謝され沢山の人と触れ合える仕事です^^





穏やかな人が多い業界で働くメリットとデメリット


穏やかな人が多い業界のデメリットもあります。

常に成長したいと向上心旺盛な人にとっては焦りを感じたり、

物足りないと思う人もいることです。

競い合わないので、刺激が足りない、緊張感がないという気分になる人もいるでしょう。

また、欠点など相手の痛いところをはっきり指摘しないので、

もやもやするということもあるかもしれません。

相手に踏み込み過ぎないので、自分も相手に踏み込めない、

話しかけづらいなどもあります。

特に内気な人にとっては、自分から話しかけづらいので、困ることがありますよね。

メリットは人間関係良好なので仕事がしやすい、

自分の意見を言いやすい、ストレスをあまり受けないということです。

離職の理由になるくらい職場の人間関係は重要ですよね。

自分から積極的に人間関係を構築できる人や、自分から話しづらい人でも

意見を反映させられる制度がある職場である場合は大きなメリットです。





心穏やかに過ごせない職場で毎日苦しいなら転職も視野に入れよう。


・穏やかな人間関係のところで働きたいのに、性格が悪い人が多い職場で働いている

・人に尽くす仕事をしたいのに、全く違うことをやらされている

こんな環境だと辛いですよね。もし状況が変わらないことがわかっているのであれば転職も考えましょう。

先ほどご説明したとおり、労働環境が悪いところでは、人は穏やかになれませんし、

穏やかな人がいる職場、優しい人に向いている職種はあります。確かに転職するのは大変です。

次の職場はどんなところになるかわからないというリスクもあります。

しかしあなたは苦しいまま今の職場に居続けられますか?

次はしっかり自己分析をしてどんな職があっているのか考えてから就職したり

企業研究をしっかりしてから転職活動をすればいいのです。

まとめ


そもそも職場の労働環境の悪いところでは、人は穏やかに対処できません。

自分がコミュニケーションをとりやすそうな職場、

社内の風通しの良い職場や、社員の教育体制が整っている企業を探しましょう。

人を幸せにしたい、人を助けたいと思っている人は、自己分析をして、

どんな仕事があるのか、自分に合っている仕事はあるのか調べてみてください。

あなたが求めている職場はきっと見つかるはずです。