社会人3年目のジンクスに悩まされてるときの対処法!社会人3年目で疲れた、やる気がない原因や3年目のジンクスで悩んでいる時の対処法まとめ




社会人3年目のジンクスは多くの人に訪れる困った時期です。

もし今、仕事にやる気が出なくて悩んでいるのなら

3年目のジンクスの真っ最中かもしれません。

悩むということは、あなたがきちんと社会人として働いてきた証拠です。

では3年目のジンクスとどのように付き合えばいいでしょう。

なんとか乗り越えて今の会社で頑張りますか?

それとも別の道を探しますか?

3年目のジンクスは人生の分かれ道です。

今回は「社会人3年目のジンクスの理由と対処法」についてご紹介しますね。



社会人3年
目のジンクスってなに?


一般的に社会人3年目になると次のような状態になりやすいです。

・仕事がマンネリ化して楽しくない

・3年働いたけど成長が感じられない

・今の仕事に向いていない気がする

・会社の将来性に疑問がある

3年勤めたことで見えてきた現実があります。

「これからどうしていくか」と悩むのがちょうど3年目であることが多いので

「3年目のジンクス」と言われます。

このまま悩みや不安を無視するより

いったん立ち止まって3年間を振り返るのは大事です。

社会人3年目のジンクスは静かな反抗期みたいなものです。

この時期はうまくいかないことやつまらないことばかりが目に付いて

何もしたくない気持ちになるかもしれません。

しかし3年目のジンクスを乗り超えると、

仕事や人生の方向性がだいたい決まってくることになります。

社会人3年目のジンクスは成長と飛躍のチャンスなのです。



社会人3年目で仕事が疲れた、やる気が出ない原因


社会人3年目に訪れる「疲れてしまった」や

「やる気が出ない」という症状の原因を3つ見てみましょう。

・慣れ

3年も勤めたら、普段やっている仕事はだいたいそつなくこなせるようになっています。

楽な反面「飽きちゃった」「同じことの繰り返しでつまらない」と感じるのです。

こうなると仕事が面倒に思えてくるので、早く帰ることだけを考えるようになります。

・仕事量が増えた

仕事が増えても給料や待遇が見合っているならいいのですが

「ただ仕事を増やされただけ」ということがあります。

これでは疲れるだけでやる気が起きないのは当たり前です。

・将来への不安

「この会社は大丈夫なのか?」という不安を持ったまま、働くと疲れるものです。

またこのまま働いていると、今の上司があなたの未来の姿になります。

「こんな上司のようになりたくない」と思うとやる気なんて出ません。



3年目のジンクスで悩んでいる時の対処法


それでは3年目のジンクスで悩んでいるときの対処法をご紹介いたします。

・3ヶ月様子をみる

とりあえず淡々と働き続けてください。

すぐに動いて解決しないほうがいいこともあります。

焦って転職して「やっぱり前の会社のほうがよかった」と思っても戻れないからです。

・仕事は生活のためと割り切る

つまらなくても生活が安定していて、給料に不満がないのでしたら

「仕事は生活のため」と割り切るのもいいでしょう。

趣味や交友関係に重点を置くと、3年目のジンクスも気にならなくなります。

・副業を始める

「一度体験してみよう」くらいの気持ちで副業を始めてみませんか。

副業と聞くと大変そうですが

クラウドソーシングサービスには意外とお手軽な仕事もあります。

別の仕事の視点を持つことで、今の仕事への見方が変わることもあります。

3年たっても仕事で成長してない、辞めたいと感じるなら転職も視野に入れよう


もしあなたが以下のケースに当てはまっているなら、転職を視野に入れましょう。

・いまだに初歩的なミスを繰り返す

3年経っても初歩的なミスを繰り返すようでしたら

仕事との相性が悪いことが考えられます。

絶対にあなたに合った仕事はありますので、転職をオススメします。

・社風が合わない

仕事は嫌いじゃないけど、会社の体質が合わない場合も転職をしたほうがいいでしょう。

合わない会社に勤め続けても精神的にツラくなるだけです。

転職はあなたに必要なステップアップですので、ためらうことはありません。

・仕事に興味が持てない

「生活のために仕事をしている」と言っても少しはやりがいを感じないと続けられません。

1日7時間以上「つまらない」と思いながら仕事をするのは単純に苦痛です。

少しでも興味のある分野の仕事を探したほうが健全と言えます。



仕事を3年目で辞めて転職を成功させるためには転職エージェントを利用しよう!


社会人3年目での転職には大きなメリットが3つあります。

・すぐに辞めないと思われる

・社会人としてのマナーが身についている

・キャリアがある

3年間、同じ職場で働いていたというのは好印象を持たれます。

しかしこれからやってみたい仕事が未経験な場合は不安ですよね。

「適職かどうか」は自分ではわからないものです。

適職を知りたいなら転職エージェントに登録して診断を受けてほしいです。

登録しないで診断を受けられるサービスもありますが

本気で転職を成功させたいなら転職エージェントへの登録は必須です。

なぜなら診断を元にあなたに合った会社を紹介してくれるからです。

適職がわかっても、どの会社に応募すればいいのかわからないとムダに悩むことになります。

社会人3年目だと条件のいい会社への転職も十分狙えます。

転職エージェントを利用してサクッと転職を成功させてくださいね。



まとめ


社会人3年目のジンクスには、疲れたりやる気が出なかったりとマイナスのイメージがあります。

実はこれは成長と変化のチャンスです。

3年目のジンクスに対処して今の会社で働き続けるならそれに越したとことはありません。

しかし「会社が合わない」「もっと別の仕事もしてみたい」

と思うのでしたら、転職を視野に入れましょう。

適職がわからない場合は、転職エージェントを利用すると診断やアドバイスが受けられます。

社会人3年目の転職は有利と言われています。

ぜひ転職エージェントに登録して、モチベーションが上がるお仕事を手に入れてくださいね。