成長できない職場は転職をした方が良い!成長できない会社や上司の特徴や成長できない会社を辞めたいと感じた時の対処法をご紹介します。




今の職場に居続けても成長できそうにないと悩んでいる方もいると思います。

成長したいと思い、個人的に努力しても

職場や上司が自分の成長に合っていなければ成果を出すのは難しいものです。

思ったように成長できないままだと自己嫌悪に陥り

自分に自信がなくなる恐れさえあります。

この記事では、成長できない会社や上司の特徴

おすすめの辞め方と転職方法などについて紹介しています。

もっと成長できる職場に行きたいという方は是非参考にしてくださいね。



成長できない職場は転職した方が良い


あなたが仕事で成長したいと思うのであれば

成長できない職場を辞めて転職することをお勧めします。

成長するには個人の努力が重要ですがそれだけではありません。

職場や上司の方針や雰囲気によって

成長しやすい職場かどうか変わってきます。

個人で勉強して知識をつけることはできますが

やはり実践する場がなければ実用的な能力にすることは難しいです。

また、周りや上司の考えと合わないのに

努力を続けることは難しく挫折しやすくなります。

逆に、会社や上司の方針と合えば、成長に向けて応援してもらえますし

必要な経験もさせてもらいやすくなり、成長のスピードも速くなることが期待できます。

このように、仕事で成長できるかどうかは職場によって

大きく異なりますので成長できる職場に転職した方が成果が出やすいです。



成長できない会社や上司の特徴


成長できない会社や上司の特徴として一つ目に

会社や上司が求める人物像と自分の目標が一致しないことを挙げることができます。

会社や上司は広い範囲に知識を持つジェネラリストになることを期待しているのに対し

本人は高度な知識と経験を持つスペシャリストになりたいと思っている場合が良い例です。

この場合専門的な知識や経験を得ることが難しくなり

成長できないと感じるようになります。

二つ目の特徴は、新しいことに挑戦しないことです。

ずっと同じ仕事ばかりしていると仕事がルーチンワークになってしまいます。

成長は今よりも上のレベルの仕事に挑戦することでできることなので

挑戦がなければ成長は難しいです。

三つ目の特徴は、人間関係や雰囲気が悪いことです。

人間関係や雰囲気のために気力をそがれてしまい

成長に力を注ぐことが難しくなります。

適度にリラックスできる職場の方が

能力も発揮しやすく成長しやすい職場といえます。



職場で成長できない自分が嫌いだと思ってしまう原因


職場で成長できない自分について嫌いだと思ってしまう

原因の一つ目は現実と理想が大きく異なることです。

成長し、仕事で活躍している自分が理想なのに現実は異なり

改善される見通しがなければ自分が嫌になるのも当然だといえます。

二つ目の原因は、他人と比べてしまうことです。

同世代や似たような経歴の人と比べて

仕事の能力が低いと感じると自分が劣ったダメな存在だと思ってしまいます。

三つ目の原因は職場で成長できないと

努力や成果を周りに認めてもらいにくいことです。

人間は他人に自分の価値を認めてもらいたいという

「承認欲求」を持っています。

しかし、成長できないとなかなか周りに評価してもらいないため

承認欲求を満たすことができません。

その原因は自分が成長できないことにあるため

自分のことが嫌いになってしまいます。



成長できないから会社を辞めたいというのは転職理由になる!


今の会社では成長できないから退職したいということは立派な転職理由になります。

会社や上司が成長できない要因である場合は転職して

新しい会社や上司の下で働く方が成長できる可能性が高いためです。

会社の方針や求める人物像が自分の目標と合う職場に転職することで

必要な知識を得ることや経験を積むことができるようになることが期待できます。

また、自分の成長のために転職するということは前向きな転職理由なので

転職活動でも応募先企業から好意的にとらえられる可能性が高いです。

転職活動をしても、成長できる職場に必ず行くことができるわけではありませんが

今の職場に居続けても成長できる職場に変化することはあまり期待できません。

まずは転職活動に挑戦してみることが、成長への有効な一歩といえます。



成長できない職場から転職するには転職エージェントを利用しよう


成長できない職場から転職したいという人は

転職エージェントを利用することをお勧めします。

転職エージェントを利用するメリットとして一つ目に

転職活動を手伝ってもらえるので仕事と転職活動を

両立しやすくなることを挙げることができます。

転職エージェントは希望の条件に合った求人情報を探したり

転職希望者本人の代わりに応募先企業に連絡したりしてくれる存在です。

転職活動にかかる時間や労力を節約することができます。

二つ目のメリットは、求人情報ではわかりにくい社風や

社内の雰囲気などの情報を得やすいことです。

成長しやすい職場かどうかは求人情報ではわかりにくいものです。

しかし、転職エージェントは企業の内部や雰囲気なども知っている場合も少なくなく

成長できる職場に転職できる可能性が高くなります。



まとめ

 

成長できない職場にいると個人的に努力をしても

成果が出にくいため転職することをお勧めします。

成長できない職場は会社の方針や雰囲気などによることが多く

簡単に変わることは期待できないからです。

成長できない職場に居続けると仕事の能力を伸ばすことができないだけでなく

自己嫌悪に陥り、自信を無くす恐れもあります。

転職エージェントなどをうまく利用し、成長できない職場から

転職して成長できる職場で能力を発揮できるようになりましょう。